青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
太間町 たいまちょう
所在地:大津市下阪本五丁目
開設年月日:不明
廃止年月日:(京阪バスとして)1986(昭和61)年前後?
付近:ヤマハマリーナ琵琶湖 厳島神社
キロ程:不明(江若交通としては比叡辻から0.6キロ)




この停留所も、1985(昭和60)年時点では現在の位置と変わっていませんが、それ以前のことはよくわかりません。北から見れば、新唐崎・坂本港に分かれていた支線との合流点、南から見れば分岐点です。

1964(昭和39)年時点では、少なくとも京阪バスにおいては存在しなかった停留所であり、京都今津線が停車していたのかどうかもよく分かりません。1973(昭和48)年時点の路線図では記載がありますが、この資料では大津市内総合線も京都今津線も両方止まっていたのかまでは分かりません。

拙ブログでは京都今津線の停留所と見なします。

↓新唐崎方面から見た交差点。

DSC_0430.jpg

↓バス停の北側の、交差点全景
[太間町【京都今津線59】]の続きを読む
スポンサーサイト
前回に続き、「日吉大社前」です。

せっかくなので日吉大社に行きます。古事記にその名が記される、由緒ある神社です。
規模もかなりのもので、子どもの頃に来た時は、何て広いのか?小さな社も含めて一体どれほどの建物があるんだろう?全部回ったらどれだけ時間がかかるのかな?と目を丸くしたのを思い出します。

まず、バスが折り返していたとみられる三の鳥居

IMG_4988_20141005081821e7b.jpg

今も観光バスはこの辺りに停まることが多いようで、公式HPにもここに止めるように書かれていますが、正直なところ歩行者には邪魔な気がします。

↓ここから更に進むと、日吉大社のシンボルとも言える「山王鳥居」に着きます。この写真はライトアップ時のものです。
[日吉大社前 【京都今津線 支線5-2】]の続きを読む
日吉大社前 ひよしたいしゃまえ
所在地:(東行き)大津市坂本五丁目
    (西行き)大津市坂本四丁目
開設年月日:不明
廃止年月日:(京阪バスとして)2006(平成18)年7月1日
付近:日吉大社(山王総本宮日吉大社) 延暦寺学園比叡山中学校 旧竹林院
キロ程:京阪坂本駅前から0.5キロ


日吉大社は滋賀県内でも屈指の規模を誇る神社です。
延暦寺の守護神とされていて、密接に関わりながら発展してきました。大きく、西本宮と東本宮に分かれ、中心は西本宮、天智天皇の発意で奈良の大三輪の神を勧請(かんじょう)した、というのが始まりだということです(『角川日本地名大辞典 25 滋賀県』P599)。
神仏習合の典型的なケースで、その伝統を継承した天台座主による日吉大社での奉幣と読経(4月14日日吉山王祭)などが行われます(『滋賀県の地名 日本歴史地名体系25』P200)。



大宮橋、走井橋、二宮橋の三橋は豊臣秀吉が寄進したと伝えられる日本最古の石橋で、「坂本三橋」と呼ばれています。この「坂本三橋」は、戦前の京阪バスやその前身・湖南汽船などでは停留所名としてしばしば登場するのですが、具体的な位置はよく分かりません。もしかすると後の「日吉大社前」に相当するのかと思うのですが、詳細は今後も調べます。

なお、京阪坂本駅同様、大津市内総合線と分けて取り上げるのは編集上困難ですので、今回の記事は大津市内総合線としての「日吉大社前」を兼ねる予定です。

地図を拡大して頂くとよく分かりますが、付近は里坊などがびっしりと建て込んでいます。

重要な観光地の前ではあるものの、バス運行上は何の変哲もない停留所です。しかし、実はここは京阪バス 京都今津線、江若交通 浜大津線の支線の折り返し場所でした↓

IMG_3887.jpg

国立公文書館所蔵の『江若鉄道廃止申請書』記載の代行輸送計画では1日7回計12台の江若交通のバスがここで折り返すことになっている他、京阪バスでも日吉大社行きというのが存在したらしいことが新聞記事などから確かめられます。

なぜ7回なのに計12台なのかというと、便数としては7便なのですが、蓬莱駅7:39発の便は堅田駅からは何と同時に4台が続行運転、他に2台続行の便が夕方にもあるためです。すごいですね!考えられません。

↓こちらは8月19日付拙稿堅田駅 バス時刻表の変遷 【京都今津線 番外】でもUPした、膳テツさんがダイヤグラムを起こして下さった時刻表です。
[日吉大社前 【京都今津線 支線5-1】]の続きを読む
前回に続き、京阪坂本駅前です。

↓駅前をよく見ると、こんなスペースが。

IMG_5018_201410041956491aa.jpg

↓茶園です。日吉茶園と言って、最澄が唐への留学から帰国する際に持ち帰った茶の種を蒔いたのが始まりなのだそうです。これが日本最初の茶園だそうです。
[京阪坂本駅前 【京都今津線 支線4-2】]の続きを読む
京阪坂本駅前 けいはんさかもとえきまえ
所在地:(東行き)大津市坂本六丁目
    (西行き)大津市坂本四丁目
開設年月日:不明
廃止年月日:2006(平成18)年7月1日
付近:京阪坂本駅 坂本市民センター(大津市役所坂本支所・大津市立坂本公民館) 大津市立坂本幼稚園 生源寺 金臺院 大津市立坂本小学校 大津坂本本町郵便局
キロ程:江若日吉駅から0.6キロ


京都今津線の支線として取り上げますが、大津市内総合線と分けて書くことは困難ですので、大津市内総合線としての京阪坂本駅の記事を兼ねることにします。京都今津線としては、ここで、北の方から来て京阪電車に乗り換えるひとの利便を図っていたのでしょう。



坂本は比叡山の東側に広がる町で、正に比叡山に上る「坂」「本」という意味であり、延暦寺の東側の入口として発展してきました。昔は西の京都側を「西坂本」、東の近江側を「東坂本」と呼んだこともあったそうです(『角川日本地名大辞典 25 滋賀県』P343)。つまり、延暦寺に続く道の始まりの、一般名詞のような扱いです。

現在、住所が「坂本」の地域は非常に広く、住居表示制が施行されていない「坂本本町」まで含めると、比叡山のほとんどが含まれてしまいますし、もともとは比叡辻や穴太も含む、旧滋賀郡坂本村、概ね現在の大津市立坂本小学校の学区が広義の「坂本」ですが、この京阪電車の坂本駅周辺が、現在の坂本市民センター、旧坂本村役場も近く、名実ともに現在の坂本の中心といえましょう。

還暦を迎えた僧が、延暦寺を下りて住まう「里坊」と呼ばれる住まいが多数あり、独特な景観を生んでいます。

DSC_0855.jpg

DSC_0861.jpg

つい最近まで、パンフレットや雑誌の写真に出てくるような景色が、一体坂本のどこにあるのか?そんなの見たことないぞ、と思っていましたが、通りから少し奥、特に南側は石積みの独特な景観が続きます。

繁栄のピークは中世で、信長の延暦寺焼き討ち、明智光秀の坂本城入城を最後に、歴史の表舞台から遠ざかり、その後は大津が宿場町・港町として繁栄します(同書P343)。
また、「正長の土一揆」でも中学校の社会科や、高校の日本史の教科書に思いがけず坂本の地名が登場し、何も知らないと驚かされますが、この一揆が、日本史上初めての「一揆」だということです。

↓匿名希望様が撮影されていた、浜大津方面の京阪バス・江若交通兼用のポール。
[京阪坂本駅前 【京都今津線 支線4‐1】]の続きを読む
江若日吉駅 こうじゃくひよしえき
所在地:大津市坂本三丁目
開設年月日:不明
廃止年月日:不明
付近:江若鉄道日吉駅
キロ程:比叡辻から0.7キロ


江若鉄道の日吉駅があったのは、ほぼ現在の比叡山坂本駅の位置です。

IMG_4587_20140817155014c51.jpg

今回は主に「江若日吉駅」という観点でこの場所を取材し、話を進めていきます。大津市内総合線としての「比叡山坂本駅」ないし「叡山駅」としては、別立てにする予定ですので、ご了承のほどお願い申し上げます。

江若鉄道は湖西線のように雄琴までトンネルでストレートに直行したりせず、湖側に首を振る関係上、若干北東に曲がっていて、駅も僅かに北寄りにずれていたようです。

↓駅の北東にある「坂本石積みの郷公園」のこの辺りで首を北東に向けていたものと思われます。

IMG_5044_201410051049345ef.jpg

というのも、1987、1988年版の住宅地図だけですが、上の写真の赤い線から左手のJR側に、三角形の「江若交通㈱所有地」という土地が見られるのです(線はあくまで目安です)。

↓逆に、北側から見た、旧?「江若交通㈱所有地」
[江若日吉駅【京都今津線 支線3】]の続きを読む
日吉中学校前 ひよしちゅうがっこうまえ
所在地:大津市下阪本六丁目
開設年月日:1969(昭和44)年9月1日または11月1日?
廃止年月日:(京阪バスとして)1985(昭和60)年頃
付近:大津市立日吉中学校 関西アーバン銀行(旧びわこ銀行)坂本支店
キロ程:不明




現在は江若交通にもないバス停です。

1964(昭和39)年現在の路線図にはここの記載がなくて、「江若日吉駅」は書かれています。一方で、湖西線開通前年の1973(昭和48)年現在の路線図にはここの記載があって、逆に「江若日吉駅」に相当するバス停がなく、ここの次のバス停は「京阪坂本駅」とされています。

江若日吉駅の代替バス停は本線上では「比叡辻」とされていますが、実質的には、日吉駅亡き後にこのバス停ができて、ここが代替バス停のようになっていたのではないかと思われます。

そして、江若日吉駅とこのバス停とが同時に存在したことはないのだろうと推測しています。
湖西線が開通してからは、長く叡山駅と共存していたようですが、当然その頃に京都今津線はありません。

日吉中学校は、1969(昭和44)年9月1日、江若鉄道の正に廃止直前の頃に現在地に移転してきました。

IMG_4521_201408162052477e2.jpg

江若鉄道が廃止される直前に移転してきた中学校に、雄琴方面からの通学を考慮して設置されたバス停だと考えられます。

その前は、京阪坂本駅の目の前、金臺院と生源寺に挟まれた、行政関係の施設が固まっている位置にありました。

↓ここが正に正門で、駐車場はグランドだったようです。
[日吉中学校前【京都今津線 支線2】]の続きを読む
比叡辻 ひえいつじ
所在地:大津市下阪本六丁目
開設年月日:不明
廃止年月日:1985-86年頃(京都今津線廃止後大津市内総合線として存続)
付近:比叡辻郵便局
キロ程:来迎寺鐘化前から0.4キロ




現在の公式の読み方は「ひえいつじ」ですが、『角川日本地名大辞典 25 滋賀県』においては「ひえつじ」という項で扱われています(P581・761)。地元のひとの発音は、ひょっとすると今も「い」が省略されて聞こえるのかもしれません。

明暦2年に、何と徳川将軍家光が、滋賀院に寄進し、滋賀院領となったということです。江戸時代の地理書「與地志略」にこの地名はなく、下阪本の項の中で「大道町、酒井町、絶間(たいま)町、富崎町、比叡辻等なり」とあるそうで(同書P581)、下阪本の一部と扱われていたらしいことが分かります。実際、明治22年から下阪本村の大字、1951(昭和26)年、大津市と合併する時も「下阪本比叡辻町」とされています。

西近江路(国道161号線)と、坂本から東に下った道が垂直に交わるポイントであり、地名辞典で、特にこれを由来、とはっきり書いているわけではありませんが、それが由来なのだろうということは想像に難くありません。

↓坂本から湖岸に下りてきた道が国道161号線とクロスします。直進すると坂本港で、そちらにも少なくとも1964(昭和39)年の時点では京阪バスの路線がありました。1973(昭和48)年頃まではあったようなのですがはっきりしたことは分かりません。

IMG_4617.jpg

交差点の名前は「下阪本6丁目」で、バス停の所在地も、北行き、南行きともに下阪本六丁目です。

阪本に汽船が着く。そこで下りて、通りへ出る。田舎町ではあるけれども、ちよつと賑やかである。いかにも比叡山の正面の入口といふ氣がする。名物の蕎麥屋が到るところに軒を並べてゐるのが見えるのも、その特色のひとつだ。
此處の蕎麥は名にきこえたゞけあつて、非常に旨い。上方ではこゝ他に旨い蕎麥はないと言つて好いくらゐである。流石は僧侶の別天地であるといふ氣がした。
(田山花袋「阪本」『京阪一日の行樂』P632)



比叡山ドライブウェイどころか車もほとんどない時代ですから、ここが「比叡山の正面の入口」と認識されていたのですね。
現在はだいぶ山手まで行かないと蕎麦屋はありませんし、それも数軒ですが、いかに賑わっていたのかが分かります。
[比叡辻 【京都今津線58】]の続きを読む
以前知人に見せてもらった、1973(昭和48)年の江若交通の路線図に、「来迎寺鐘化前」から山手に分かれる不思議な支線がありました。バス停は末端の「消防学校前」1つだけの盲腸線です。

滋賀県公式HP内の消防学校のページを見ると、「沿革」が載っていて、1963(昭和38)年6月1日に下阪本に開設され、1985(昭和60)年4月に能登川に移転するまで、そこにあったようです。滋賀県消防学校50周年記念誌には、江若鉄道があった当時の空撮写真が載っていて、確かに線路に沿っているのが分かりますし、中には食堂の窓から江若鉄道がよく見えて手を振った、という思い出を書き記しているひともいます。

しかし、バスのことはネットで検索してもやはり何も出てきませんでした。

昔の江若交通のことに詳しい方は、路線免許はあるものの、実質は貸切運行だったと仰っていましたが、一方で、別の方に見せて頂いたツーマン運転当時の乗車券にはちゃんと「消防学校」という記載があるものがあり↓、実に不思議です。

IMG_9167.jpg

現地に行ってみました。

↓新しい家が建ち並んだ隙間から、それこそ「真珠の小箱」の音楽でも聞こえてきそうな土塀

IMG_6916.jpg

「真珠の小箱」の音楽を覚えているなんて言うと、歳がバレそうだけど、枯れた脱力感に満ちたフルートの音が逆に鮮やかです。

↓来迎寺カネカバス停付近から「消防学校前」方面を望む。
[不思議な支線 「消防学校前」]の続きを読む