青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
40年前の今日、1972(昭和47)年4月1日、京阪自動車株式会社の社名が、京阪バス株式会社に改称されました。

しかし、本ブログをお読みの方ならお気づきの通り、そのずっと前から、「京阪バス」という通称が使われおりました。逆に、そういう通称がよく通っていたから、そちらを社名にしてしまったのでしょう。

日本人は、排他的なところがある一方で、新しいものが嫌いということはないので、人間はともかく、「モノ」は割とすっと受け入れるところがあり、発音も2音節でしやすいので、たくさんの人間が乗り合う自動車は「バス」と呼ぶのだとすっと入ってしまったのだろうと思います。

この件については残念ながら、これと言ってUPできる写真や資料がありませんので、次の話題に…(何という書き方…(汗 )

4月1日というのはいろいろなことが動く日ですが、JRが発足したのも25年前、1987(昭和62)年の今日でした。

発足直後のJRの車両写真をまんたろう様がたくさん提供して下さったので、その中から何枚かご紹介したいと思います。撮影日は写真のファイル名に含めております。

↓有名どころですが、湖西線の撮影名所。もうこの風景も見られませんね。今なら、同じ場所に行ったら225系が撮りたいかな…。

H1.6.4和邇‐蓬莱4

↓まんたろうさん、東京まで足を運んでいらっしゃいました。池袋止まりの山手線、205系。
H2.5.15東京2

↓113系も今よりずっと普通に見られました。心なしかまだきれいな感じがします。

H1.10.28膳所‐石山

H1.8.12大阪3

↓割と最近まで見られた、いわゆる「食パン」電車。特急型を改造して、運転台がない車両に運転台を取り付けたんですね。

H1.10.8米原2

↓ありましたね。各駅停車 神戸行き。石山では朝9:20前後だったと思います。

H1.11.12山科

↓何がどうセイシェルなのかよく分からない…。セイシェルはもちろん、インド洋に浮かぶ島国です。よそから見ると、外国人が日本人にはよく理解できないようなものに、日本の地名を付けて売っていたりするのと同じような感覚に見えるかもしれないですね。

H2.1.6京都 セイシェル

↓まだこういう「急行型」と呼ばれる電車が普通に臨時列車に使われていたんですね。「甲賀路ホリデー」なんて知りませんでした。

H2.4.30甲賀路ホリデー 大津

↓私が特にすごいと思った2枚。甲種回送、というのでしょうか。輸送中なのです。

京葉線用かと思われる205系

H2.1.21東京へ輸送中 石山2

↓スーパービュー踊り子

H2.4.6 草津 スーパービュー踊り子輸送

今みたいにネットなんて影も形もなく、情報がずっと少ない時代、よくこんなタイミングで撮影できたものですね。

末筆になりましたが、まんたろう様、貴重なものをありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/194-c0a023e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック