青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。

(引用者注:大津市のボウリング場は)このほどジュニアデパート平和堂石山店の五階にオープンしたボウリング場を含めて七施設をかぞえ、一レーン当たりのボウリング人口は八百人と営業の目安となる二千五百人-三千人をはるかにダウン。
1970(昭和45)年12月27日付産経新聞滋賀版



1月24日付拙稿で取り上げた記事のすぐ横に載っていた記事です。1970(昭和45)年というと、大阪万博の年であり、草津-西明石間が複々線化された年ですね。空前のボウリングブームでも、既に供給過剰だったことは驚きです。当時の滋賀県の人口は何と90万人にも届きませんでした(現在は約140万人、それでも京都市や神戸市1つ分に届かない)

それにしても、yume様やK2様もコメントして下さったように、あんなところがボウリング場だったなんて、信じられませんね。いつごろまで続いたのでしょうか?
10年くらい前は百円均一や携帯ショップがあったからたまに上がることがあったけど、もう最近行かないな。百均も4階に下りてきているし、HOPカードや平和堂商品券などが使えて助かる本屋さんも4階だから、それより上はイメージが湧きません。今は、リニューアルを繰り返しても、「くたびれた田舎のスーパーマーケット」感がぬぐえないけど、当時は「全国最大規模」だったというのだから、驚きです。

ssIMG_3352.jpg



余談ですが、「ジュニアデパート平和堂」なんていっていたんですね。「ジュニアデパート」って何やねん?あか抜けせんことばやな…。絶対に和製英語だろうな。

ゴルフ場も次々とできていたことも書かれています。

ゴルフの大衆化を反映して湖国のゴルフ場も昨年オープンした大津カントリー、名神栗東を加えて十カ所にふえた。(中略)さる四十年三月にオープンした大津市瀬田大江町の瀬田レークサイドゴルフコースも開設当初は月に千人足らずの客だったのが、最近では、二千五百人と約二・五倍の伸び



大津カントリーは、京阪バス曽束に行く途中の「ゴルフ場前」という子どもの遊びみたいな名前の停留所の由来ですが、会社更生法が適用されてしまっています。瀬田のレークサイドゴルフ場なんて、今、近江のバス停の名前にしか残っていないんじゃないでしょうか?

記事には「施設や交通的な立地条件の優劣から激しい浮沈の現象もあらわれて」とありましたが、40年後にはここに挙げた施設のほとんどが夢の跡になったり、破産したりなんて、誰も考えてもいなかったことでしょう。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
平和堂石山店のボウリング場
記憶が薄いのですが、ハト食堂、スガキヤ(今はなくなったと聞きます)の並びを背に、レーンがあったと記憶してます。
そう思って見てみると、飲食店とゲームコーナーの段差(私も最近行ってないのでもうなくなってるかもしれません)に納得。
まっすぐ伸びるフロアは丁度レーンの距離です。
あの感じからすると、15レーン位しかなかったのでしょうか。
昭和50年には既にボウリング場はなかったと思います。ということは、わずか5年もなかったのでしょうか?

昭和45年にオープンした石山店はマイカーブームの始まった頃なので、最初から駐車場も作られました。
ショッピングだけでなくボウリングもでき、駐車場も備えているというので日曜日は平和堂に向かう車で琵琶湖沿いの湖岸道路が渋滞するほどの賑わいだったということです。

実用品から少し高級なものまで備えた「ジュニアデパート平和堂」
。。。 だそうです。。

大津カントリーはもうなくなったのですか? 知りませんでした。

時代は変わりますね。
2011/01/30(日) 17:00:27 | yume | #/eG2YYas[ 編集]
No title
「ジュニアデパート平和堂」という呼び方は記憶にありません。ボーリング場と屋上にそびえたつボーリングの「ピン」は記憶にありますが。
幼少のころ、平日は母と妹、三人で平和堂へ買い物に行き、レストランでお子様ランチを食べながら「国鉄」の列車を眺めるのが定番でした。
日曜は父の車で家族そろって平和堂へ買い物にいき、私と妹はおもちゃ売り場へ直行、その間両親は食品売り場で鍋材料を買い、終わったら迎えにきて、帰宅後は「笑天」「サザエさん」「子供名作劇場」「大河ドラマ」を見て楽しい一日が終わりました。
中学生くらいになると、自転車で友人たちと平和堂へ行き、「スガキヤ」でダベるのが定番でした。
大人になったら上記のような生活を、自分の妻や子と送るだろうと思ってましたが、40代に入ってもいまだ果たせずですが・・・
全国的に駅前のスーパーマーケットの閉鎖が相次ぐなか、平和堂石山店はいつまでも頑張ってほしいですね。もう10年近く行ってませんが。
2011/01/30(日) 21:25:13 | K2 | #-[ 編集]
No title
yume様、K2様、いつもコメントありがとうございます。生まれるよりずっと前のことなので、いろいろ教えて頂けて助かります。

どこかにも書いたかもしれませんが、一度5階も落ち着いて見てみたいと思います。そのつもりで見れば、なるほど、ボウリング場か、と思えるかもしれません。

屋上にピン、というのは想像ができませんが、鳩のマークの横に並んでいたのでしょうか?

駅前のスーパーマーケットは確かに、郊外の大型店に食われていますね。今、「駅」だったら「駅前」ではなくて「駅ナカ」がはやる時代ですもんね。

11月13日付拙稿「廃線跡」http://contrapunctus.blog103.fc2.com/blog-entry-87.htmlでも書きましたが、同じ年に玉川高島屋SCが開店して、車の列がすごかったといいますから、同じような状態でしょうか。
駐車場が昔からあった、というのが意外です。立ち退きを拒んだ家が残っていて変則的な形をしていて、また駐車場と店の間に公道もあるので、後から無理やり作ったんだと思っていました。私は運転が上手でも好きでもないので、あの駐車場で、整理員さんが指定する場所にパッとうまく駐車できる自信がなくて、車で平和堂石山店に行くことはほとんどありません。食料品だけなら、地元の寺辺や南郷に行ってしまいますね。

「国鉄」の列車を眺める…楽しそうですね。本数は今よりずっと少なかったでしょうけど、その代わり、貨物列車の入替とか積み下ろしとかがあったんでしょうね。

日曜日の夜は、確かに私も『サザエさん』『子供名作劇場』のイメージですね。K2さんの世代だと、ハイジもフランダースの犬も、私たちのような再放送でなく、本放送でご覧になっているんでしょうね。
K2さんの幸せそうな一家の雰囲気が伝わってきます。

あと、大津カントリーはなくなったのではなく、会社更生法を適用されつつも、営業は続けているのだと思います。
2011/01/30(日) 21:52:28 | 喜撰猿丸 | #HdXTMQ3I[ 編集]
たびたび申し訳ありません。
たびたび、思い出話に浸ってるようなコメントで申し訳ありません。

 国鉄の貨物と言えば、今の「みやもとむなし」「でんや」あたりに日通の会社がありました。建物の半分は荷物を扱う場所だったように記憶しています。もしかすると裏側で直接、国鉄の荷物の扱いがあったのかもしれません。

 平和堂石山店の駐車場ですが、もともともっと狭く少しずつ拡大されていきました。その影響で変形になっているのでしょうねえ。
 それと昔は、車を止めると、おじさんが500円の平和堂商品券を売りに来ていました。車を止めるなら500円分買い物してください。。という事だったんでしょうね。
 それと、ボウリングのピンが聳え立っている姿は知りません。。
 昭和53年位までは三井寺の近くに住んでいました、母の実家が千町だったので石山の昔。。は知っていますが詳しくはないんです。
2011/01/30(日) 22:38:15 | yume | #/eG2YYas[ 編集]
日通
そういえばそうでしたね。私が知っているのは、でんやの前が日通だったことですが、みやもとむなしのある建物も、昔は日通だったのでしょうか?今のJRの配線からすると、荷物の直接の受け渡しは考えにくいですが、昔は全然違ったのかもしれません。

500円の商品券は駐車料金として強制的に買わされたのでしょうか?それなら出入口でちゃんと金銭収受した方がよさそうな気がしますが、そもそも、そんなに広い店と駐車場、というものが当時あまりなくて、管理のノウハウもなかったのかもしれませんね。

商品券は、お釣りも出るし、今ならHOPカードポイントもたまるから、ある程度なら、いくらあっても困りませんけどね。
2011/01/30(日) 23:24:27 | 喜撰猿丸 | #HdXTMQ3I[ 編集]
ジュニアデパート
おはようございます。
こちらのコメントでは初めてのN市民です。

平和堂の「ジュニアデパート」の表示ですが、
アルプラザ香里園には駐車場側の入り口に
「ジュニアデパートAL PLAZA」と表示されていました。

今も使ってるみたいですね。この言葉。
2011/01/31(月) 09:59:44 | N市民 | #-[ 編集]
Re: ジュニアデパート
N市民様、いつもお世話になり、ありがとうございます。初コメントありがとうございます。

専門外の記事が意外な大反響???で、驚いております。

> 平和堂の「ジュニアデパート」の表示ですが、
> アルプラザ香里園には駐車場側の入り口に
> 「ジュニアデパートAL PLAZA」と表示されていました。

そうか、香里園にもアルプラがあるんでしたよね。肝心の本家本元の滋賀県内では、多分、そういうことばを前面には出していないのではないかと思います。香里園なんて比較的新しい店舗でも使われているんですね。

〝ジュニアデパート″で検索を掛けたんですが、肝心の定義は分からず、代わりに何ともう私のブログが引っ掛かりました(爆)(かなんわ…恥ずかしい…)
2011/02/01(火) 00:00:17 | 喜撰猿丸 | #-[ 編集]
No title
yume様の書き込みの日通。ありましたね。よく覚えてます。裏で荷物の受け渡しをしていたか否かは覚えていません。
荷物と言えば、宅配便のない時代。大きな荷物は国鉄の小荷物が
頼りでした。石山駅の(もちろんバス乗り場のほう)階段の下、ロッテリアがあったのスペース北隣に国鉄の荷物受け渡し場所がありました。
高知の父の実家から米やらみかんが送られると、石山駅から電話がかかり、父の車で取りにいったものです。そのときばかりは、国鉄バスが時間待ちをするスペースに車を止め、荷物を受け取りました。石山駅の人はすごく偉そうに対応してたけど、誰も愛想がない!なんて文句を言わなかったです。
日通の横には書店のおはよう堂があり、小学生の私はそこで鉄道雑誌の存在を知り、少ない小遣いをはたいて買ったのが試運転するピカピカの117系電車が表紙を飾った鉄道ピクトリアル紙でした。その当時のおはよう堂はまだ自動ドアのない時、三丁目の夕日にでてくるような古びた本屋さんでした。
石山駅付近がアナログだった時代ですね。
2011/02/01(火) 01:25:40 | K2 | #-[ 編集]
昔の石山駅
まず「平和堂」関連。
滋賀ではみなさん「平和堂」と言います。アルプラでも平和堂だと、みなさん理解しています。
でも娘の金沢では「平和堂」と言っても「??」でわからない。
「アルプラザ」なんです。平和堂でなく「アルプラザ」
なるほど北陸の店舗は「アルプラザ鹿島」「アルプラザ小松」「アルプラザ富山」と「平和堂」が前面に出てないのです。
もしかすると、大阪、兵庫でも同じなのかもしれません。
「ジュニアデパート」はもはや「死語なのかもしれません。

K2様、昔の石山駅の様子ありがとうございます。
いまや、その「おはよう堂」もその近くの郵便局もなくなり、あのあたりすっかり様子が変わりました。
こちらのコメントにも書きましたが昭和53年までは三井寺の近くに住んでいまして、それ以外は南郷地区にあった母の実家へ行くために年に数度石山駅を利用する程度でした。
うす~い幼い日の記憶に、クリーム色の壁が「コ」の字型になった石山の小さなバス停があります。通勤時間帯だったのでしょう、まるでおしくら饅頭のようにたくさんの人でした。

丁度、石山に平和堂が出来た頃、おはよう堂の前あたりに「ハックルデニィ」というパン屋さんが出来て、当時、自由にトレイにパンを入れるというシステムがなかった時代に斬新でした。
奥で食べる事も出来、またミルクセーキがおいしかったぁ。
おませな私は友達と石山まで行って、ボウリングしてハックルデニィでパンを食べる事を一番の楽しみにしていました。
高校生の頃は、今のマクド前にあったパチンコ屋さんの二階にあった「クィーン」と言う喫茶店で友達とパフェを食べたり、
おはよう堂の先の角のビルに入っていた「サンマルコ」で「ピザ」というものを食べたのが私の初デートだったりと。。。。
石山駅界隈の思い出がどんどん思い浮かんできます。。。
そう考えると、石山駅は随分と変わってしまいました。
ミスドももうありませんものね。

喜撰猿丸さん K2さんありがとうございます。

2011/02/02(水) 10:07:08 | yume | #/eG2YYas[ 編集]
No title
yume様 K2様、盛り上げて下さって、ありがとうございますw

国鉄の「荷物」…。私は「国鉄」自体余りピンとこない世代なんですが、「荷物」に至っては、ウィキペディアとかを見ても、なかなか理解できません。

>その当時のおはよう堂はまだ自動ドアのない時、三丁目の夕日にでてくるような古びた本屋さんでした。

その時代は記憶にないですね。私が知っているのは、みやもとむなしの前にあったあの店ですね。今も昨日一昨日見た店のように、雰囲気を思い出せます。ないなんて今も信じられません。昨年末で唐橋前の本屋さんも長い歴史に幕を閉じ、新聞で取り上げられていましたし、思えば町の本屋さんも徐々になくなってきましたね。

>金沢では「平和堂」と言っても「??」でわからない。
「アルプラザ」なんです。平和堂でなく「アルプラザ」
なるほど北陸の店舗は「アルプラザ鹿島」「アルプラザ小松」「アルプラザ富山」と「平和堂」が前面に出てないのです。
もしかすると、大阪、兵庫でも同じなのかもしれません。

確かに滋賀県内以外では、私が知る限り、大阪府第一号の「真砂店」(茨木市)以外、「平和堂○○店」という店はないですね。アルプラザか、もしくはフレンドマートですね。真砂店は京都を飛び越して飛び地のように大阪に殴り込みをかけた、独特な店ですね。

>いまや、その「おはよう堂」もその近くの郵便局もなくなり、あのあたりすっかり様子が変わりました。

そうでした。郵便局もあの並びだったんですね。古めかしい扉を今もかすかに覚えています。

>丁度、石山に平和堂が出来た頃、おはよう堂の前あたりに「ハックルデニィ」というパン屋さんが出来て、当時、自由にトレイにパンを入れるというシステムがなかった時代に斬新でした。

今のセブンイレブンと、旧京阪石山の間の店でしょうか?多分違うんでしょうね。その当時「ハックルデニィ」なんてものすごいしゃれた名前だったんでしょうね。ハックルベリー・フィンは知ってますが。

>おはよう堂の先の角のビルに入っていた「サンマルコ」で「ピザ」というものを食べたのが私の初デートだったりと。。。。

初デートの話まで出して頂いてしまって恐縮です。「ピザというもの」という感覚だったんですね。まあ確かに、こんなにみんなが普通にピザを食べるようになったのなんて、最近なんでしょうね。

>ミスドももうありませんものね。

ミスド???ああ、今のセブンイレブンの隣辺りでしょうか?何かそんなのがあったかな、という程度にしか覚えていません。あそこに京阪交通社があって、回数券を買ったのを覚えています。
今の、石山駅に上がる階段の下は、ロッテリアだったんですよね。

古い住宅地図は、大津市立図書館や滋賀県立図書館で見ることができるので、またいろいろ調べてみたいと思います。
2011/02/03(木) 00:19:11 | 喜撰猿丸 | #HdXTMQ3I[ 編集]
大津市下坂本の161号線沿いにあったボウリング場は御存知でしょうか?

湖西線が開業した時点(※)では既に廃墟、今は宅地になっています。

※湖西線は1974年7月20日開業
2016/05/09(月) 16:25:27 | 丸山 | #1t1ExJwE[ 編集]
Re: タイトルなし
丸山様、初めまして、コメントありがとうございます。

> 大津市下坂本の161号線沿いにあったボウリング場は御存知でしょうか?

残念ですが、地元の石山の平和堂のボウリング場さえも知らなかったので、生活圏から遠くて、生まれるよりずっと前になくなっている下阪本のボウリング場は全く知りませんでした。
今ネットで検索しても何もヒットしないですね。京都今津線の取材時に、古い住宅地図を結構見ているはずなのですが、気付きませんでした。情報ありがとうございます。

2016/05/09(月) 22:17:55 | 喜撰猿丸 | #HdXTMQ3I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/143-62e1e390
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック