青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
大津駅 おおつえき
所在地:大津市春日町?
開設年月日:1928(昭和3)年3月1日?
付近:(当時)国鉄大津駅 大津市観光案内所 滋賀大学教育学部附属小学校・中学校




『京阪自動車50年史』の年表で、「湖南汽船株式会社大津駅構内営業開始」の日付が1928(昭和3)年3月1日となっていることから、この日がバス停の開設日とみてよいのではなかろうかと思います。

旧大津市内線があった時代に、バスがどの辺りにどう停まっていたのかなどの情報は残念ながらよく分かりません。このため、特に「旧大津市内線の大津駅バス停」としての記事は書きにくいのですが、T.F.様が、旧大津市内線が走っていた当時現役だった、旧大津駅舎の貴重な写真を提供して下さいましたので、まずはそちらをご紹介したいと思います。

↓2枚とも1975(昭和50)年1月1日の撮影だそうです。

50-1-1大津駅

決して大きいわけではありませんが、特徴的な駅舎です。

[大津駅【旧大津市内線11】]の続きを読む
スポンサーサイト
布施屋町 ふせやまち
所在地:大津市御幸町(?)
開設年月日:不明
廃止年月日:不明
付近:長壽寺 善通寺 常徳寺 眞常寺




布施屋町は大津百町の1つで、宿屋が多かったところで大いににぎわったようです(『角川日本地名大辞典 25 滋賀県』P615)。1965(昭和40)年から御幸町(みゆきまち)となっています。

ただ、1953(昭和28)12月17日付滋賀日日新聞では、商工会議所と大津駅の間のバス停は「松屋町」と書かれていて、もしその松屋町の位置にバス停があるとすると、もう少し大津駅寄りです。

いずれにしろ、現在はこのバス停に相当するバス停がありません。
何かのタイミングで、1つ前の「商工会議所前」と統合されるような形で、「京町通」ができたのでしょう。
ひょっとすると今とは比べ物にならないくらいバスの本数が多かったため、バス停が多いことで乗降に時間がかかり、交通の妨げになると判断されてしまったのかもしれません。

↓この辺りだと思いながら歩くのですが…。
[布施屋町【旧大津市内線10】]の続きを読む
商工会議所前 しょうこうかいぎしょまえ
所在地:大津市京町二丁目?
開設年月日:不明
廃止年月日:不明
付近:榮泉寺 (1962(昭和37)年当時)大津商工会議所 (現在)大同生命保険株式会社滋賀支社




市役所前に続いて、こちらも現在は移転してなくなってしまっている施設が停留所名になっています。
大津商工会議所の公式サイトそのものには、移転に関する記述がありませんでしたが、同居している「大津納税協会」のページで、1963(昭和38)年11月に打出浜に移転したことが分かりました。

現在の「商工会議所前」のバス停は、「大津中央郵便局前」とでも呼んだ方がいいような位置で、一般の市民にとっても郵便局の方がなじみがあるのに、なぜ「商工会議所前」なのだろう、と思っていましたが、このバス停の名前を引き継いだのだろうと推測されます。

しかし、引き継がれたのは名前だけで、位置的な意味で直接このバス停に相当するバス停はありません。強いて言うなら「京町通」でしょうか。

↓拡幅された百石町通沿い、京町通のバス停近くにある案内地図に、「商工会議所前」、次の「布施屋町」、現行の「京町通」の位置関係が分かるように画像に書き込みました。

IMG_1744.jpg

現在の「中央二丁目南」交差点付近にバス停があったものと思われます。

↓同交差点の南東角、大同生命保険株式会社の滋賀支社の位置、大津市京町二丁目2-8が商工会議所でした。
[商工会議所前【旧大津市内線9】]の続きを読む
本日よりブログ名を「青いバス停」に変更させて頂きます。
昨年4月26日付拙稿石山寺山門前【石山外畑線・宇交石山線6-2】でも書きましたが、「現在完了形」では文法的にやはりおかしいな、というのがずっと気になっていたので、思い切ってシンプルにしました。

テンプレートも変更しましたが、動作確認をして不具合がある場合は再度変更することがありますので、ご了承のほどお願い申し上げます。

内容や方向性には特に変更はありませんので、今後とも宜しくお願い致します。
市役所前 しやくしょまえ
所在地:大津市浜大津一丁目?
開設年月日:不明
改称年月日:1967(昭和42)年4月? →浜町勧銀前
      不明→ 浜町(現行停留所名)
付近:(1962(昭和37)年現在)大津市役所 第一勧業銀行大津支店 NHK大津放送局 滋賀銀行本店 昭和産業相互銀行




「市役所前」と言っても別所にある今の「市役所前」バス停ではありません。1967(昭和42)年3月までは今の「朝日生命保険相互会社大津ビル」「NTT滋賀支店」がある辺りが市役所でした。年配の方はご記憶があるでしょうし、大津市歴史博物館や、各種の写真集でご覧になった方も多いでしょう。

現在のバス停でいうと、「浜町」がこれに相当するものと思われますが、1962(昭和37)年の地図では、現在北行き一方通行になっている旧大津公会堂前の通りにはバス路線がありません。間違いでないならば、当時はバス路線は上下とも浜通りを通っていたことになり、バス停の位置も今とは異なるのではなかろうかと思われます。

因みに浜大津方面は、今は旧大津公会堂の方向にあります。

IMG_4829_20130127102930.jpg

IMG_4824.jpg




「旧大津市役所」などとキーワードを入れて画像検索すると、旧庁舎の写真がいくつかヒットしますので、ご興味がおありの方はご覧下さい。決して大きいというわけではありませんが、尖塔が特徴的な美しい庁舎を見ることができます。1928(昭和3)年の建築だそうです。この付近はもともと「大橋堀」という船堀だったのを埋めて作ったようです。

玄関は南東の交差点の方向を向いているため、東西に伸びている浜通りにも、大津駅から来る寺町通にもに平行せず斜めに建っています。

↓現行の大津駅、石山駅方面の浜町バス停と朝日生命保険相互会社大津ビル。

IMG_3792.jpg

旧大津市内線があった当時なら、このアングルで撮影すると市役所の特徴的な建物が背景となったことでしょう。
[市役所前【旧大津市内線8】]の続きを読む
浜大津 はまおおつ
所在地:大津市浜大津一丁目
開設年月日:不明
付近:京阪浜大津駅 京阪大津ビル 浜大津港 明日都浜大津 スカイプラザ浜大津 NTT西日本滋賀支店(旧日本電信電話公社大津電話局) 旧大津公会堂 浜大津郵便局
 



浜大津は言わずと知れた大津市の中心街です。港の周辺はもともと大津城の本丸跡だということですが、今その痕跡はほとんど見当たりません。大津城はその後膳所城となり、大津城の跡は大津代官所となっていたそうです(『角川日本地名大辞典 25 滋賀県』P766)
行政上の正式な地名となったのは意外に新しく1965(昭和40)年のことで、それまでは大津百町のうちの橋本町、御蔵町などの細かい町でした(同書P569)。ただ、京阪、江若、国鉄貨物の浜大津駅はそれ以前から浜大津駅でしたので、この辺りを「浜大津」と総称する習慣は古くからあったのでしょう。

『京阪バス五十年史』の年表を見ていると、時々「御蔵町」という地名が出てきて、何のことだろう、と戸惑うのですが、何のことはなく、これが浜大津の旧町名なのです(『角川日本地名大辞典 25 滋賀県』P193)。1965(昭和40)年まで続きます。従って、「大津市御蔵町」と書かれているところは、浜大津のことだと思って読めば間違いありません。

IMG_5409.jpg

現在は、旧大津市内線があった当時の浜大津を彷彿とさせるようなものはほとんどなく、道路や鉄道の通り方も大きく変わってしまったため、どこにバスが止まっていたのかを正確に割り出すことはほぼ不可能と思われます。
[浜大津【旧大津市内線7】]の続きを読む
沖島を出ると対岸の伊崎寺(いさきじ)の竿とびの竿(さお)が見えてきます。

DSC_0737.jpg

天台宗の寺院であるこの寺では、例年8月の第1日曜日に修行僧がこの竿から琵琶湖に飛び込むという修行を行います。
平安時代から続く行事で、もともとはこの寺の修行僧が、琵琶湖に空の鉢を投げて、漁民に喜捨を乞い、またその鉢を拾うために湖に自分自身が飛び込んだ、というのが始まりのようです。
水面までは高さ7m、例によって数字がピンと来ないのですが、調べてみると、どうも3階の窓から外を眺めたくらいの高さのようで、それは確かに高いですね。

大変な修行をする方には申し訳ないですが、船内では昼食の弁当が配られ始め、ゆったりした時間が流れ始めます。

IMG_1777.jpg

容器は竹皮で編まれているようです。
[ぐるっとびわ湖島めぐり③]の続きを読む
川口町 かわぐちちょう
所在地:大津市浜大津三丁目?
開設年月日:不明
廃止年月日:不明
付近:川口公園 大津市立図書館(本館)




現在も「川口公園」などにその名を留める「川口町」は、金沢藩ゆかりの川口弥蔵という荷問屋が居住していたことによる地名です。「川口公園」は、江戸期には「川口堀」という船着き場で、周辺には主に薪炭を扱う問屋が集まっていて(『角川日本地名大辞典 25 滋賀県』P251)、繁栄を極めたそうです。
京阪電車に詳しい方なら、開設年月日も、廃止年月日も不明の「川口駅」が浜大津-三井寺間にあったことをご存じでしょう。

この駅の開設、廃止年月日を突き止められたら、京阪グループファンの中ではノーベル賞ものの功績かもしれません(?????)。

↓この辺りは、京阪石山坂本線の中では唯一の路面区間です。

IMG_2233.jpg

川口公園は、もともとが「川口堀」という舟入だった関係で細長いです↓

[川口町【旧大津市内線6】]の続きを読む