青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
湖岸住宅前 こがんじゅうたくまえ
所在地:大津市晴嵐一丁目?
開設年月日:不明
廃止年月日:不明(1980(昭和55)年前後?)
付近:日本精工大津工場 瀬田川水道橋
キロ程:粟津中学校前から0.6キロ


もはやインターネットで検索してもほぼ何もヒットしない、謎のバス停ですが、1964年(昭和39)年1月6日付の路線図に掲載されているキロ程や、各種の古い都市地図を見る限り、この辺りにあったバス停だろうと思われます。



JRのガードの北、日本精工などの工場と瀬田川に囲まれた一角の住宅街です。

IMG_5291_20141021212700cfc.jpg

現在、この付近の住宅を特に「湖岸住宅」と呼んだりするのを聞いたことがありませんし、ネットで検索してもやはり何もヒットしませんが、開発当初はそういう名称で売り出されていたのかもしれません。

[湖岸住宅前 【大津市内総合線 湖岸系統旧線2】]の続きを読む
スポンサーサイト
粟津中学校前 あわづちゅうがっこうまえ
所在地:大津市晴嵐一丁目
開設年月日:不明
廃止年月日:不明
付近:大津市立粟津中学校 国土交通省御殿浜宿舎 滋賀県衛生科学センター 御殿浜第一団地
キロ程:御殿が浜から0.3キロ




「御殿ヶ浜」の回でお知らせしました通り、今回を含む3回は、現在は既になくなっている、湖岸道路を直進する経路を取り上げたいと思います。

御殿が浜を直進すると、右手に粟津中学校が見えてきます。

IMG_1087.jpg

詳しい位置は残念ながら分かりませんが、少なくとも1980(昭和55)年頃まではこの中学校の前にバス停があったはずです。
[粟津中学校前  【大津市内総合線 湖岸系統旧線1】]の続きを読む
前回に続き御殿が浜、今回は浜大津方面などを取り上げます。

↓浜大津方面のポール

IMG_1098.jpg

浜大津方面のポールは、1998(平成10)年版の住宅地図までは、旧大津玉姫殿(現・NIHO)の建物の西北の端、浜大津寄りのこの辺りにありましたが、それ以降現在地に移転したようです。

IMG_1095.jpg
[御殿ヶ浜【大津市内総合線 湖岸系統17-2】]の続きを読む
衛生科学センター前 えいせいかがくせんたーまえ
所在地:大津市御殿浜 
開設年月日:不明
改称年月日:1971(昭和46)年頃 県病院前(または「県立病院前」)→衛生環境センター前
        →衛生科学センター前
付近:滋賀県立衛生科学センター(旧滋賀県立衛生環境センター) 日本電気硝子株式会社 粟津第一団地 大津市立粟津中学校 (現在ないもの)滋賀県立大津病院 大津警察署別保交番(別保駐在所)


県病院前【旧大津市内線28】の内容を以て、本記事に読み替えますので、ご参照のほどお願い申し上げます。

次は、NEC前です。
NEC前 えぬいーしーまえ
所在地:大津市晴嵐一丁目
開設年月日:不明
改称年月日:2008(平成20)年4月21日 関西日本電気前→NEC前
      時期不明 新日本電気前→関西日本電気前
付近:新日本電気株式会社(本社・滋賀工場)(現・ルネサス関西セミコンダクタ株式会社) 日本精工大津工場


新日本電気前【旧大津市内線29】を以て本記事に読み替えますので、ご参照のほどお願い致します。

次は、石山駅 終点です。

※本シリーズとしては次回は湖岸周りの旧線を取り上げ、石山駅はそちら側から回り込みます。
本題に入る前に、遂にレ○ップの液晶運賃表と変なアナウンスが大津に上陸したことを書きましょう。
私は12日のN-6245が最初の目撃ですがもっと早くご覧になった方もいるかもしれません。
山科で一昨年のちょうど今頃の時期に置き換えが始まって、ことばと文化をぶち壊す機械だ、と激しい嫌悪感を覚えて以来、この日が来ることをずっと恐れ続けていました。

大津管内では1995(平成7)年8月、大阪はそれより更に1年ほど前に、従来のデジタル式の運賃表になり、音声合成に切り替わったのですが、それでも声自体はその更に10年以上前、昭和58年前後から変わっていないようなので、割とすぐに慣れました。しかし、今回は…。

私の周囲でも嘆きと驚きの声が上がっておりますが、同じタイプのアナウンスを使っている京都市バスにおいては、何とウェブ上で署名活動まで行われたり↓、テレビのニュースでまで取り上げられるほどのひどい嫌われよう。

市バスの車内放送における合成音声の廃止を

まあそりゃそうでしょうね。日本語とは思えないひどいイントネーション、何が悲しいのか知らんけど、時々、泣きそうに声が震えて、気持ち悪い。有無を言わさず流れるので、聞きたくないから聞かないということもできません。

レ○ップの担当者はあれで、人様にお披露目できる完成品だと本気で思っているのでしょうか?

19年前の運賃表のデジタル化が1か月経つか経たないかであっという間に完了したので、今回も残念ながら来月までかかるかかからないかだと思います。

御殿ヶ浜 ごてんがはま
所在地:大津市御殿浜
開設年月日:1967(昭和42)年頃?
付近:大津湖岸なぎさ公園(旧御殿が浜水泳場)
キロ程:中ノ庄から0.3キロ
 



正式な町名はどうも「ごてんはま」と読むようですが、正直誰がそんなことを言うだろうか?と思います。私は昔からバス停の名前で「ごてんがはま」という読み方で覚えていて、「ごてんはま」などと呼ばれるのを聞いたことがありません。
「中庄」(なかしょう)もそうですし、時々このブログで苦言を呈している交差点名もそうですが、行政は地元の古くからの読み方や歴史を無視して、勝手な名前を付けて、却って分かりにくくするのが好きなのでしょうか。

↓で、交差点名はなぜか「御殿浜」Gotengahamaなんですから驚きです!

IMG_1118.jpg

かつてここに膳所藩主の隠居所「浜御殿」があったことに由来する地名のようです。今、その御殿の跡は本多神社↓や幕末の勤王十四烈士を祀る丹保(にお)の宮となっています(『角川日本地名大辞典 25 滋賀県P759)。
[御殿ヶ浜【大津市内総合線 湖岸系統17-1】]の続きを読む
中ノ庄 なかのしょう
所在地:大津市中庄一丁目
開設年月日:1967(昭和42)年頃?
付近:記恩禅寺・蘆花浅水荘庭園 創価学会滋賀文化会館 琵琶湖中央病院 (現在ないもの)紅葉館別荘(晴嵐荘) 東レ鈴声寮
キロ程:本丸町から0.3キロ




このバス停は、住宅地図がほぼ現在のような形になった1983(昭和58)年以降位置が変わっていないようです。

↓石山駅方面

IMG_1125.jpg

↓浜大津方面
[中ノ庄【大津市内総合線 湖岸系統16】]の続きを読む
(今日は交通関係の話題は少ししかありません。ご興味のない方はスルーして下さい)

昨年の10月頃だったと思いますが、2月7日(土)びわ湖ホールでJ.S.バッハの大作『ヨハネ受難曲』(BWV245)が聴けるというので、早速予約をしようとしたら…何と4か月も先の話なのにもう満席!?

びっくりしました。
「マタイ受難曲」(BWV244)が3時間がかりの超大作として扱いが派手なのに対して、「ヨハネ受難曲」は2時間ほどの作品で、演奏される機会も、CDの種類もやや少ないので、却って聴きたいひとが集中するのかもしれません。

「マタイ受難曲」を聴いたことは、2012(平成24)年3月7日付拙稿マタイ受難曲を生演奏で聴いたことが、あるか、ないかで書きましたが、マタイを聴いたらヨハネも生で聴かないと、と思っていたのに…。

しかし、あまりの人気ぶりに何とかしないといけないと思ったのか、6日に追加公演を実施することが決定しました。そちらの方は無事に予約が取れたので、寒い中いそいそとお出かけ。

CCI20150206_00001.jpg

同じくバッハの「マタイ受難曲」は新約聖書の『マタイによる福音書』に書かれたイエズスの受難の物語を描いた曲ですが、「ヨハネ受難曲」は、新約聖書の「ヨハネによる福音書」を題材にしています。

新約聖書に4つある福音書のうち、「ヨハネによる福音書」だけは情報源が全く異なると言われていて、書き方や視点の置き方がかなり違っているためか、それを音楽にした結果としての受難曲も、マタイとヨハネでは雰囲気がかなり違います。

ごく大雑把にいうと、どんなひどい目に遭っても、イエズスは尊く、光り輝いている!と歌い上げ、またどこか達観したような雰囲気なのがヨハネ受難曲で、短く緊張感にあふれ、ドラマチックにまとまっています。嘆きと悲しみに満ちていて、しかし登場人物相互のやり取りを詳細に書き取った、ルポタージュに近い雰囲気なのがマタイ受難曲なのではないかと思います。

IMG_6605.jpg

配られたプログラムを見て、歌詞対訳がないことにショック!
会場を見回すと、やっぱり好きなひとは楽譜や対訳歌詞集をもってきてる。…あちゃ~…楽譜を持ってくりゃよかった…。
でもさすがびわ湖ホール!舞台の上に歌詞が映写されたので一安心。
たいていのコンサートで、何らかの形で歌詞を示すようになっているようです。

[ヨハネ受難曲]の続きを読む
本丸町 ほんまるちょう
所在地:大津市本丸町
開設年月日:1967(昭和42)年頃?
付近:膳所公園団地 膳所浄水場 近畿産業信用組合大津支店 大津市科学館 大津警察署ぜぜ寮 (現在ないもの)大津市立丸の内幼稚園
キロ程:膳所公園から0.3キロ




地名からすぐに分かるように、膳所城の跡地です。本丸の跡は膳所城跡公園、二の丸跡は膳所浄水場、三の丸と高禄屋敷跡は滋賀県監獄署膳所監獄、滋賀刑務所を経て、1966(昭和41)年の刑務所移転後は膳所団地になっています(『角川日本地名大辞典 25 滋賀県』P768他)。

このバス停は、旧大津市内線の膳所浜田町及び中ノ庄の代替バス停と思われます。

↓浜大津方面の乗り場ですが、このように引いて撮影すると、団地のそばだということがよく分かります。

IMG_1305.jpg

↓石山駅方面のバス停は、膳所浄水場の敷地の南東端、後ろはすぐ琵琶湖です。
[本丸町 【大津市内総合線 湖岸系統15】]の続きを読む