青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
宇治橋西詰 うじばしにしづめ
所在地:(京阪宇治方面)宇治市宇治蓮華
    (維中前方面)宇治市宇治妙楽
開設年月日:1960(昭和35)年3月17日
廃止年月日:2005(平成17)年8月1日
付近:宇治橋
キロ程:県神社前から0.5キロ(石山駅から維中前旧道回り28.6キロ 外畑回り26.1キロ)




吉田金彦は「宇治」の地名について、私が以前京阪宇治駅 【宇治川ライン線生誕35周年企画9】の項で書いた、「憂し」が「うじ」に転じたと書いた説より寧ろ、「通るのに好都合な道」という意味ではなかろうか、と書いています(『京都の地名を歩く』P150-151)。

頷くときに「うん」と言うと、「はいと言いなさい」と怒られた方もいらっしゃると思いますが、中国語の「拝」に起源がある「はい」より、実は「うん」の方がはるかに日本語らしい、はるかに歴史の古いことばで、7世紀くらいまでの日本人は、「よい」と言いたい時「う」と言っていました。
「う」は「頷く」の「ウ」で、「頷く」は「うなじ」をよく見せるというところからきていて、承諾の「諾(うべな)う」とも結びつきます。
宇治は、「よい道」即ち「諾道(うなみち)」からきていて、奈良から北陸や東海に向かう、あるいはその逆にも好都合だったのでは、というのが吉田の説で、なかなか面白いです。

その交通の要となっているのは、何と言っても宇治橋でしょう。

IMG_5285.jpg

IMG_0574_20130928201000d6f.jpg

下の写真は今年の9月に撮ったので、台風の影響がまだ残っていて、すごい勢いの濁流です。

紫式部は静かに読み物でしょうか?
[宇治橋西詰【宇交石山線51】]の続きを読む
スポンサーサイト
京阪宇治 けいはんうじ
所在地:宇治市宇治乙方
開設年月日:1952(昭和27)年2月1日(京阪バスとして)
廃止年月日:?(京阪シティバス・京阪宇治バスにて存続)
付近:京阪宇治駅 宇治橋 朝日山平等院 橋寺放生院 宇治市源氏物語ミュージアム 興聖寺 関西電力宇治発電所 宇治神社 宇治上神社 宇治カトリック教会 三室戸保育園



2012(平成24)年11月23日付拙稿京阪宇治駅 【宇治川ライン線生誕35周年企画9】を以て本記事に読み替えますので、お手数ですがご参照のほどお願い致します。

次は、宇治車庫 終点です。
県神社前 あがたじんじゃまえ
所在地:(京阪宇治方面)宇治市宇治蓮華
    (維中前方面)宇治市宇治妙楽
開設年月日:1960(昭和35)年3月17日
廃止年月日:2005(平成17)年8月1日
付近:縣神社 宇治市立善法保育所 善法寺 善法寺集会所
キロ程:平等院前から0.4キロ(石山駅から維中前旧道回り28.1キロ 外畑回り25.6キロ)


久しぶりに宇治バス宇治川線・石山線に戻ります。

縣神社は特に大きい神社ではありませんが、世界遺産となっている「宇治神社」「宇治上神社」と並んで、宇治の有名な神社の1つです。特に6月の「県祭」がよく知られています。
平等院の鎮守と言われていますが、一方で三井寺との関係も深かったようです。



↓鳥居
 
IMG_3394.jpg

[県神社前【宇交石山線50】]の続きを読む
IMG_0744.jpg

大津プリンスホテル おおつぷりんすほてる
所在地:大津市におの浜四丁目
開設年月日:1998(平成10)年10月1日
付近:大津プリンスホテル 大津市水再生センター
キロ程:県立体育館から0.5キロ(大津駅から3.8キロ)




地上133m、38階建て、高いビルが少ない滋賀県内では1989(平成元)年の完成以来ずっと、最も高いビルであり、重要なランドマークの1つです。

瀬田川からの眺めも美しいです↓
[大津プリンスホテル【なぎさ公園線9】]の続きを読む
県立体育館 けんりつたいいくかん
所在地:大津市におの浜四丁目
開設年月日:1998(平成10)年10月1日
付近:滋賀県立体育館 滋賀県立武道館 遊びの森SL公園 大津プリンスホテル港(におの浜観光港) 大津湖岸なぎさ公園におの浜ふれあいスポーツセンター 大津市立障害者福祉センター 滋賀県遺族会館 大津市保健所 滋賀県母子福祉施設のぞみ荘
キロ程:なぎさのプロムナードから0.5キロ(大津駅から3.3キロ)




湖岸道路上の「馬場一丁目」の副停留所名が「県立体育館前」ですが、ここはそのものズバリの「県立体育館」で、目の前です↓

IMG_0725.jpg


1973(昭和48)年10月に開館しました。
年間10万人ほども利用するというのに、アクセスが悪いです。そのくせ専用の駐車場もないと来ていて、運動するんだから走ってこいとでも言いたいのかと思うような体育館です。

ただ、目の前といったそばから矛盾するようですが、大津プリンスホテル方面のバス停の背後に見えるのは、別館です↓

[県立体育館【なぎさ公園線8】]の続きを読む
なぎさのプロムナード なぎさのぷろむなーど
所在地:大津市におの浜二丁目
開設年月日:1998(平成10)年10月1日
付近:なぎさのプロムナード
キロ程:ピアザ淡海から0.3キロ(大津駅から2.8キロ)




プロムナードpromenadeということばは誰でも耳にしたことがあると思いますが、私を含めて意味をちゃんと説明できるひとは意外と少ないと思います。調べるともともとフランス語で「散歩道」の意味です。英語にもそのまま入っていますが、アメリカ英語の発音は、「発音しないeの前のaはエイと発音する」という英語の大原則通り、どちらかというと「プロメネイド」という感じで、イギリス英語の方はそのまま「プロムナード」に近いです。

大津管内では表記文字数としては最も多い停留所で、「衛生科学センター前」と共に数少ない、運賃表の次停留所表示がスクロールするバス停です。

[なぎさのプロムナード【なぎさ公園線7】]の続きを読む
ピアザ淡海 ぴあざおうみ
所在地:大津市におの浜一丁目
開設年月日:1998(平成10)年10月1日
付近:ピアザ淡海(滋賀県立県民交流センター・滋賀県パスポートセンター) ホテルピアザ琵琶湖 アヤハディオ大津店
キロ程:びわ湖ホールから0.3キロ(大津駅から2.5キロ)
 



びわ湖ホールを出て左折すると、見えてくるのが、「ピアザ淡海」です。

IMG_4921.jpg

[ピアザ淡海【なぎさ公園線6】]の続きを読む
びわ湖ホール びわこほーる
所在地:大津市打出浜
開設年月日:1998(平成10)年10月1日
付近:滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール 大津市勤労福祉会館 大津市勤労者体育センター コラボしが21 大津市立中老人福祉センター 
キロ程:大津市民会館から1.0キロ(大津駅から2.5キロ)


大津市民会館からここまで1キロジャストと、市街地としては珍しいくらいバス停間の距離が長いです。間にもう1つバス停があっても不思議ではありません。



湖畔に威容を誇る白亜のホールは県民の誇りとも言えましょう。背は特別に高い建物ではありませんが、現代の建築としては県内屈指の美しさであり、旧琵琶湖ホテルや大津プリンスホテルとともに滋賀県を代表する建築だと思います。15年経ってこの美しさを維持するのは並大抵のことではないと思います。

IMG_4939.jpg

市民会館からここに来る途中にある琵琶湖文化館も特徴的な建物ですが、水族館機能は全て草津の琵琶湖博物館に移り、現在は文化財が収蔵されているだけで一般公開はされていません。
[びわ湖ホール【なぎさ公園線5】]の続きを読む
大津市民会館 おおつしみんかいかん
所在地:大津市島の関
開設年月日:1998(平成10)年10月1日
付近:大津市民会館 大津建設会館 なぎさ公園
キロ程:浜大津アーカスから0.4キロ(大津駅から1.5キロ)


大津市民会館は、正直なところもともとあまり冴えない感じなのに、びわ湖ホールができてからすっかり影が薄くなってしまったように思います。

しかし、有名アーティストのコンサートもまだしばしば行われているようですし、ニッチな感じのイベントや講座などそれなりに稼働しているようです。

IMG_5495.jpg



↓バス停は、開館の正面から直角カーブを琵琶湖側に曲がったところにあります。
[大津市民会館【なぎさ公園線4】]の続きを読む
浜大津アーカス はまおおつあーかす
所在地:大津市浜町
開設年月日:1998(平成10)年10月1日
付近:浜大津アーカス 琵琶湖ホテル 浜大津港 大津市立中央小学校 しがぎん研修センター 
キロ程:中央大通りから1.1キロ(大津駅から1.5キロ)




「琵琶湖ホテル」という副停留所名もついていますが、正式には「浜大津アーカス」のようです。しかし、バス停そのものは、琵琶湖ホテルのまん前で、浜大津アーカスに入るにはここからだと裏口が近くなります。というか、今調べて分かったのですが、琵琶湖ホテルも広義の浜大津アーカスの一部のようです。現在は、単に「浜大津アーカス」というと、恐らく映画館やボーリング場などが入ったアミューズメント館の方を指すのが普通だと思います。
Yahoo地図は、びっくりするほど律儀にバス停を記載してあるのですが、ここは書かれていません。

IMG_5477.jpg

↓バス停はここだけの特殊なポール、というか立て看板に近いです。

[浜大津アーカス【なぎさ公園線3】]の続きを読む