青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
先日、 はぐれダイバー旅情編  様より頂いたコメントを踏まえ、三条京阪付近を再び歩いてみました。

通りかかっても夜で、それも地下鉄、バス、京阪電車相互を大急ぎで乗り換えるだけなので、こんなにすっきりしてしまっていることに全然気づきませんでした。

IMG_1061_20161019234139883.jpg

↓西から望むと正面に、"THE KYOTO RESIDENCE MANSION SALON"が
[三条京阪 【京津国道線20-追記】]の続きを読む
スポンサーサイト
前回の記事の末尾の「誰のための本だと書かれているでしょうか?」の答えですが、

Hyperion Books for Children and Pigeons

とあることから、「子どもとハトのための本」です。ことさら強調せず、さらっと大真面目に奥付に書くのが憎いです。


さて、京津国道線の記事が続く中挿入になりますが、10月15日から11月13日までの土日祝日に、大津商工会議所が運営主体となって江若交通に委託する形で、「湖都古都・おおつ ぐるりんバス」が走ります。

IMG_1046.jpg

大津市内にはコミュニティバスが走った履歴がありません。
ただでさえ「タクシーで行くには近い、歩くには遠い」という中途半端な位置にある駅や施設が多いのに、石山駅以北を中心に、京阪電車やJRと並走している、ということでバス路線の廃止や減便が相次ぎ、これから一体どうなっていくのか、不透明な情勢です。
このバスのルートが十分とは思いませんが、今後の公共交通と、大津市中心部の活性化の在り方を考える試金石となりそうです。

IMG_1017.jpg

[島ノ関【その他の大津市内廃止路線1-1・湖都古都・おおつ ぐるりんバス1】]の続きを読む
大津市立図書館で、こんな本を見つけました。

"Don't Let the Pigeon Drive the Bus" 直訳すると、「ハトにバスを運転させないで」ですが、日本語タイトルは、なるべく短くすっきりさせるために、「バスを」を略して、「ハトにうんてんさせないで」となっています。

Don\'t Let the Pigeon Drive the BusDon\'t Let the Pigeon Drive the Bus
(2004/07/05)
Mo Willems

商品詳細を見る


ハトにうんてんさせないで。 (にいるぶっくす)ハトにうんてんさせないで。 (にいるぶっくす)
(2005/09)
モー ウィレムズ

商品詳細を見る


なぜハトなのか、そして彼は(日本語訳のしゃべり方からして恐らくオス)何故にそれほどバスが運転したいのかは一切語られないまま、とにかく彼の、バスが運転してみたいという熱い思いが語られ続けるシュールな絵本です。

↓かなりの意訳だな…
[Don't Let the Pigeon Drive the Bus~ハトにうんてんさせないで]の続きを読む
今回は、T.F.様撮影の三条京阪付近の京津国道線の懐かしい写真をお届けします。

↓雨の三条京阪。車両はB-1620 滋22か1175 1986(昭和61)年式P-MP618M

滋22か1175

今の南郷や石山団地の日中の利用者数に匹敵するくらいの乗車があったようです。もちろん、人口密度が下がる四ノ宮や追分から東でもこの状態かどうかは分かりませんが。

↓A-1663 滋22か1246 1987(昭和62)年式P-MP218M 1つ上のB-1620と並び、当時最新鋭のエアロスターKです。
[三条京阪 【京津国道線20-3】]の続きを読む
前回に続き、三条京阪です。

↓京阪バス三条案内所。

IMG_5656.jpg

今、どれほどの機能が残っているのかよく分かりませんが、比叡平線の車両がしばしば前に停まっています。

京都市内中心部にリムジンバスが延長されたため、最近はリムジン用の車両も停まっていることがあります。リムジンは恐らく田辺の管轄で、「ここで待機しておけ」と言われたものの延長されたばかりの頃はどうやって入ったらいいのか分からなかったのか、醍醐に向かう山科の京阪バスの運転手に入り方を教えてもらっているらしい場面を見たこともあります。
[三条京阪 【京津国道線20-2】]の続きを読む
三条京阪 さんじょうけいはん
所在地;京都市東山区五軒町
開設年月日:1928(昭和3)年3月14日設置、同26日営業開始
改称年月日:1981(昭和56)年1月17日「京阪三条」→「三条京阪」 
付近:京阪三条駅 京都市営地下鉄東西線三条京阪駅 京阪バス三条案内所 三条大橋 京都三条大橋郵便局 檀王(だんのう)法林寺 だん王保育園 三条市営住宅 京都市教委体育健康教育室(旧京都市立有済(ゆうさい)小学校)
キロ程:東山三条から0.5キロ


京都比叡平線としての三条京阪バス停については、三条京阪【京都比叡平線開通30周年記念特集24】をご覧下さい。

三条京阪は言わずと知れた京都市内屈指のバスターミナルです。現在は市バスこそ、ここで折り返している定期路線はありません(書類上、旅客案内上起終点となっていても、連続して運転するため実質循環のようになっている)が、それでも発着する路線の系統数やターミナルの規模は京都駅に次ぐものでしょう。

しかし、そもそも京阪電車の終点であることから、最初にターミナル化させたのは京阪バスでした。

↓1952(昭和27)年1月25日付京都新聞市民版

S27.1.25KC 三条京阪にBTb2

京津線の京津三条駅が京阪線の駅と統合されてできた空き地をバスターミナルにする、ということで、記事にもある通り「もっぱら京阪バス専用」ということです。

何とこの当時もう既に「鴨東線」が企画されていたのですね!
[三条京阪 【京津国道線20-1】]の続きを読む