青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
「歓びの街 パル」

その名前を聞いて、懐かしさで胸がいっぱいになるひとが、石山、南郷など、大津市南部には少なくないのではないかと思います。しかし、ネットで検索しても、私が見た限り、ほとんど何も出てきません。
5月19日付拙稿1962(昭和37)年5月19日 京都今津線開通の続きを近日中にUP予定ですので、その後、10日前後と今回と2回に分けて、誰も語らなくなってしまったらしい、「パル」を特集したいと思います。

↓青い目印が、当時の「パル」の位置です。



29年前の今日、1982(昭和57)年6月3日、石山商店街に、その、今は亡きショッピングセンター「パル」がオープンしました。
なくなったのがいつだったかははっきり思い出せませんが、1999(平成11)年の住宅地図にはその名があり、翌2000年には「マンション建設予定地」になっているので、その間であることは間違いありません。もう10年以上経ってしまったんですね。

↓松原バス停付近から、石山駅と逆、南の方向を臨む。文具店「晴嵐堂」と、その南隣の店は当時からそのまま、その店を挟むようにして、北と南に2つの玄関、屋上駐車場のスロープがありました。

ssIMG_5810.jpg

↓の写真は、旧北玄関付近。この辺りから、屋上の駐車場に伸びるスロープもありました。

IMG_4170.jpg


1979(昭和54)年6月22日正午前、ここにあった「丸栄百貨店」とこれに隣接する「丹丸百貨店」が焼失する火災が発生、その後を受けて、両百貨店を合わせる形で作られたのが「歓びの街 パル」だそうです。

因みにこの時の火事は、当日、工事のために供給を止めていたガスの代わりに使っていた、丸栄百貨店内のお惣菜屋さんのかまどの煙突が過熱したのが原因だったそうで、これを伝える1979(昭和54)年6月23日付読売新聞滋賀版を見る限り、死者、けが人がなかったのが不幸中の幸いでした。新聞記事からも、客を誘導したり、商品を少しでも運び出そうとする店員たちの慌てぶり、不安が伝わってきますが、あの狭い商店街で火事が起きたなんて、どんな恐ろしい騒ぎだったことでしょう。鎮火まで2時間がかり。当然、消火活動のため、目の前の通りを走る、草津方面、南郷・大石方面、田上(たなかみ)方面のバスの運行なんかできなかったでしょうから、東レの方や、国道を迂回したのでしょうか。

さて、そんな不幸を乗り越え、「パル」がオープンします。

1982(昭和57)年6月4日付毎日新聞滋賀版は、「北部に負けておれぬ」という大きな見出し。

                                                                                                      

 地盤沈下が言われる大津市の石山商店街南部に再び活気を取り戻す中核となる共同店舗ビル「歓びの街・パル」=同市栄町八の三一=が、三日オープンした。(中略)
 石山商店街は、東レ関係者を中心ににぎわいをみせていたが、四十五年暮れにスーパーの平和堂石山店が国鉄石山駅近くに開店してからは、北部の駅前商店街に客が集まるようになり、国道1号から南の松原商店街、栄町商店街は低迷。(略)
外壁はレンガタイル張り、二カ所ある玄関部分はアーチ型の飾り窓を取り付けるなどしゃれた外観となっている。三十五店のうち三十店は大津市内の業者で、一階は食料品中心、二階は衣料品、日用雑貨、文具、家電製品のほか喫茶店もある。三階は事務所、屋上は七十台収容の駐車場



ああ、「北部に負けておれぬ」の「北部」は、石山商店街の「北部」なんだ。大津市の北部かと思いました。石山商店街の中の南北なんて、そんなミクロな視点があったんですね。

パルを利用する買い物客のうち、少なからぬ割合のひとが乗り降りしていた、「松原」バス停の南郷・大石、田上(たなかみ)方面のポール↓バス待ちの客は、平和堂の袋を持った主婦と、パルの、赤いロールケーキみたいなマークが入った袋を持つ主婦とが拮抗していました。

ssIMG_5812.jpg

パルがあった当時、バス停目の前の、京都信用金庫石山支店は、右手の路地に見える、駐車禁止の標識の辺りまで引っ込んでいて、その前が広場になっており、写真の向かって左には、隣の建物を背にして、屋根つきのバス待合所がありました。
写真を撮って気付いたのですが、建物が建て直されて今の形になったのではなく、手前の建物(ATMコーナー)が増築されて、広場がなくなったようです。駐車禁止の標識の辺りから奥、2階建ての部分は、昔からあった建物のようで、継ぎ目があるように見えます。

ssIMG_5813.jpg

↓先ほどの写真と逆に、もともと南玄関と、駐車場から降りてくるスロープがあった辺り。ここまで来ると、松原の1つ南の「栄町」のバス停の方が近くなります。今はマンションの玄関です。

IMG_4171.jpg

↓栄町付近。現在は、マンションがやたら目立つようになってしまいました。

IMG_4175 (2)

それでも、今もパルの外で、中には商売の種類を変えながらも、営業を続けているところもあるようです。

最初にも書きましたように、パルについては、10日頃にももう一度ちょっとした特集をしたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
懐かしいですね。パル!松原(東レ前)バス停!
 パル♪パル♪喜びの街へー♪
というテーマソングがあったような気がするのですが、思い違いかもしれません。ニ回の文房具屋さんたしかソウイさんでしたっけ。中学、高校とよく利用し、スタンプカードも集めました。
確かご夫婦でやっておられたと思うのですが・・・。
 火事は直接は見ませんでしたが、大騒ぎでしたね。焼け跡は何度か見ました。
 免許をとってからは車でも行くようになりましたが、あのスロープは狭く、急坂で恐怖でした。免許取り立てのころ、父の車の日産キャラバン、当時は珍しいコラムシフトで、上り坂で前の車が止まると「こらー止まるなー!」と相手に聞こえない程度に叫んだものです。その後は恐怖の坂道発進。ATの車を買ってからは幾分、恐怖は和らぎました。
 京都の大学(京都大学ではないですよ。念のため)へ進学してからは、アバンティや河原町界隈で買い物をすることが多くなったのでパルからは足が遠のきました。
 松原バス停の待合スペースも懐かしいですね。昭和40年代後半は確か鉄骨の屋根だったと思います。50年代になって京都信用金庫の建物のデザインに似たおしゃれな屋根に変わったはずです。
 各バス会社の時刻表が壁にずらりと名並び、その前は木製のベンチ、ではなかったでしょうか。広場で遊んだり、ベンチで本を読んでいるとバスが乗車客がいないと判断して発車したり、と思い出があります。
ひっきりなしに京阪、近江、帝産、ごく稀に京阪宇治交通のバスがやってきました。大体は石山駅から乗りましたが、子供のころ、
松原から母親が乗ってきて買い物袋を持ってあげたり、近所のおばちゃんが乗ってきて挨拶をしたりしました。石山駅でもそこそこいっぱいの京阪バスの車内は松原で満員になり、野々宮か石山団地口までは座れないのが当たり前、の時代でした。
夏は窓全開で走り、足元に目をやると木製の床が・・・・おっとオッサン思い出モードに入ったので以下自粛します。
 久々に書き込みました。ロムはほぼ毎晩しているので
これからもがんばってください。パルの記事、今津線の記事、楽しみにしています。
以上長文、乱文失礼しました。
2011/06/04(土) 23:04:16 | K2 | #-[ 編集]
Re: 懐かしいですね。パル!松原(東レ前)バス停!
きっとコメントして下さると思っていましたw ありがとうございます。

>  火事は直接は見ませんでしたが、大騒ぎでしたね。焼け跡は何度か見ました。

私は火事のことは世代的によく分からないんです。パルは物心ついた時には既にあったので。

>  松原バス停の待合スペースも懐かしいですね。昭和40年代後半は確か鉄骨の屋根だったと思います。50年代になって京都信用金庫の建物のデザインに似たおしゃれな屋根に変わったはずです。各バス会社の時刻表が壁にずらりと名並び、その前は木製のベンチ、ではなかったでしょうか。

待合スペースの記憶ももう微かなんですが、でも、帝産や近江の時刻表が貼られていたのは覚えています。京阪はポールに記載されていました。
朝に1回しかない帝産の「田代」、日中1回しかない近江の「胃腸病院(大萱六丁目西)」、夜間の草津駅行きの区間運転、「矢倉二丁目」止など、やっぱり本数の少ないものに目が行きましたね。

>  広場で遊んだり、ベンチで本を読んでいるとバスが乗車客がいないと判断して発車したり、と思い出があります。

ああ、確かにあの待合所がバスが見える位置にあればよかったんでしょうけど、全く見えないから、自分で気をつけていないとダメでしたね。もっとも私はほんの子どもで、常におばちゃんたちでいっぱいの待合所のベンチに座ったことは一度もありませんが。

>  久々に書き込みました。ロムはほぼ毎晩しているので
> これからもがんばってください。パルの記事、今津線の記事、楽しみにしています。

そんなに熱心にお読み頂いているなんて恐縮です。ご期待に添えるものが書けているか分かりませんが、宜しくお願いします。
2011/06/05(日) 08:58:07 | 喜撰猿丸 | #HdXTMQ3I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/173-f779c670
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック