青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
東レ正門前 とうれせいもんまえ
所在地:大津市園山一丁目
開設年月日:2003(平成15)年6月21日
付近:東レ滋賀事業所正門
キロ程:石山駅まで0.3キロ


IMG_5938.jpg



この停留所は3A、3B号経路の石山駅方面行のみが停車する降車専用の停留所で、もちろん、路線開通当初には存在しませんでしたが、前回もお知らせしました通り、便宜上石山駅の次の停留所として扱います。

石山駅方面しか止まりませんので、もちろんバス停のポールは片側しかありません。

IMG_5937.jpg

IMG_6487_201412141227076c0.jpg

現在の大津営業所管内で片道用のバス停、また降車専用のバス停というのはここだけです。
従って、上の2枚の写真でも分かりますように、時刻は掲示されていません。路線図もなく、両面とも「おりば」とだけ書かれています。

↓バス停名の由来たる東レ滋賀事業所の正門。

IMG_5940.jpg

石山は東レで発展した町であることは言うまでもありません。もともと唐橋付近には、正式な宿場町ではないものの、東海道の宿場などがあったのですが、そこから駅に向かう道筋、今の石山商店街にはほとんど家がなく、東レに勤めるひとを狙った飲食店に始まり、その他の商店も増えて、徐々に街が形成されたと考えられています。

↓正門とバス停。バス停は、奥の標識と並んでいるのですが見えますでしょうか。距離感が分かって頂けるかと思います。

IMG_5943_20141213131911445.jpg

↓北向き全景

IMG_5939_20141213131910797.jpg


少し北にマンションがある以外、東レの工場とグランドに挟まれていて、乗車を扱ったところで利用者は少なそうです。夕方の帰宅時間帯になると、全てのバスが松原、唐橋前を回るので、南向きのポールを設ける意味もなさそうです。

↓南向き全景

IMG_6486_201412141227056d0.jpg

↓ちょうど3B号経路 W-3017が来ました。

IMG_1580_20141221142249743.jpg

3B号経路で、昼間でも多少ここで降りる客を見るのですが、そういうひとの多くは東レ関係者ではなく、石山駅や松原まで乗り通すよりここで降りて歩いた方が早いと思っている、国道より南側、このバス停と松原との間の地域に用事があるひとなのでしょう。写真で左に写っている東レグランドのフェンスが尽きたところで左に曲がってまっすぐ行くと、松原のバス停です。

この、東レ正門前の通りは、2011(平成23)年8月、石山駅-岩間寺間のバスが貸切化されて以降の通り道ともなっています。

IMG_1583.jpg

石山駅発滋賀大学行きの直通便もここを通っていますが、岩間寺行が唐橋前からは石山寺回りの従来の道筋に入って行くのに対し、滋賀大学行きは唐橋前の渋滞を避けるため、宮ノ内の北大路交差点を直進してそのまま大津車庫、石山団地口を通り抜けて、野々宮で右折するというルートをとっています。

↓もちろん、3B、3Aなどの各系統もここで一旦国道に出ます。

IMG_1582_2014122114224979e.jpg

恐らく、1993(平成5)年6月20日の大津営業所移転時まで、少なくとも80年代頃にこの道路を通る定期一般路線はなかったはずですが、もっとさかのぼると、昭和20年代には、浜大津-外畑間の路線の延長免許がこの通りを用いて申請されているので、休止状態だったのを復活させたような形なのかもしれません。

↓南隣の宮ノ内バス停との間には、御霊(ごりょう)神社

IMG_5946_2014121313200644c.jpg

御霊神社という名前の神社は全国各地にあります。南郷にもありますし、すぐ近くの鳥居川の晴嵐幼稚園近くにもあります。南郷の御霊神社はよく分かりませんが、ここと、鳥居川はともに、大友皇子を祀っているそうです。天智天皇の第一皇子ですが、壬申の乱で叔父の大海人皇子に敗北した皇子です。

神社の緑の横を、岩間寺行きが通り抜けていきます。

IMG_1577.jpg


ここを通る岩間寺行きの写真があったはずだと思って探していたら、その撮影を行った2011(平成23)年9月当時は、バス停の北、国道側にあるマンションがまだ建設中だったことに気づきました↓

IMG_1579.jpg

時の経つのは早いものです。

次は、石山駅です。
※本シリーズとしては、宮ノ内に進みます。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
滋賀大学バス停は?
いつも楽しく拝見しています。

直行滋賀大学行用の大学構内降車専用バス停は「片道用&降車専用」のもう1事例としてはいかがでしょうか?
2015/04/27(月) 20:55:31 | じゅうしまつ | #-[ 編集]
Re: 滋賀大学バス停は?
じゅうしまつ様、コメントありがとうございます。

仰っている内容は分かりますが、路線の末端は意味が違うでしょう。私も記事を書く時に深くそこまで考えていませんでしたが、では逆に、なぜ滋賀大を思い出さなかったのか、と考えると、それは、東レ正門前が途中停留所で、まだそこから先も運転区間があるのに乗車することができないという特殊性が念頭にあったからです。

大阪の「寝屋」「石津南町」「総合センター東口」などこそ、「東レ正門前」と近いケースだと思いますが、これらも、乗車ができますので、完全には同じではないですね。
2015/04/27(月) 23:47:25 | 喜撰猿丸 | #HdXTMQ3I[ 編集]
Re: 滋賀大学バス停は?
解説ありがとうございました。

確かに終点は乗車のしようがないなとは私も思ったのですが、逆に通常の終点は始発バスもあるので、そのあたりのお考えをお伺いさせて頂きたかった次第です。

途中のバス停で片道用&降車専用は、県内他社でも思いつきませんでした。
2015/04/28(火) 00:05:25 | じゅうしまつ | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/168-ad738bc8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック