青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。

信夫はこん身の力をふるってハンドルを回した。だが、なんとしてもそれ以上客車の速度は落ちなかった。みるみるカーブが信夫に迫ってくる。再び暴走すれば、転覆は必至だ。次々に急勾配カーブがいくつも待っている。たった今のこの速度なら、自分の体でこの車両をとめることができると、信夫はとっさに判断した。(中略)と、次の瞬間、信夫の手はハンドブレーキから離れ、その体は線路を目がけて飛びおりていた。

三浦綾子『塩狩峠』1973 新潮社 P356



塩狩峠 (新潮文庫)塩狩峠 (新潮文庫)
(1973/05)
三浦 綾子

商品詳細を見る


時間のある時にお金はなく、お金に余裕が出てきたと思ったら時間はなく、高校の頃に読んで、どうしても行きたいと思っていた旭川出身の作家・三浦綾子(1922-1999)の小説『塩狩峠』の舞台、北海道和寒(わっさむ)町の塩狩峠を訪ねることができたのは、10年以上経ったついこないだでした。

今回を含め3回にわたって、夏休み特集???でもないのですが、「塩狩峠」を取り上げますので、宜しければお付き合い下さい。

IMG_1233.jpg

『塩狩峠』は、1909(明治42)年2月28日、この辺りで、連結器が外れて暴走し始めた最後尾の車両を、クリスチャンであった国鉄職員・長野政雄が自分の体を線路上に投げ出して止めた、という悲劇的な事故をモチーフにした、三浦綾子のあまりにも有名な代表作です。

外出があまり好きでない私としては、異例の長距離の旅に出たのは、8月某日でした。
峠のてっぺんにある、塩狩駅で降りたのは私一人。この近くにある『塩狩峠記念館』が目当てでした。

IMG_1232.jpg



去っていく単行列車を見送ると、辺りは本州にはいない種類の、初めて聞くセミの鳴き声だけが響いていました。

DSC_0462.jpg

↓旭川方面を望む

IMG_1234.jpg

↓名寄・稚内方面を望む

IMG_1235.jpg

あとで付近を歩いて、数軒の民家があるらしいことが分かりましたが、鉄道というものが初めて新橋-横浜間に開通してから数十年で、もうこんな所に達していた、ということに驚かされます。但し、塩狩駅自体は1924(大正13)年11月25日に開業します。

IMG_1244.jpg

IMG_1236.jpg

↓駅舎内

IMG_1242.jpg

↓時刻表 
あとで分かるのですが、「秘境駅」というほどのレベルではありません。しかし見ておかないと大変なことになります。②は2番乗り場に停まる、とあります。普通、駅の番線は、駅長室がある側、ない場合は駅事務室や駅舎がある側から数えていくものなので、恐らく降りたのと反対側の乗場が2番乗り場なのだろう、と思いましたが、どこに○番乗り場なんて書いてあるのだろうと思っていたら…

IMG_1240.jpg

↓ありました。

IMG_1259.jpg

↓駅舎側の乗り場にある観光案内板には、なぜか肝心の塩狩峠記念館が書かれていません。桜と違って、一年を通して見学できるのに。

※このページは開館当時そのままの内容のようです。開館時間は2011年8月現在17時までで、入館料金は200円です。

IMG_1245.jpg

北海道を列車で旅していると、秘境駅とまで言わずとも、ほとんど利用者がなく、忘れ去られてしまったような小さな駅がたくさんあり、塩狩駅も、恐らく1日の平均乗降客数は1ケタなのだろうと思われますが、それでも地元・和寒町の方なのでしょうか、花で駅前通り?が飾られています。

IMG_1263.jpg

IMG_1264.jpg

↓どこの観光スポットも、たいてい、駅からの交通が大変だったり、京都でも「○○寺前」と言いながら、そこからが意外に遠いとかいうことが、よくありますが、ここは全国でも珍しい、駅から僅か2、3分という素晴らしいロケーションで記念館が見えてきます。

DSC_0449.jpg

↓2番乗り場からは建物が見えますが、駅から見える、駅舎・駅施設以外の建物は記念館だけです。

DSC_0459.jpg

↓駅から記念館へは、道路を大きく回り込むより、この立て看板に従って、右に写っている階段を上る方が早いです。

IMG_1258.jpg

DSC_0422.jpg

↓階段は、古い枕木でできているようです。

IMG_1251.jpg

↓記念館が見えてきます。

IMG_1255.jpg

もうあとちょっとで記念館ですが、写真が多いのでここで一旦区切ります。記念館に立ち寄る前に、周囲の様子のルポを1回挟み込みます。ご興味のある方はまたお読み下さい。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
続きが楽しみです。
一日乗降客一桁程度の駅舎好きの私にとっては、とても興味ある記事です。特にこの夏は、電車旅が出来ていないので、余計にこの先が楽しみです。
いつか私も北海道鉄道旅をしてみたいと思っています。
2011/08/28(日) 17:24:19 | yume | #/eG2YYas[ 編集]
Re: 続きが楽しみです。
昼寝から目覚めて、パソコンを立ち上げた、絶妙なタイミングでコメントを頂きました。ありがとうございます。
本当に、駅1つ1つを、できたら春夏秋冬それぞれ回ってみたい、と思うほど味のある景色でした。
2011/08/28(日) 17:41:19 | 喜撰猿丸 | #HdXTMQ3I[ 編集]
行ってみたいです。
こんにちは。

わたしもずっと昔にこの本を読んで、宗谷本線の旅を
計画したことがあるのですが、直前になって
キャンセルになって、いまだに滝川から北には行った
ことがありません。

どんなところか楽しみです。
2011/08/28(日) 22:03:02 | なかっちょ | #4RB3NX36[ 編集]
Re: 行ってみたいです。
なかっちょさま いつもありがとうございます。

> わたしもずっと昔にこの本を読んで、宗谷本線の旅を計画したことがあるのですが、直前になってキャンセルになって、いまだに滝川から北には行ったことがありません。

やっぱり『塩狩峠』を読んで、北海道に行こう、塩狩峠が見たい、と思った方がいらっしゃるんですね!
私も、本当はこの先稚内とか、もっと北に行きたかったのですが、どうしても都合があって、逆戻りしたのがちょっと残念です。

ブログの原稿を書くに当たり、『塩狩峠』と『氷点』を読み返しているのですが、平易な文章で、深奥なことを書く三浦綾子のすごさに、改めて驚嘆しています。

> どんなところか楽しみです。

記念館関係の少しハードめの話と、写真を使って周辺の様子を紹介する分と分けて9月初めにあと2回UP予定ですので、宜しくお願いします。
2011/08/28(日) 22:12:24 | 喜撰猿丸 | #HdXTMQ3I[ 編集]
宗谷本線ですね
こんばんは。
「塩狩峠」は未読ですが、いつか読んでみたいな、と思っていました。「氷点」はドラマで見たことがあります。
宗谷本線は12年前、稚内まで行きは夜行急行「利尻」、帰りは急行「礼文」で通りました。
塩狩駅も通過しているはずですが記憶にありません。
沿線の風景は本州と異なり、見ごたえがありましたが、旅の疲れで
寝てしまったのでしょう。
ちなみに行きは「日本海」で函館まで、「北斗」に乗り換え札幌を観光したあと、「利尻」に乗りました。もう、「日本海」で青函トンネルを通ることも、夜行列車で塩狩峠、宗谷本線を通ることもできませんね。
続きを楽しみにしております。
2011/08/29(月) 00:52:16 | K2 | #-[ 編集]
Re: 宗谷本線ですね
> 「塩狩峠」は未読ですが、いつか読んでみたいな、と思っていました。「氷点」はドラマで見たことがあります。

是非お読み下さい。若い時に読むのももちろんいいのですが、ある程度歳を重ねてから読むと、それはそれでまたきっと発見があると思うので、私も楽しく再読しています。

『氷点』について、そのタイトルは、主人公・陽子が、いつも明るく、何があっても希望を抱きながら生きていこうとしているのに、その心さえ遂に凍りつくその瞬間、という意味での「氷点」なのですが、全体に凍りつきそうな緊張感がみなぎっていますね。通俗的、という評価もあり、逆に言えばそれだからこそ映像化しやすくて何度もテレビドラマになったりしているのですが、一見俗な形で人間の心理の奥深さを的確に表現しているという点で、決して通俗的な作品、という一言では終わらないと思います。
『氷点』については、可能なら、旭川の「三浦綾子記念館」を取り上げる際に少し書けたら、と思います。北海道らしい思いがけない出会い???もありましたので。

> 宗谷本線は12年前、稚内まで行きは夜行急行「利尻」、帰りは急行「礼文」で通りました。

うわ~~!いいなあ!私もその時代に行きたかった…。

> ちなみに行きは「日本海」で函館まで、「北斗」に乗り換え札幌を観光したあと、「利尻」に乗りました。もう、「日本海」で青函トンネルを通ることも、夜行列車で塩狩峠、宗谷本線を通ることもできませんね。

日本海はもう青函トンネルを通らなくなっているんですね。知りませんでした。かといって青函連絡船があるわけでもないし、何だか便利になっているのか不便になっているのか分かりませんね。
2011/08/29(月) 22:49:54 | 喜撰猿丸 | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/130-e2d5a063
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック