青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
京都駅 きょうとえき
所在地:京都市下京区東塩小路町
開設年月日:
付近:JR京都駅 近鉄京都駅 京都市営地下鉄京都駅 京都中央郵便局 ジェイアール京都伊勢丹 キャンパスプラザ京都 武田病院 ホテルグランヴィア京都 京都タワー 京都新阪急ホテル 下京区役所 京都七条公共職業安定所 ビックカメラ京都店 京都ヨドバシ (現在ないもの)国鉄京都自動車営業所 京都近鉄百貨店(旧丸物百貨店) 下京消防署 京都市交通局三哲操車場
キロ程:八条口から 不明




駅舎新築工事以前の乗場については、京津国道線としての「京都駅」の項で取り上げましたので、そちらをご覧下さい。
ここでは主に現在の京都比叡山線の乗場と、T.F.様ご提供の、京都駅付近での京都比叡山線の画像を中心に取り上げたいと思います。

毎日通勤通学で利用していると、感慨がありませんが、旅行客は、憧れの京都にやってきた!という感動を胸に駅に降り立つのでしょう。
床面積では名古屋駅の方がはるかに大きいですし、乗降客数では新宿や東京には及びませんが、それでも日本屈指の大ターミナルであることには変わりありませんし、他の駅と大きく異なるのは、「空洞」を贅沢に利用したこの空間的広がりでしょう↓

DSC_0439_20150707204402508.jpg

賛否がいろいろありましたが、今や京都駅そのものが観光名所で、私でも、何度見上げたり見下ろしたりしても飽きません。海外のサイトをいくつか見ましたが、そもそも駅に駅以外の色々な機能を持たせること自体が珍しいせいか、単なる駅ではないということに賛嘆の評価がなされています。

IMG_0668.jpg

駅を出て、早速に比叡山に行こうというひとは、C6乗場に足を運ぶことになりましょう。

IMG_8078.jpg

駅からはやや遠いですが、地下道も横断歩道も通る必要がない点で好立地?です。

↓圧倒的に京都バスの本数が多いので、「比叡山」の文字は申し訳程度です。

IMG_8077.jpg

↓進行方向を望む。

IMG_8128.jpg

京都バスの京都駅線、五条線は同じC6でもポールが別になっています。

ここからは、懐かしい写真をUPしたいと思います。

↓ご提供頂いた中では最も車齢が高いと思われるB-1194 京22か233 1971(昭和46)年式MR470です。

京22か233

乗り場から今まさに塩小路通に出ていくところです。

↓現在のほぼ同じ地点で。京津国道線としての京都駅の記事でもUPした写真です。

IMG_5527_20150705205935f8d.jpg

↓B-1406 京22か1953 1978(昭和53)年式MP117M 京都駅前交差点です。

京22か1953③

経路番号はありません。方向幕左に小さく見える文字は縦書きの「国鉄」です。

↓同じくB-1406 京22か1953 この写真はカラーで残っていました。 

PICT0032.jpg

乗客はいないように見えますが、降車扱い後でしょうか。松本旅館が背景にしっかり入っていて、定期観光バスの乗場の場所自体は今も変わっていないので、今の定期観光バス乗り場の東側であることが分かります。

↓B-1407 京22か1969 1978(昭和53)年式MP117M 小型幕のブルドッグです。

京22か1969

大型幕になってからのブルドッグのA車は後方の屋根にエアコン?の突起があるのが大きな特徴でしたが、B車はこの車もそうですが、新たに大型幕になってからもそれはありませんでした。エアコンのシステム自体が違っていて、エンジン音の上下には関係なく常に一定に「ガガガガガガ……」と言い続けていたのを覚えています。シートはワインレッド一色でした。

↓B-1436 京22か2208 1978(昭和53)年式MP117M

京22か2208②

B-1407と年式も型式も同じなのに、フロントの作りが全く違いますが、これは1407の車体が三菱製であるのに対し、1436は呉羽製だということによるようです。見た目は違っても、エンジン音は同じだったのでしょう。


↓今回取り上げるT.F.様の写真の中では最も新しい車両です。B-1715 京都22か4764 1989(平成元)年式P-MP218Mです。撮影時はA-1715でしたが、後に改番されたようです。

京都22か4764

京都比叡山線の基本経路(京都駅-比叡山頂)の経路番号は長らく7でした。
他に、1985(昭和60)年現在の路線図には、比叡山頂には立ち寄らずに横川まで行く6号経路、その区間便で夢見が丘-横川間の6A号経路があります。夢見が丘発着!この路線図、ずっと前から持っていたのに、夢見が丘発着などというものがあることに今まで全然気づきませんでした。どなたか6A号経路の写真を持っていらっしゃったら、是非お知らせ下さい。

次は、烏丸五条【京都比叡山線旧線】/四条河原町【京都比叡山線新線】/河原町五条【京津国道線】です。
※四条河原町は旧線、新線、両方が停車しますので、本シリーズにおいては次回は烏丸五条を取り上げます。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/163-d9302de9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック