青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
今からちょうど12年前、2002(平成14)年11月20日付の「News Week」

「(アメリカ人で)家の近所のバス停の場所を知っているひとは65%だが、最寄りの酒店の場所を知っている人は76%」

というアンケート結果が載っていました。

この65%という数字は一体どうなんでしょう?他国と比較したデータがないので、多いのか少ないのかよく分かりませんが、逆に言えば残り35%はバス停のありかを知らないということです。

で、酒店の方がよく知られている(笑)。

日本で同じようなアンケートを取ったら、どんな回答になるのでしょう。いくら普段バスに乗らないひとでも、場所が分からないなんてそんなことがあるかな?

IMG_4080.jpg

アメリカなんて車社会の代表中の代表みたいなものだから、やっぱりバスなんてあまり乗らないのかな?というかだだっ広すぎて路線バスがあまりないんだろうなとかいろいろ考えながら、ふと、前にsite:us site:ukなどを検索キーワードの後ろにつければ、国や地域を限定できることを思い出し、やってみました。
人口だけで一概に比較できるものではないということは分かりますし、論文ならもっと厳密な調査が必要なのですが、人口以外に私でも簡単に把握して計算できるような数的指標がありませんので、ヒットする件数を人口当たり件数に換算しました。

"バス" site:jp = 57,500,000 (人口当たり 0.45件)
"bus" site:uk = 284,000,000 (人口当たり 4.49件)
 "bus" site:us = 85,300,000  (人口当たり 0.26件)
オーストラリア  "bus" site:au = 57,500,000 (人口当たり 2.70件)

※人口当たり件数は、Wikipediaに記載の人口データを用いて、件数÷人口で算出しました。

ごくごく簡便なものではあるとはいえ、各国民のバスへの依存度や関心はある程度反映しているだろうと思われます。

やっぱりアメリカが低い、というかイギリスが非常に高いのでしょう。

そういえば、アメリカ英語のリスニング教材CDを何枚か聴いても、バスの話なんて全く出てこなかったのに、イギリス英語のリスニングCDは、初めて聴いた1本目から早速、「タクシー運転手がバス運転手に転職しようとする話」だの「バス運転手の夫婦が子どものクリスマスプレゼントをあれこれ迷った話」だの、そういう話が普通に出てくるんですよ。職業としての認知度も高いのでしょう。

上記と同じ条件で画像検索してもとても面白くて、イギリスはロンドンの2階建てバスを中心に、路線バスの写真が圧倒的に多いのに対し、アメリカは圧倒的にスクールバスが多くて、
「バスは車が運転できない子どもが通学のために乗るもの」
と思われているのだろうか、と考えられます。

オーストラリアなんてだだっ広いからみんな車じゃないのか?と思うのですが、やはりイギリスからの伝統を引き継いでいるのか、結構それなりにヒットします。

首都・キャンベラのバス路線網もなかなか大したものです↓

ACTION Buses

人口は大津市と同じくらいですが、鉄道がないこともあり、平日は100系統近い路線が運行されています。

それにしても、日本の「バス」のヒット数が思っていたほどではないということも驚きです。
最初の話に戻りますが、この調子だと日本でも、家の近所のバス停の場所を知っているひとは、全国的に統計を取ったら65%程度、いや、その前に「バス停が近くにないのですが」なんていうひとが出てくるかもしれません。
大津市内でも、穴太、滋賀里辺りはもう既にそういう状況です。

00000550.jpg

…あ、日本の場合、風呂のバス(bath)、声楽など音楽の「バス」(bass 但し英語の発音はbéis ベイス)も、魚の「バス」(bass)も含まれてしまうから、交通機関としての「バス」だけだとするともっとヒット数が少ないということになりますね。

決して右肩上がりの産業ではないのに、人手不足で運転手さんは無理なシフトでしんどい思いをされているようですし、一体何をどうするとよい方向に向かうのでしょうか?
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/187-4928cb9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック