青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
ますます暑いです。なかなか本題の「京阪バス」の話ができず、すみません。資料や画像の整理や「取材」が追いつきません。少しずつ何とかして行きます。

京阪石山坂本線では、昨年も好評だった、「ビールde電車」が走っております。

IMG_0089.jpg

↓浜大津駅に貼られていたポスター

IMG_6305.jpg

これを小さくしたパンフレットは、京阪電車各駅のみならず、JRの主要駅にも置かれており、昨年に引き続き、人気ぶりが窺えます。

このキャラクター、かわいいですね♪少し右に傾いているのが、より一層ビールを「運んでいる」という「動き」をリアルに感じさせ、左横のジョッキと傾きが逆なので、動きがありながら、安定感があるような感じがします。

大津線公式HPによると、名前がまだないそうで、募集されていました http://www.keihan-o2.com/topics/2011beer.html

このページによると、「ビールde電車」の冬バージョンともいえる「おでんde電車」のオリジナルキャラクターは「おでんでん」と名付けられたそうです。

どうせなら、運行期間前に名前が決まった方がいいのでしょうけど、運行期間に入って、人目に触れるようになってからという形も、それなりに意味がありますし、何より、また来年も走るのだ、という明るい見通しが、いいのでしょうね。

IMG_0090.jpg

ところで、3月8日付朝日新聞社会面に「おでんde電車 超満員」という見出しの記事。「おでんde電車」が大人気のうちに今シーズンの幕を閉じようとしているという記事で、滋賀版でなく、大阪本社共通の記事というところで、注目度の高さが窺えます。

「ビールde電車」も、今に似たような記事が出るのかな、と思うのですが、こういう記事では大抵、石山坂本線のことを、

地元では「いっさか線」の愛称で親しまれている石山坂本線

と紹介されます。

私は、こういうのを見ると、誰が「いっさか線」なんて呼ぶんや???といつも疑問。
物心ついてからずっと、石山寺より南の新興住宅地に住んでおり、狭い意味での「沿線」ではなく、京阪電車もめったに利用しないので、生粋の大津や膳所のひととは、かなり感覚や意識が違うのかな?と思うことはあるのですが、一応、旧市街の出身のひと、今も住んでいるひと、南郷に住んでいるけど、京阪電車で通学していたひとなど、何人かに聞いてみたところ、
「ぼくは言わへんなあ」「聞いたことない」「浜大津や膳所辺りの年配のひとだけちゃう?」
などの回答。世代が偏っているせいもあるかもしれませんが、誰も「いっさか線」とは言っていないようでした。

では逆に何と呼ぶかを聞いてみると、「京阪」「京阪電車」…これは私も同じでした。実際、私も先ほど「京阪電車もめったに利用しない」と書きましたが、これは、もちろん、石山坂本線を指しています。

この辺りでは普通、本線のことは滅多に話題にしないし、しても文脈で分かるから、単に「京阪電車」といえばそれだけで通常は大津線のことであり、特に京津線を区別したければそれは「京津線」というので、わざわざ取り立てて「いっさか線」なんて呼んだりはしないな、と思います。

ただ、地の人間が「石山」を発音すると「いっしゃま」と聞こえるように、発音が縮まると「いしざか」と言っているつもりでも、「いっさか」と聞こえるのかもしれません。

IMG_0094.jpg


同じ日に、「大地震 帰宅困難者 大阪駅周辺に20万人」という記事。

平日午後3時に大地震が起きれば、約20万人――。大阪駅周辺で帰宅困難になると大阪市が想定する人数だ。
市は鉄道や道路が寸断されても、水路は通行できる可能性が高いことに注目。帰宅手段として、海上では遊覧船、河川では水上バスなどの活用を盛り込んだ支援策を1月末に示した。



具体的には、尼崎、西宮、芦屋、神戸方面と、枚方方面とを検討しているとのことですが、往復や乗降の所要時間を含めると、大阪-枚方は1往復5時間かかるとのこと。

この他、神戸では訓練ウォークを毎年1月17日に実施、京都は観光客の帰宅困難者が13万人に上ると考えて、対策を練っているとのことでした。

それにしてもこの記事が出た僅か3日後に、東北・関東を、あの大震災が襲って、本当に帰宅困難者が出ることを、いやそれどころか、あの大津波で二度と帰ってくることのない人々が1万人以上に上ることを、誰が予想したでしょう?

16日付拙稿トラクターで来はったらどうどすか?で書きましたように、私は、生でテレビを見ることが滅多にないので、普通に、東日本大震災以前に録画した番組の録画もあって、今更見ているのですが、この放送の時は、まだ震災が起きていなくて、震災で亡くなった方も、この番組を楽しんでいたのかもしれない…と胸が詰まる思いがすることがあります。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
石坂線
地元の方は、「いっさか線とは呼ばないですね。」
京都側から見ると、逆にへぇ~~です。

私の周りでは「京阪(電車)」は、京阪(本)線のことで、大津線は、
「けーしん線、いっさか線」と普通に呼びます。
2011/08/01(月) 18:56:33 | なかっちょ | #4RB3NX36[ 編集]
いっさか線など
こん○○は。
①私も「いっさか線」と実際に呼ぶ人を聞いたことがありません。
「いしやまさかもとせん」と呼ぶ人も見たことありません。「いしざかせん」は昔聞いたことあります。でもみな「けいはん」でしたね。最近は「おけいはん」でしょうか。
ちなみに京津線は子供の頃、私は「きょうつせん」と呼んでました。何故「けいしん」と呼ぶのか疑問でしたが、中国に天津なる街があることを知るや、納得しました。
②あと、電車・バスからは離れますが、「京滋バイパス」、公式には「けいじバイパス」と呼ぶようですが、私はずっと「けいしバイパス」と呼んでます。京都の人はともかく、大津の人で「けいじ」と呼んでいる人を、私の周囲ではいませんでした。今は変っているかもしれませんが。
③京阪大津線のHP、久しぶりに見ましたが、かなり地味になりましたね。経費節減の一環でしょうか。 
 余談ですが、子供の頃、京阪電車の車掌になるのが夢でした。大津線ではなく、本線のほうにあこがれていました。
周囲の大人に何故大津線の車掌を目指さないのか、と言われると、将来はワンマン運転になり、車掌が不要になるかもしれないから、と答えると爆笑されました。バスじゃあるまいし、電車がワンマンになるわけがない!おかしなことをいう子供だ、と言われたものです。
 ワンマンになり、本数は増え、利用しやすくなっても乗客が減少傾向なのは残念ですね。いつまでも走ってほしいです。
2011/08/01(月) 19:34:20 | K2 | #-[ 編集]
No title
なかっちょ様、K2様、コメントありがとうございます。

なかっちょ様のおっしゃる、「京阪電車」が本線のことだ、というのは京都側に住んでいらっしゃれば、確かに当然でしょうね。

マスコミはしばしば針小棒大なことを言ったり、パターン化したイメージを振りかざしたりするので、「いっさか線」は実際、どうなんだろう、と思いまして。地元の人間の行きつけの店は、しばしば観光客が行く店とは違っているように、外から見たイメージと、中に実際に住んでいる人間のイメージはやっぱり違いますからね。

誰が「いっさか線」なんて呼ぶんや?という私の問いに、我こそは、という方、いらっしゃったら是非お知らせ下さい。逆に、K2様のように、やっぱり言わないな、という方のコメントももちろんお待ちしています。

それにしてもK2様の先見の明はすごいですね。
全国の中小私鉄や支線のワンマン化がどんどん進む中、大津線のワンマン化は、経営状態を考えればむしろ遅すぎたくらいじゃないかとさえ思われます。
確かに、ほんの少し昔は、電車には運転士と車掌、駅には駅員や駅長がいて当たり前ですから、周りの方々は、ピカソの絵をつきつけられたような感じだったのでしょう。時代が、やっとK2さんに追いついたんですよ。

「京滋」については、私はもともと「京滋バイパス」の開通から使われるようになったことばかと思っていましたが、実際は、開通のはるか以前、昭和30-40年代の新聞でも普通に使われていました。京滋バイパスの計画も、その頃には既にあり、余談ですが、石山小学校のPTAが猛反対したり、いろいろあったようです。ただ、「京滋バイパス」によって、より人口に膾炙するようになったことばではないかと思っております。
2011/08/01(月) 22:17:39 | 喜撰猿丸 | #HdXTMQ3I[ 編集]
いっそのこと 等
①いっそのこと、ナイ○スクー○に依頼してみてはどうでしょう?
「いっさか線と呼ぶ人を探してください!」と爆笑小ネタ集で。
うーん、爆笑できないから不採用でしょうか。
②ワンマン化先見の明と言っていただいて、なんだかくすぐったい思いですが、整理券を駅かドアで取って運賃箱にお金を入れて、というのを想像していたので大したことはないです。(汗)扉の位置は運転席寄りに移される改造が行われるだろう、あるいは80型のような車体が新造(台車、モーターはそのまま。)されるとかんがえていました。今のようなワンマン運転の形態は想像できませんでした。
③バイパスは反対運動がすごかったですね。石山小学校の静かな環境が悪化するとか、子供達の交通事故が激増する!とか。私もパイパス=悪と子供の頃、考えてました。でもその反対運動があったからこそ、あの高い防音壁が実現したのでしょう。
 今石山小の横を通るバイパスのあたりは確か田んぼでした。学校の廊下から見た風景が目に浮かびます。
 それとバイパスができるまで、石山団地の実家にはお寺の鐘の音が普通に聞こえてました。石山寺なのか、旧南郷中学(今の石山中)の前の寺なのかはわかりませんが。夕方の5時にはゴーンと聞こえてました。除夜の鐘も。それと東海道線を走る電気機関車の汽笛も。夜中に聞こえる汽笛はロマンチックでしたね。
 便利にはなりましたが、色々失ったものも多いですね。すみません。年寄り臭くなりました。失礼します。
2011/08/02(火) 02:20:48 | K2 | #-[ 編集]
追伸 ビール電車について
連続投稿恐れ入ります。
大津線のビール電車、大津線だけでなく、よく全国の路面電車で同様の企画のニュースを聞くたび思います。トイレはどうしているのだろうか?トイレ休憩しているのでしょうか。
私もビールは大好きなので、一度乗ってみたいですが、トイレも近いほうなので、乗客のかたはどうしているのだろうか、といつも心配でなりません。
汚い話で恐縮です。
ではでは。
2011/08/02(火) 02:26:54 | K2 | #-[ 編集]
No title
K2様、コメントで盛り上げて頂いてありがとうございます。

・某有名番組での調査
テレビで調べてもらうなんてそんなとんでもない!こんなイケメンの私が出演しないといけないんでしょう?ムリムリ…。ていうか、テレビ局が食いつく話じゃないと思います…。

・京滋バイパス
私が物心ついた頃には、もう工事が始まっていて、学校の友だちの中にも、田畑や山を売ったなんて言っている奴がいましたね。なので、反対運動云々は知らないんです。反対運動といえば、田上に空港を作るという騒ぎの方が印象に残っています。

うちでは今も、お寺の鐘の音が聞こえますし、静かな時間帯だとJRの瀬田川鉄橋を渡る列車の音が聞こえてきます。

一度だけですが、家にいて、直線距離でもかなりの距離があるのに、石山団地始発の京阪バスのアナウンスが聞こえてきたことがあります。夜で静かだっただけでなく、台風が来る直前で湿度が高く、音が伝わりやすかったからかもしれません。
国分バイパス経由がなかった頃なので、
「このバスは、唐橋前から石山駅行きです」
なんて言っていました。石山団地からバスに乗ったことなんてないので、そんなふうにアナウンスするんだ、と、聞こえたという現象そのものより、内容に驚きました。

便利になって失ったもの……そうですね。年寄り臭くなんかないです。すごい大事な問題だと思います。
ミヒャエル・エンデは『はてしない物語(ネバーエンディングストーリー)』で、過去の記憶を失うと、未来がなくなる、望むものがなくなる、と書いていますが、確かに、分かる気がします。

・ビールde電車
トイレ休憩は石山寺と坂本で取っているようです。全国の他の路線はどうしているのか分かりませんが、きっとパンフレットや公式HPに何らかの案内があると思います。確かに普通の列車と違って、路面電車ではトイレはないですし、ないと思うと落ち着かないですね。

2011/08/02(火) 22:54:05 | 喜撰猿丸 | #HdXTMQ3I[ 編集]
某有名番組
 いつもご丁寧なコメントレスありがとうございます。
 では、同じくイケメンの私が依頼者の友人として参戦しましょう。
ただ、「いっさかせん」だけでは弱いので、「昔憧れた京阪石山坂本線の車掌になりたい!」という路線で行き(勿論なりたいのは私です。)、その中で「いっさかせん」問題に触れてもらいましょう。局長の涙を誘う感動路線で!それと、膳所本町駅付近のあの有名な食堂は外せないでしょう。

というのは冗談です。私はマスコミへの露出を控えておりますので。ごめんなさい。
また、京阪バスネタ、芸術ネタ等楽しみにしております。
ではでは!
2011/08/04(木) 23:09:55 | K2 | #-[ 編集]
いっさか線
はるか東の国からご無沙汰しております。

「石坂線」の件ですが、
これをどう読む?と訊かれれば「いっさかせん」ですし、
「いっさかせん」はどこからどこまで?と訊かれれば
迷わずに「石山寺~坂本の路線である」と答えられます。

でも、日常会話で使ってたかどうかといえば、
やはり「けーはん(でんしゃ)」「じぇーあーる」という
区分で十分で、なかっちょ様も書き込んでおられますが、
京津線と区別する必要があるときに使うぐらいだったように
記憶しています。

それでは。
2011/08/04(木) 23:16:27 | 膳テツ | #41Gd1xPo[ 編集]
No title
K2様、そしてお久しぶりの膳テツ様、コメントありがとうございます。

K2さんのコメントは冒頭だけ拝見した時は、ホンマにびっくりしました。もっとはっきり言うと、ひきました(爆)。でもやっぱりご冗談だったんですね。ホッとしたようながっかりしたような(?)。
私はもうテレビなんてとてもとても…。そんなものに出たら、下らないことやっていないで真面目に仕事しろだのなんだの、言われるのに決まってますから(汗

芸術関係のネタまで楽しみにして下さっているとは、ありがとうございます。交通関係だけだと正直私も持たないし、書くことで自分のまとめにできる、また、他分野の方からのアクセスですそ野が広がるといった効果があるため、入れさせて頂いています。今後とも宜しくですm(__)m

膳テツさんは、もともと膳所が地盤の方だけに、説得力がありますね。恐らく多くの方の見解を代表していそうな感じがします。「石坂線」がどこからどこまでと訊かれて答えられない大津市民はもぐりですねw

コメントがこれだけ盛り上がるとは思っていませんでした。
大津市の南部と北部を直接結ぶ唯一といってよい公共交通機関ですから、私ももっと乗って、大切にしないといけないな、と改めて感じました。

他にも何かご存知の方、いらっしゃいましたら、コメントやメールを頂けると幸甚です。
2011/08/04(木) 23:55:43 | 喜撰猿丸 | #HdXTMQ3I[ 編集]
母は。
昭和10年生まれの母。生まれは大津市南部。
嫁ぎ先大津市中心部。
普段は単純に「電車」と言っていましたが、利用する時でなく改まって何かを表現しようとする時は確かに「いしざか線」とは言っていましたね。
2011/08/10(水) 10:09:07 | yume | #/eG2YYas[ 編集]
Re: 母は。
コメントありがとうございます。

> 普段は単純に「電車」と言っていましたが、利用する時でなく改まって何かを表現しようとする時は確かに「いしざか線」とは言っていましたね。

「いしざか線」“きっちり発音”タイプですね。でもやっぱり普段は「電車」なんですね。多分、国鉄の「汽車」に対応することばなんでしょうね。
2011/08/10(水) 22:45:16 | 喜撰猿丸 | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/186-1877a0e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック