青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
東山三条 ひがしやまさんじょう
所在地:(比叡平方面)京都市左京区南門前町
    (三条京阪方面)京都市東山区三町目
    (山科方面)京都市東山区大井手町
    (旧山科方面、比叡平方面?)京都市東山区七軒町
開設年月日:不明      
付近:地下鉄東西線東山駅 京都中央信用金庫東山支店 滋賀銀行東山支店 三条市営住宅 京都文教高等学校 京都市粟田地域包括支援センター 要法寺 大将軍神社 城安寺 蓮沢寺 京都市三条保育所 満足稲荷神社 京都知恩院前郵便局 (現在ないもの)京阪京津線東山三条駅
キロ程:神宮道から0.4キロ


西行きのバス停の現行位置と旧位置については京都比叡平線としての東山三条の項に書きましたので、ご興味がおありの方はそちらをご覧下さい。

東行きは、1973(昭和48)年頃から、長らく現在地にあるようで、それは京都比叡平線としての東山三条の項でも書きました。

IMG_4363_20120213165612.jpg

↓そちらの方ではUPしていない、西向きの全景写真。
[東山三条 【京津国道線19】]の続きを読む
スポンサーサイト
神宮道 じんぐうみち
所在地:(四条大宮・京都駅方面)京都市東山区西町 (浜大津方面)京都市東山区夷町
開設年月日:不明
付近:並河靖之七宝記念館 阿含宗関西総本部 平安神宮 京都滋賀県人会館 東山消防分団粟田器具庫(旧京都市立白川小学校) 青蓮院門跡 (現在ないもの)京阪岡崎テニスコート
キロ程:三条広道から0.2キロ


神宮道は、「平安神宮に続く道」という意味で、「応天門通」とも呼ばれました。もともとは粟田口門前の細道に過ぎませんでしたが、1894(明治27)年に平安神宮ができた時に、東側を広げて、今のような広い通りになりました(『京都市の地名 日本歴史地名体系27』P311)。

IMG_4408_20120213171951.jpg



交差点から平安神宮方面を望むとこのような感じです↓

IMG_8259.jpg

行楽シーズンは平安神宮や京都市動物園、美術館方面と知恩院方面、或いは地下鉄東山駅とを行き来する人波が途絶えません。

[神宮道【京津国道線18】]の続きを読む
三条広道 さんじょうひろみち
所在地:(三条京阪方面)京都市東山区中之町 (浜大津方面)京都市東山区東町
開設年月日:不明
付近:三条広道郵便局 東山消防団粟田器具分庫(旧京都市立白川小学校 旧京都市立粟田小学校) 定信院
キロ程:蹴上から0.4キロ




この「三条広道」というのがまたよく分からない停留所名ですが、いろいろなサイトさんで調べてみた結果を総合すると、「岡崎通」の旧称が「広道」で、「三条通」と「広道」が交差するところだから「三条広道」だということのようです。

京都に長年住んでいるひとでないと、なかなかピンときにくい地名かもしれません。粟田口などと呼ぶ方が分かってもらいやすそうな位置です。

↓広道?とは見えない岡崎通の南側(上)と北側(下)

IMG_5852_20150131195247e28.jpg

IMG_5861_20150131195245ec2.jpg

特に南側が狭いですが、でも、こういうところに本当に昔ながらの京都らしい生活が息づいているのかもしれません。

↓北の角にある道標
[三条広道 【京津国道線17】]の続きを読む
↓こうして撮影すると、どこの田舎かと思いますが…

DSC_1126.jpg

↓蹴上なのです。

DSC_1127.jpg

蹴上船溜まりの近くなのですが、どうも、ねじりまんぽを経て南禅寺に向かう途中にある「何有荘」(かいうそう)の一番端の建物のようです。
[蹴上【京津国道線16-6】]の続きを読む
IMG_9347.jpg

蹴上船溜まりまで上がってきました。

IMG_9336.jpg
[蹴上【京津国道線16-5】]の続きを読む
蹴上を語るのに、「インクライン」は決して外せません。

最近、観光船を通すという計画で、俄(にわ)かに脚光を浴びている琵琶湖疏水ですが、インクラインは、疏水の中でも標高差が大きい、蹴上船溜まりと南禅寺船溜まり(南禅寺前交差点・琵琶湖疏水記念館前)までの間を、船で通過できるようにするために設けられた傾斜鉄道です。

1891(明治24)年から1953(昭和28)年まで使われて、廃止されたのちも長く線路が残っていましたが、1973(昭和48)年に一旦撤去されます。現在ある線路や台車は1977(昭和52)年に、産業遺産として復元されたものです↓

IMG_7455.jpg

IMG_7445_20150506115443c68.jpg

↓いつの頃からか、舟の上には日本酒の樽や米俵、炭俵が載っています。
[蹴上 【京津国道線16-4】]の続きを読む
蹴上と言えば京都では桜の名所としても有名です。

00001386.jpg

00001387.jpg

インクラインの堤防に植えられていて、京津線が走っていた当時は、京阪電鉄沿線でも屈指の撮影スポットでした。

今も、ネットで検索すると、桜と京津線の懐かしい写真がたくさんヒットします。
残念ながら桜の季節ではありませんが、いつも貴重な写真を提供して下さるまんたろう様が京津線があった時代に撮影された貴重な写真がありますので、UPしたいと思います。

↓九条山から下りてくる80型普通。将軍塚の入口が見えるところでだいたいの位置がお分かり頂けるかと思います。
[蹴上 【京津国道線16-3】]の続きを読む
蹴上は「京の七口」の1つ、「粟田口」に相当します。吉田金彦は、
「京都の田(吉田、丸太などのタ)に出合うからアハタ(逢田)、その入口だからアワタグチ(粟田口)という名がついた」(『京都の地名を歩く』P116)
としています。

地下鉄の駅としては、恐らく全国的にもちょっと珍しいくらい、地上に上がっても何もないという印象の駅です。「ない」というと変なのですが、ホテルとか浄水場とか、ドーンとだだっ広い大きい建物ばかりで、コンビニ1軒すらなく、東の方はすぐに日ノ岡の峠なので、そういう印象になるのだと思います。民家もパッと見る限りほとんどありません。それもそのはずで、ここは風致地区に指定されているのです。

それでも東の方に歩くと、意外なほど山の方まで住宅地がありますが、数にすれば知れていて、団地や住宅街の真ん中にある、同じ東西線の石田や小野より乗降客が多いというのが不思議です。恐らく東山中・高の生徒や都ホテル↓の従業員が多いのと、春秋の行楽シーズンに、普段の静けさからは信じられないほどの観光客が集まるのとで、平均乗降客数を押し上げているのだと思われます。

IMG_3031.jpg

前回は、肝心のバス停について何も書けていませんでした。
[蹴上 【京津国道線16-2】]の続きを読む