青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
世の中に たえて桜の なかりせば 春の心は のどけからまし[在原業平]

00001372.jpg


私は特に桜が好きというわけでもないのですが、やっぱり桜が咲いていると、心が寒さの緊張から解きほぐされ、浮き立つような気がしてきます。

60年前の今日、1952(昭和27)年4月6日付滋賀新聞↓

S27.4.6S 火花散らす花見バス合戦b

戦後7年、まだまだ貧しい時代です。
京阪バスでは三条-石山寺間の直通バスを運転すると書いていますが、京阪電車と並走するのに、それでも運転する必要があるほど利用者がいたんですね。『京阪バス50年史』の年表では、既にこの年の2月15日から定期路線として三条-石山寺間の路線が開通したということになっており、矛盾していますが、引き続き調査を進めます。

また、醍醐の花見のサービスとして、三六線を京都駅まで延長するという計らいまで。この当時は、東山バイパスなんてもちろんありませんし、三六線の延長なので、わざわざ京都駅から三条まで一旦北上してから、南下していたのだろうと思われます。

奇しくも60年目の今年3月20日から、京都駅-醍醐寺間を新十条・阪神高速京都線経由で山科急行が運行しておりますが、偶然ではないような気がしてなりません。

3月17日付拙稿近江鉄道バス 石山駅-浜大津延長60周年で触れた、近江鉄道バスの浜大津延伸についても触れられており、実に興味深い記事です。

桜がなければ、こんなバスは走らなかったでしょうし、桜の力はすごいです。

                 §              §

同じ新聞には、彦根で約半分の幼稚園児が蟯虫(ぎょうちゅう)を持っており、これを退治するために塗布した「水銀軟膏」がよく効くとの研究結果の記事。水銀(Hg)は、金属であるにもかかわらず、常温常圧の状態で、液体である変わった物質であることはよく知られていますが、毒もいいところで、体に塗るなんて、今では恐ろしくてとても考えられません。まだまだこんなことが普通だった時代なんですね。

日本がGHQの占領から主権を回復して、正式に独立するのはこの約20日後、4月28日にサンフランシスコ平和条約が発効してからのことです。

ssIMG_1131.jpg

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
今晩は!
常に広く勉強されていますこと!恐れ入ります。
いつも、楽しく拝見しています

ようやく関西の桜の木々にも、淡いピンクのつぼみが膨らんで見えます~

間もなく満開に咲く桜に心浮き立つ思いです」
春ーよ来い&早-く来いの心境です。
 
2012/04/07(土) 00:26:51 | エーストバレー | #-[ 編集]
Re: タイトルなし
エーストバレー樣、こちらこそ過分なお褒めのことばで恐縮です。

> ようやく関西の桜の木々にも、淡いピンクのつぼみが膨らんで見えます~

今年は寒くて、桜が例年より遅いようですね。
それでも、3月末くらいになると、単なる枯れ枝にしか見えなかった桜並木が、ほんのりピンクがかって見えるような気がして、近づくと実際、ほんの僅かに蕾が膨らんでいて、微妙な変化に驚かされたものです。
2012/04/07(土) 13:04:10 | 喜撰猿丸 | #HdXTMQ3I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/200-f5197272
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック