青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
(今日は交通関係の話題はありません。ご興味がない方は申し訳ありませんが、次回以降の記事をお待ち下さい)

あまりテレビを見ず、見ても録画なのでCMは全部飛ばしてしまう私ですが、最近釘づけになったCMがこれ↓



妻夫木聡、仕事とはいえ、こんなすごいところに行けていいなあ!モロッコなのだそうです。首都・ラバトより圧倒的に有名な観光都市・カサブランカ、最近知名度が上がっているマラケシュやフェズといった、都市部とは思えない砂漠地帯です。

この「影」役の女のひと、怖いですねw
ただ、神出鬼没で不可解な存在であるにもかかわらず、字幕なしで何を言っているのかほとんど分かるくらいゆっくり、はっきりした英語です。

影)    "What are you doing here?"
妻夫木) 「僕は…」
影)    "Trying to capture the light, were you?"
妻夫木) 「どうして分かったんですか?」

何回か見ると、分かるなら聞くなよ、影!って突っ込んでしまいますが、最初に見た時は歌と画像の美しさに圧倒されて、ぽかんとしていてそんな余裕はありません。

そう、BGMのカッコいいこと!ネットが普及していない頃は考えもしなかったことですが、最近はこういう時に、必ず何のCMか控えて、すぐネットで検索するようにしています。

ブラームスの「7つの歌 Op 62 第1番 ロスマリン」だと分かりました。



ブラームスはクラシックの中では時代が新しすぎて、交響曲とか私が苦手なジャンルの曲のイメージが強く、昔「ミキハウス」のCMで使われていた「ハイドンの主題による変奏曲」以外、ほとんどまともに聞いたことがなく、歌曲のイメージがなかったので驚きました。しかし、実は300以上の歌曲を残しているそうです。

同じシリーズの、やはりキャノンで妻夫木聡が出演する、「モルダウ」が流れるCMがありますが、知らないひとがほとんどいないであろう超有名曲の「モルダウ」と違い、こちらはほとんど無名の曲なので、よく見出されたものだなと感心します。

ブラームスはドイツ人なので、もともとの歌詞はドイツ語、このCMでももちろん、ドイツ語で歌われているのですが、どうにかして意味が知りたい。しかし、いかんせん無名の曲なので、苦労しました。やっとドイツ語のもともとの歌詞を見つけましたが、IchとかFrauとか、僅かに微かに知っている単語の断片では1割も意味が分からないので、仕方なくその英訳を見つけ、それを訳してみることにしました。やっぱり何を言っているのか知りたいじゃないですか!

最初にお断りしますが、私は英文科の出身でも何でもありませんので、正確さは期待しないで下さい。歌詞は、ドイツ版WikipediaのRosmarinによります。

§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§

At morning's prime went forth a maid,
and in her father's garden stray'd.
She sought for roses white and red,
and meant of them to gather
a garland fair to view.


或る朝、娘は外に出て、
父の庭に迷い込んだ
娘は白と赤の薔薇を探した。
集めて、見目麗しき冠にするために

It was to be her bridal day:
"Oh love, I'll hold thee dear alway.
I'll pluck ye roses, white and red,
that with ye I may bind me
a garland fair to view."


それは娘の結婚式となるはずの日だった。
「ああ、愛する人よ、私はいつの日も、愛するあなたをかき抱こう
私は、あなたのために白と、赤の薔薇を摘もう、
自分を、その薔薇であなたと結びつけるであろう、
見目麗しき冠」

But stead of roses she could see
no flow'r that bloom'd but Rosemary:
"And art thou gone, my only love!
No roses more I'll gather,
no garland fair to view."


しかし、娘は薔薇の代わりに
ローズマリーの花しか見つけられなかった。
「あなたは行ってしまった、私がただ一人愛するあなた。
私が集められる薔薇はもうない。
見目麗しき冠は、もうない」

The maiden sought till close of day,
and made her wreath of Rosemary:
"If thou art dead, my only love!
I'll sleep beneath the linden,
now life and love adieu"


娘は一日が終わるまで探し続けた。
そして、ローズマリーの花輪を作った。
「もしあなたが、ただ一人愛するあなたが死んでしまっているなら、
私はシナノキの下で眠るだろう。
命と愛よ、さらば」

§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§

要するに、愛する人のために冠を作ろうとしてバラを探したけれども、なかったからロスマリン(英語ではローズマリー シソ科の香辛料としても使われる植物)で冠を作った、ということです。ネットで調べると、サイトさんによっては、更にこれをその愛する男性の墓に手向けたのだ、としているところもあるようです。

パラグラフ3の〝ye"は、〝you"の文語的な表現で、日本語でいうと「汝ら」と複数形になるものなのですが、なぜここが複数形なのかがよく分かりません。突然複数になるのが腑に落ちないので、私は普通にあなたと訳してしまいましたが、全くの誤訳だということでしたら、お知らせ下さい。

パラグラフ1の"maid"を見て、いわゆるメイド、お手伝いさんの悲しい話なのか、と思われた方がいるかもしれませんが、これも古語で、「未婚の女性」を表します。日本語なら「娘」とか、もっと強調したいなら「乙女」などといった単語がふさわしいことでしょう。

他にも、芸術、という意味ではなく、"are"の古い形で、詳しい辞書にしか載っていない〝art"や、現在は「引き抜く」「むしる」という意味で使うことが多い"plunk"という単語が、辞書で〈文語〉として注釈が載っている「(花を)摘む」が正に意味的にぴったりだったり、やはり荘厳な雰囲気を出すために、英訳もそれなりの単語が使われています。

日本語訳も古語にしようと思いましたが、「我、汝が為に薔薇を摘まんとす」とか仰々しいし、自信もないのでやめました。

先ほども書きましたが、本当によくこの曲が見出されたものです。CM製作者はどうやってこの曲を発見したのでしょう?これからも美しい曲と画像で私たちを圧倒してほしいです。その前に、キャノンの製品をぜひご購入下さい、と言われそうですが。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
音楽の話題もいいですね
ご無沙汰しています。私もテレビをあまり見ないので、このCMは初めて知りました。合唱なんですね、とてもいい曲だなあと聴いておりました。
CMも、「影」が出てきた後は、見てるこちらも写真の影の部分を思わず意識して見てしまうくらいに引き込まれる作品ですね。

久々の音楽の話題楽しませていただきました。バスの話題の間にまた楽しみにしています。
2014/05/30(金) 00:44:06 | れお | #pamUQ3n2[ 編集]
はじめまして
Rosmarinの記事を探してここまでたどり着きました。
合唱ファンには有名な曲ですよ。私の合唱団で今年取り組もうとしていた矢先にこのCMです、グッドタイミングです(私はこの曲やるのは今年で4回目です)。ちなみに、詩は「子どもの不思議な角笛」からですね。ドイツ語が言語です。
なかなかステキな曲でしょ?このステキなブログにもピッタリですね。
またお邪魔させていただきます。
2014/05/31(土) 00:26:57 | コロンビーヌ | #qbIq4rIg[ 編集]
Re: 音楽の話題もいいですね
れお様、お久しぶりです。
CMやテレビ番組のBGMでは時々すごい音楽を使っていますね。ネットが普及していない頃に聞いて、会社名や商品名、番組名を控えておかなかったため、検索のしようがなく、困っている曲がいくつかあります。
ヒントがわずかながらあったため、どうにか調べて10年、20年以上ぶりでやっと見つけたのは、サントリーの「天の使いは来たり(誕生の歌)」、ミキハウスの「リンゴの木にかくれんぼ」…などですね。

> 久々の音楽の話題楽しませていただきました。バスの話題の間にまた楽しみにしています。

ありがとうございます。
どうも今までのアクセス数や「拍手」、「コメント」の数の傾向を見ると、専門の話よりそうでない音楽などの話の方がウケているみたいですね(爆)。特に変わった切り口で書いているつもりではないんですが、有難いことです。
音楽、美術関係は、専門用語が必要な場合にちゃんと調べないといけないなど、準備に時間がかかることや、時間が経つと印象が薄くなってしまって、書くタイミングを失するようなことがあるのですが、せっかくの大事な素材なので、これからもいろんなことに目と耳を研ぎ澄ましたいと思います。
2014/05/31(土) 19:42:13 | 喜撰猿丸 | #HdXTMQ3I[ 編集]
Re: はじめまして
コロンビーヌ様、初めまして、コメントありがとうございました。
合唱ファンには有名だったんですね。私は無学で失礼いたしました。

> なかなかステキな曲でしょ?このステキなブログにもピッタリですね。

ステキなブログだなんて、恥ずかしいです。ありがとうございます。また今後とも宜しくお願い致します。
2014/05/31(土) 20:11:33 | 喜撰猿丸 | #HdXTMQ3I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://contrapunctus.blog103.fc2.com/tb.php/1000-52e8987a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック