青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
浜大津 はまおおつ
所在地:大津市浜大津一丁目
開設年月日:不明
付近:京阪浜大津駅 京阪大津ビル 浜大津港 明日都浜大津 スカイプラザ浜大津 NTT西日本滋賀支店(旧日本電信電話公社大津電話局) 旧大津公会堂 浜大津郵便局 


今回から本格的に京津国道線の旅を始めたいと思います。

↓まず超一級の資料 T.F.様が1979(昭和54)年7月1日に撮影された浜大津の時刻表です。

54-7-1.jpg

ご覧下さい!信じられますか?朝の6時台から夜の8時過ぎまで、京阪京津線があるにもかかわらず、概ね1時間に3回もバスが走っていたのです。
基本的に1回が三条京阪止まり、1回が京都駅行、1回が四条大宮行という構成です。これで帰りがまたうまくバランスよく三条京阪以東で20分間隔にまとまるのでしょうか?

これだけの本数を、今とさして変わらない50台前後しか所属していない大津営業所だけで回していたのです。
私が知る限り、大津営業所が移転する1993(平成5)年6月19日まで、京津国道線はずっと大津単独の管轄のはずです。少なくともこの時代は大津の管轄です。
南郷中学校系統がなく、石山団地が1時間に3回が基本のはずですが、その代わり国道や湖岸が今よりずっと多かったはずなので、どう車両をやりくりしていたのか不思議です。

ここからは同じくT.F.様撮影の懐かしい車両写真を数枚。懐かしいと言っても私は全く記憶にない車両です。

↓滋22か105 B-1200 昭和46年式MR470 四条大宮行です。
[浜大津 【京津国道線1】]の続きを読む
スポンサーサイト
春はバスに乗って、という見出しは、大津市にゆかりの深い横光利一(よこみつりいち 1898-1947)の代表的な短編『春は馬車に乗って』をもじっているのでしょうか。

1956(昭和31)年3月22日付読売新聞滋賀版↓

S31.3.22Y 路線長距離化競争b

写真は浜大津付近だそうですが、中央にうっすらボンネットバスらしい姿が写っているだけで、よく分かりません。

記事中で「京都-大津」がバス路線の長距離化の例として名前が挙がっていますが、京津国道線のみならず、全体的に戦後10年余りにして既に「バスブーム」。

しかし、京津国道線のバスは、この時点で戦後の運行再開からまだ10年程しか経っていないのです。

70年前の今日、1946(昭和21)年2月22日は、滋賀県の要請を受けて日祝日のみ京津国道線が運行を再開した日です。また、今年は大津市内総合線の唐崎、坂本方面と共に京津国道線の東半分が廃止されてから10年目の年でもあります。

この節目の年に、ブログを初めてから6年経って漸く、京阪バスの基軸路線の1つと言える京津国道線を取り上げることができました。

基軸、などというと、特に東半分が1日数本の免許維持路線となってからの時代しかご存じない方は私が間違ったことを書いているようにしか思われないかもしれません。しかし、京津国道線は、京阪バス草創期の屋台骨であり、戦時の運行休止を経て戦後運行が再開されてからは、京滋の地域のみならず、会社としての京阪バスそのものの復興を支えた、京阪バスの歴史上間違いなく最も重要な路線の1つです。

簡単に履歴をまとめました。

1928(昭和3)年1月27日 京津自動車株式会社創立発起人 風間八左衛門に京都市三条大橋東詰より東海道筋を経由して大津市御蔵町に至る区間11.4km乗合自動車営業免許

      同年3月14日      三条大橋、浜大津を含む16か所に停留所設置
         3月26日      営業開始
1933(昭和8)年9月29日      国道2号線(現 国道1号線)開通のため路線載せ替え免許
         10月8日      新国道での営業開始
                     (薬専前、五条別、安祥寺川、山科、毘沙門道、四ノ宮、運動場前、追分の各停留所設置)
1934(昭和9)年2月22日      朝日ヶ丘停留所設置認可
1940(昭和15)年5月17日     八新前停留所設置認可
1943(昭和18)年12月25日     営業休止
1946(昭和21)年2月22日     日曜祝日に限り営業再開
          4月5日      毎日営業開始
1947(昭和22)年12月28日     トレーラーバス導入
1952(昭和27)年2月15日     京阪三条‐石山寺系統運行開始
1959(昭和34)年6月3日      京津線、京津国道線相互選択乗車制度導入
1969(昭和44)年12月25日     京津国道線全系統ワンマンカー化
1970(昭和45)年1月16日     京津間プール制廃止
1981(昭和56)年1月17日     バス停名「京阪三条」を「三条京阪」に改称
1993(平成5)年6月20日      大津営業所移転に伴うダイヤ改正で、京津国道線を山科営業所に移管
                    ※恐らく社内での正式な路線呼称もこの時に「山科大津線」「四条山科醍醐線」と変更されて
                     いるものと思われる。
2006(平成18)年7月1日      京津国道線(山科大津線46号経路)廃止 (最終運行日は6月30日)



開通の時から数えると、今年は87年目に当たります。朧げにでもこの時のことを記憶している方は95歳以上くらいでしょうか?

浜大津側の東半分が廃止される時までだけ考えても、2006(平成18)年に至る実に78年という長い年月にわたって運行された路線で、経路、バス停の変化も大きく、不明なことも多々ありますので、ここでは、浜大津から四条大宮又は京都駅(河原町通経由)まで通し運行していた時代に主眼を置き、1993(平成5)年6月19日、大津営業所の管轄で通し運行を行っていた最終日時点で停車していた停留所を取り上げることを基本とします。

従って、以下の各点ご了承願います。

[復興の槌音---京津国道線 戦後運行再開70周年]の続きを読む
浜大津 はまおおつ
所在地:大津市浜大津一丁目
開設年月日:不明
付近:京阪浜大津駅 京阪大津ビル 浜大津港 明日都浜大津 スカイプラザ浜大津 NTT西日本滋賀支店(旧日本電信電話公社大津電話局) 旧大津公会堂 浜大津郵便局
キロ程:三保ヶ崎から0.5キロ




「長らくのご乗車」お疲れ様でした。
途中、近江木戸からびわ湖バレイ口の間で大きな中断を挟んでしまいましたが、近江今津から52.8キロ、浜大津に着きました。
つい、浜大津まで来たし、やれやれ終点だ、と私自身も思いそうになりますし、実際区間運転もあったのだと思いますが、「京都今津線」なので、これからまだ京都に向かわなければなりません。

間もなく、京津国道線が1946(昭和21)年2月22日に終戦後の運行を再開してから70年目です。更に、今年7月は、同線の東半分、46号経路浜大津-山科駅系統が廃止されてからちょうど10年目という節目の年でもあります。

そこで京都今津線のシリーズはこのまま、節目の年を迎える京津国道線に継続させます。長い旅ですが、お付き合いのほど宜しくお願い致します。

↓江若鉄道廃止申請書類中の図面

IMG_3885.jpg

南の、京都方面が上になっているので分かりにくいですが、浜大津港から見ている格好です。現在、バスターミナルや「スカイプラザ浜大津」があるところは、江若鉄道の駅舎や敷地でした。
[浜大津 【京都今津線73】]の続きを読む
三保ヶ崎だけで3本立てになるとは思いませんでした。土地勘がなくて、道路のつながり方も満足に分かっていなくて、「取材」し終わった!と思っても後で新たに分かることも多く、結局3回も「取材」し直さざるを得なくなり、苦労しました。

↓漸く浜大津方面のバス停にやってきました。

ssIMG_3683.jpg



2008(平成20)年版の住宅地図までは、青く示した、10数mばかり競艇場前寄りにポールがあったように描かれています↓
[三保ヶ崎【京都今津線72-3】]の続きを読む
前回に引き続き、三保ヶ崎です。

ssIMG_3675.jpg

現在、堅田・近江今津方面のバス停に停車する、京阪バスの定期路線バスは1本もありませんが、比較的最近(2011年3月18日)まで、大津比叡平線が停車していました。

↓山科営業所管轄だったため、地下鉄連絡券に関する説明が貼り付けられています。

ssIMG_3773.jpg

↓橋としては珍しくカーブしている尾花川橋を渡って行きます。
[三保ヶ崎【京都今津線72-2】]の続きを読む
三保ヶ崎 みほがさき
所在地:(堅田・近江今津方面)大津市浜大津四丁目
    (浜大津方面、大津市内総合線市役所前・滋賀里方面)大津市浜大津三丁目
開設年月日:不明
付近:京阪三井寺駅 大津観音寺郵便局
キロ程:競艇場前から0.5キロ、浜大津から0.4キロ
※京阪バスでは1964(昭和39)年時点でも、現在でも浜大津から0.5キロとして扱われている


三保が崎は、唐崎 【京都今津線64-1】の項でもふれたように「枕草子」の中で「崎は唐崎、三保が崎」と言われるような景勝地でした。その割に『角川日本地名大辞典 25滋賀県』の記述は貧しくて、「昭和32年~40年の大津市の町名。中保町地先の琵琶湖岸を埋め立てて成立した町」と書かれているだけです(P672)。
町名だと思っていたら、もう疾(とう)の昔に正式な行政地名ではなくなっているのですね。

尚、その三保ヶ崎は、浜大津と競艇場の中間、「観音寺」交差点から湖側です。



あまり意識しませんが、地図を見れば実はちゃんと岬状の地形になっているのがお分かり頂けるかと思います。

新三保ヶ崎橋からの眺めなので、狭義の、岬としての「三保ヶ崎」は左手に見えている半島ということになります↓

IMG_3800_20140809100052a22.jpg

左手に写っている古い建物は、大正元年築、何と京大が旧制三高だった時代からある艇庫です。

↓逆にこちらの写真は、競輪場側の尾花川橋からの眺めです。
[三保ヶ崎【京都今津線72-1】]の続きを読む
前回は、堅田方面が中心でした。今回は、浜大津方面と競艇場無料送迎バスバスターミナルを取り上げます。

↓競艇場の南端にある「競艇場前」交差点の南北に歩道橋がありますが、これは北の歩道橋から、浜大津方面を眺めています。

IMG_4815_2014092720595481c.jpg

浜大津方面のバスは、ここで右折しています。

↓南側の歩道橋は、無料送迎バスのターミナルに通じているのですが、そこから南を見ると、三保ヶ崎からやってきたバスを見ることもできます。
[競艇場前/尾花川【京都今津線71-2】]の続きを読む