青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
瀬田の帝産バス、近江鉄道バスの「文化ゾーン前」バス停

ssIMG_3517.jpg

その向かって右、近江鉄道バスのバス停ポールの裏…

ssIMG_3518.jpg
滋賀交通の「文化ゾーン前」バス停ポール↓

ssIMG_3519.jpg

いちびって変な漢字を使いましたが、やっぱりこれは単に折れて「倒れた」というより、役割をとうに終え、更に限界を越えてなお立ちつくして、疲れ果てて遂にくず折れて「斃れた」という印象を受けました。

スペイン語やイタリア語などで、バス停は女性名詞か男性名詞か、どちらなのでしょう。
むやみに性差を強調するつもりではありませんが、強いて言うなら、働いて、働いて、力尽きた男のようだ、と思いました。ここで、滋賀交通を待ったひと、乗ったひとが、実際何人いるのか分かりませんが、「拘束時間」だけは非常に長いものだったでしょうから。


ssIMG_3520.jpg

読者の方(特にHNはなく、付けることも希望されなかったので、匿名希望さんとします)から、昨年3月6日に撮影された、このバス停の写真を頂戴しました。その時はまだ立っていたようです。10年ほど前は、文字こそ書かれていませんが、時刻表の札はあったように記憶しています。
匿名希望様、末筆ながら、ご提供ありがとうございました。

バス停(文化ゾーン前、西行)

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
バス停
木津川です。

滋賀交通のバス停とは!よくぞ残っていました。

バス停のイタリア語はfermata で女性名詞です。
小生が乗ったミラノ市交通局のワンマンバスだと
降車ボタンを押すと、fermata prenotata (予約された停留所)ランプが車内前方につきます。日本だと「次とまります」ですね
2011/03/27(日) 12:55:09 | 木津川 | #-[ 編集]
Re: バス停
木津川様、コメントありがとうございます。

> 滋賀交通のバス停とは!よくぞ残っていました。

ええ、今も国道1号線沿いの各バス停や、浜町などに残る古い路線図には、確かにバイパス経由の路線が載っていますが、私は全く記憶にありません。

> バス停のイタリア語はfermata で女性名詞です。

ありがとうございます。音楽記号のフェルマータと一緒なんですね!これは大変面白いことを教えて頂きました。特殊記号なので、ここに表示できませんが、円弧の内側に・です。恐らくどなたでもご覧になったことのある記号だと思います。
音楽におけるフェルマータは、一般的にはその音符(又は休符)の長さを十分に保って、少し長めにする、という意味合いです。fermataという単語に、もともと「止まる」という意味合いがあるようなので、そこから派生したのでしょう。

因みに、「バス」は今調べたら、外来語で男性名詞の〝autobus(アウトブス)″もあれば、女性名詞の〝autocorriera(アウトコッリエーラ)″もあるようですね。
2011/03/27(日) 23:59:05 | 喜撰猿丸 | #HdXTMQ3I[ 編集]
身近なバス会社になって
改めて貴ブログを拝見していて、ふと一番身近なバス会社になった滋賀バス(滋賀交通)の記事を探してみたら、この記事がヒットしました。

滋賀での在住年数が人生の半分を超えつつありますが、JRバスと並んで乗る機会のないバス会社でした。この斃れたバス停も見た記憶があります。

改めて検索して見ると、取り上げている方自体も珍しいですね。名神ハイウェイバスに乗ることも多いですが、滋賀バスもせめて写真だけでも撮っておこうかと思います。
2016/02/22(月) 11:47:49 | じゅうしまつ | #p3bOkBJg[ 編集]
Re: 身近なバス会社になって
じゅうしまつ様、ご無沙汰しております。
そう言えば私も大津方面から滋賀交通は乗るチャンスがなくはなかったのですが、「石山駅に立ち寄らない」というそのことだけでやめてしまい、今思えばもったいなかったと思います。石山駅口から歩けばよかった。
JRバスは南郷方面から1、2回乗った気がします。ひょっとしたら国鉄バス時代かな…。

> 改めて検索して見ると、取り上げている方自体も珍しいですね。名神ハイウェイバスに乗ることも多いですが、滋賀バスもせめて写真だけでも撮っておこうかと思います。

滋賀交通は取り上げられているとしたらどの社よりも長年に渡って置き換えられなかった古参車でしょうか?
車両のことはよく分からないのですが、ああいうのを見ると、老爺のゲップのようなギアチェンジ音と、そのまま外れるんじゃないかと思うような折り戸の開閉音が今にも聞こえてきそうです。
2016/02/23(火) 00:07:12 | 喜撰猿丸 | #HdXTMQ3I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/175-441faf21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック