青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願い申し上げます。

寒いのも暑いのも大嫌いなくせに、昨日外で十分寒い思いをしたし、あまり外にばかり出ていると、家でやらないといけないあまたの家事や作業が全然済まないので、今日は年明け早々からブログの資料整理。古新聞をスキャンしたデータ約1,000枚に内容と日付が分かるようなファイル名をつけるという気の遠くなるような作業。前から少しずつやっているんだけど、名前をつけなければならないファイルが、全然減った気がしない(T_T)私が大学の先生なら、自分のところの研究室の学生にバイトでやらせてそう(爆)。しかし、悲しいかな、しがないただの会社員の私がそんなことできようはずもなく、肩が凝っただ腰が痛いだとブツブツ言いながら作業、作業仕事してるのか休んでるのか分からへん。

お正月やけど、無性ににんにくの利いたトマトソースのパスタが食べたくなって、自分で料理なんかするのは、これまた大嫌いなクセに作ってくれるひとがいぃひんで台所に立つ…上達しないと嘆きながらピアノで指の訓練…それが息抜き。

もうちょっとお正月らしいお正月しぃひんとアカンのかな?

とりあえず、寒くて外に出るのが億劫なうちに、少しでも資料を片づけて、ブログを更新しやすい環境を整え、暖かくて花粉の影響が少なくなったころ合いを見計らって、膳所地区の京阪バス廃線跡や、八日市、今津など中距離路線の取材に出る予定にしております。

改めまして、今年も宜しくお願いしますm(__)m
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
No title
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

いつも喜撰猿丸さんの精力的な資料収集ならびに実地調査行動に大変感心しています。私も見習ってがんばりたいです。

にんにくのきいたトマトソースのパスタ、私も食べたくなりました。ちなみに私はホワイトソースよりもトマト風味など赤色ソースのほうが好きです。スーパーで1人前用パスタソースを買ってきて自分で作ったこと何度かあります。しめじ・ほうれん草・ベーコンとかを入れるとおいしいですよ。
2011/01/04(火) 18:33:34 | N-3899 | #CZ2g33i2[ 編集]
Re: No title
あけましておめでとうございます。こちらこそよろしくお願いします。

> いつも喜撰猿丸さんの精力的な資料収集ならびに実地調査行動に大変感心しています。私も見習ってがんばりたいです。

お恥ずかしい…。私を見習ったら、どっかに迷い込みますよ(爆)。
世の中、ネットだの、デジタル化だの、なんだかんだ言っても、やっぱり最後は紙資料がものを言うし、ネットで検索できることだけでは満足ができなくて、ならば自分で探そう、と思ってやりだした、単純にそれだけのことなんですが、整理が追いつかなくて(汗)。また、書こうと思うと、その何倍も何十倍も読んでいないとダメなんだ、ということや、整理が悪いと、欲しい資料を取り出すのに無駄な時間がかかることを、いつも痛感させられています。

なので、若干、更新の頻度を落とし、またちょうど寒い時期なので、外出を最小限にして、もっと整理に力を入れようと思います。
でないと、今もまとまりがなくて困っているのに、もっと質が落ちてしまう(汗

> にんにくのきいたトマトソースのパスタ、私も食べたくなりました。ちなみに私はホワイトソースよりもトマト風味など赤色ソースのほうが好きです。スーパーで1人前用パスタソースを買ってきて自分で作ったこと何度かあります。しめじ・ほうれん草・ベーコンとかを入れるとおいしいですよ。

私もトマトソースベースが好きですね。ていうかホワイトソースは作るのが面倒臭そうで…。
一時石油の高騰とともに物価が上がって、トマトの水煮缶が1つ138円とかして買う気がなくなったのですが、最近、やっと100円を切る店が見つかって、そこで買い溜めしています。
べとっと重くなりがちで、お店みたいに軽い感じに仕上げるのが難しい、というのが最近の悩みです。
2011/01/04(火) 21:18:32 | 喜撰猿丸 | #HdXTMQ3I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/127-7b080429
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック