青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
前回の続きで朝日ヶ丘循環線の跡を辿ります。

朝日ヶ丘住宅前バス停があったと思われる地点から東に進むと、見通しの悪いカーブと、急な下り坂です。こんなところでひょっこりバスが現れたら、かなりびっくりすると思います。

IMG_2289.jpg

結構きつい坂です。

IMG_2290.jpg

坂を下り切ったと思ったら、また坂です。
今はどうか知りませんが、私が子どもだったン年前は、大津市立南郷小学校の終業式、特に夏休み前は、必ずといっていいほど校長先生が、
「南郷学区は坂の多い学区です」
という前置きをして、坂道で交通事故がないようにしましょう、みたいなあいさつをするのがお決まりなので、確かに葛川(かつらがわ=大津市北端)みたいな山間部は別にして、南郷以外に大津市内にこんなに坂のある学区はないだろうなあ、とずっと思っていたのですが、その認識は、朝日ヶ丘の調査をしたこの日、もろくも崩されました。

IMG_2291.jpg

上の写真のゆるい坂を登ると、奥の方に写っていた滋賀短期大学附属高校が目の前に迫ってきます。2008(平成20)年に共学化されるまでは、「滋賀女子高校」でした。

IMG_2292.jpg

学校の門の前辺りから反対方向を見ると、こんな感じです↓

IMG_2293.jpg

「滋賀女子高前」のバス停があったと思われる地点。住宅地図を確認する限り、学校の門の真ん前ではなく、数十メートル東寄りの民家の前だったようです。

IMG_2295.jpg

名神への取り付け道路との交差点が見えてきました。

IMG_2297.jpg

交差点から、朝日ヶ丘住宅前方面を臨む。

IMG_2298.jpg

名神大津IC寄りから交差点を臨む。道路中央に見える右折レーンから朝日ヶ丘に入るのですが、信号はなく、それなりに交通量があるので、右折は結構大変ではないかな、と思います。因みに、朝日ヶ丘循環線より後に廃止された「名神大津」行きのバスはもちろん、直進しておりました。ついでに名神大津バス停跡も見に行きたかったのですが、大津SAにつながる階段は、扉こそ開いていたものの「係員以外立入禁止」と書かれていたので、諦めました。今は基本的に、歩行者が入る方法がないんですね。

IMG_2299.jpg


◎全体を通じて…
朝日ヶ丘循環線が本領を発揮する、朝日ヶ丘住宅の区間は、名神大津への取り付け道路との分岐点から、国道1号線の音羽台の信号までの約750mと考えられますので、そこを重点的に見たわけですが、バス利用者、沿線住民にとって問題なのは、恐らく大津駅からの距離でありましょう。朝日ヶ丘住宅前バス停があったと考えられる地点までは新しくできた大津駅南口から、約600-700mで、坂道が大変であるものの、歩けなくはありません。バスは松ヶ枝町経由だったので、かなり大回りということになります。バスに乗れば楽なものの、所要時間は徒歩とそれほど変わらないかもしれません。
ただ、歩くと坂道が大変なので、リエッセやポンチョを使って、大津駅南口のロータリーを起点にして循環させれば、まだ需要が掘り起こせそうな気がします。また、新たに開通した山手幹線と結びつけ、鶴の里など、山手の地域を起点にして朝日ヶ丘を通る路線、というのも1つの考え方かもしれませんが、近江鉄道バスもあるし、難しいかな…。個人的には、リエッセやポンチョは路線バスという感じがしないので、しっくりこないんですが(^_^;)

ひとまず、今回で朝日ヶ丘関係の話題はいったん終了します。住民の方、ご出身の方など、朝日ヶ丘循環線のバスについて、何か情報をお持ちの方、想い出のおありの方はお知らせ頂けると幸いです。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
朝日が丘地図
木津川です。

以前京阪バス掲示板に正月明けに貼り付けた朝日ガ丘線の地図ですが、先ほど実家で性格なデータを確認いたしました。
1986年4月昭文社発行 京阪神総合地図です。

PS 比叡平~浜大津線の短縮区間乗りおさめ間に合いません。
江若バスしか乗ってないので断線です。
2011/03/13(日) 17:09:32 | 木津川 | #-[ 編集]
No title
木津川様、情報ありがとうございます。

1986年発行ということは、廃止以後も訂正されていなかったということで、誤植ですね。

大津京-浜大津間はこないだ乗って、撮りました。また掲示板かブログでおいおい取り上げて行きたいと思います。

廃止区間の尾花川も、歴史的なバス停なのに、なくなってしまうのが残念です。(近江は残ります)
2011/03/13(日) 17:26:34 | 喜撰猿丸 | #HdXTMQ3I[ 編集]
66号経路
結局、我慢できず火曜日に京都方面に業務を無理矢理作り、浜大津発15:03に大津京まで乗車してしまいました。B-1209 私一人でした。 車内の雰囲気違うなと思ったら、山科の車だったんですね。
2011/03/18(金) 15:25:53 | 木津川 | #-[ 編集]
No title
木津川様 いつもありがとうございます。
大津比叡平線は、1993年の大津営業所移転以降ずっと山科管轄です。大津管轄だった時は、国道市民病院始発もありましたね。
2011/03/19(土) 11:54:54 | 喜撰猿丸 | #HdXTMQ3I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/107-66091d28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック