青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
競艇場前 きょうていじょうまえ
所在地:(北行き)大津市尾花川 (南行き)大津市観音寺
開設年月日:不明
廃止年月日:(京阪バスとして)2011(平成23)年3月19日
付近:びわこ競艇場 尾花川警察官舎 尾花川公園 好和会みつばち保育園
キロ程:紅葉館前から0.5キロ




浜大津まであと少しです。競艇場が左に見えてきます。競艇場北の歩道橋から南向きに撮影しています↓

IMG_5710.jpg

↓江若の競艇場送迎バスは北側の出入り口から発着するようで、この日はワンロマ車が停まっていました。
[競艇場前/尾花川【京都今津線71-1】]の続きを読む
スポンサーサイト
ホテル紅葉館 ほてるこうようかん
所在地:(堅田・近江今津方面)大津市皇子が丘三丁目 (浜大津方面)大津市茶が崎
開設年月日:不明
廃止年月日:(京阪バスとして)1985-1986年頃?
付近:(現在ないもの)ホテル紅葉本館 木下美術館
キロ程:柳ケ崎から0.8キロ(紅葉パラダイス前からの京阪バスとしてのキロ程は不明)


現在のバス停名は「茶が崎」ですが、京阪バス「ホテル紅葉館」江若交通「ホテル紅葉前」を名乗っていましたので、ここでは京阪バス「ホテル紅葉館」として扱います。

なお、「茶が崎」は、もともと不動川が琵琶湖に注ぐ三角州地帯の突き出た地形を「茶が崎」と呼んだことによる地名だそうです(『角川日本地名大辞典 25 滋賀県』P468)が、それがなぜ「茶」なのかまではよく分かりません。



町名としての茶が崎は南北に随分長くて、そのかなりの部分が、紅葉パラダイス、ホテル紅葉関係の施設で占められていました。

1回目に行った2011(平成23)年5月27日時点では、まだホテル紅葉関係の建物が残っていて、浜大津方面のバス停の背景となっていました↓

IMG_5715.jpg
[ホテル紅葉館【京都今津線70】]の続きを読む
紅葉パラダイス前 こうようぱらだいすまえ
所在地:(堅田・近江今津方面)大津市松山町 (浜大津方面)大津市茶が崎
開設年月日:不明
廃止年月日:(京阪バスとして)1995(平成7)年8月27日
付近:イオンモール西大津 (現在ないもの)紅葉パラダイス
キロ程:不明




江若交通浜大津線では、「ジャスコシティ西大津」を名乗っていました(現在は後述の通り「イオン西大津前」に変更済み)↓

IMG_5718_20140807161407845.jpg

しかし、浜大津方面のバス停には何とこんな古い掲示が残っていました↓

[紅葉パラダイス前【京都今津線69】]の続きを読む
柳ケ崎 やながさき
所在地:(浜大津方面)大津市柳が崎 (堅田方面)大津市松山町
開設年月日:不明
廃止年月日:不明
付近:旧大津びわこ競輪場 (現在ないもの)汽船バス株式会社柳ケ崎車庫 汽船タクシー本社 
キロ程:際川から1.1キロ(江若交通においては競輪場前から0.1キロ)


安井川湖西病院前の間も0.1キロしかありませんでしたが、ここも競輪場前からたった0.1キロしかありません。

↓柳ケ崎交差点を北から南に渡る江若交通浜大津線

IMG_4801_20150101165324e2b.jpg



際川の回で書きましたが、ちょうど昨日の正午、ここから北の中央線変移システムが廃止されました。
[柳ケ崎【京都今津線68】]の続きを読む
競輪場前 けいりんじょうまえ
所在地:(堅田・近江今津方面)大津市二本松 (浜大津方面)大津市柳ケ崎
開設年月日:不明
廃止年月日:不明
付近:旧大津びわこ競輪場
キロ程:不明(江若交通としては際川から1.0キロ)




2011(平成23)年3月に閉場となってからも、「競輪場前」を名乗り続けています。

戦後の競輪ブームはすごいもので、あまりにひとが殺到しすぎて、昭和30年代には競輪にまつわる犯罪やトラブルのニュースがしばしば新聞紙面を賑わしていました。臨時バスもかつては四条大宮からの直通便や、大阪の応援もあったそうで、私は自分の記憶にはないのですが、大阪ナンバーの京阪バスも普通に走っていたそうです。競艇場とともに競輪場の無料送迎バスの幕は、観光用も含め、京阪バス全車両が共通して標準装備していました。そのくらいの力の入れようだったのです。

時に、無料送迎輸送が諸事情で中断したこともありましたし、大津市は市民の生活に必要な路線バスの運行を支えることより、ギャンブル輸送に力を入れている、といった批判もあり、その道のりは平坦なものではありませんでした。

ただ、競艇、競輪の無料送迎バスのこと自体は調査が不十分ですので、今回はあくまでも、バス停としての「競輪場前」を取り上げたいと思います。

↓際川を出ると、浜大津方面の江若バスだけが止まる「鏡が浜」バス停があります。
[競輪場前【京都今津線67】]の続きを読む
際川 さいがわ
所在地:(近江今津方面)大津市際川二丁目 (浜大津方面)大津市際川一丁目
開設年月日:不明
廃止年月日:(京阪バスとして)1985年前後?
付近:陸上自衛隊大津駐屯地 際川町自治会館 地主神社
キロ程:北際川(びわこマリーナ前)から0.7キロ
 



もともとは地名というより川の名前です。源流の1つは、大津比叡平線の榧尾バス停近くにあるそうです。
バス停の南を、その「際川」が流れていて、北から走った時はこれを渡って「競輪場前」に着きます。

IMG_5764.jpg

記事を書きながら気づいたのですが、「際」の字の方にしか読み仮名が書かれていません。
[際川【京都今津線66】]の続きを読む
あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。
今日から通常通りの記事更新をさせて頂きます。

北際川 きたさいがわ
所在地:大津市際川三丁目
開設年月日:不明
廃止年月日:1985(昭和60)年頃
改称年月日:不明 (びわこマリーナ前→北際川)
付近:びわこマリーナ 日本小型船舶検査機構大津支部 大塚製薬大津スキンケア研究所・大津栄養製品研究所
キロ程:唐崎から0.5キロ(江若交通は0.7キロ)




こういう言い方もなんなのですが、比叡辻から南、競輪場前あたりまでは、唐崎や際川のように主だった地名がそのまま停留所名になっているところ以外、地味で目立たない停留所が多く、中でもこの北際川バス停はすっかりその存在を忘れていて、他のバス停は全て予めバス停名だけ記事登録していたのに、ここだけは記事を書こうとして、それがないことに気づいて慌てて新しく記事を作りました。

ここも1985(昭和60)年頃からは今と同じ位置にバス停があります。

[北際川(びわこマリーナ前)【京都今津線65】]の続きを読む