青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
4回に渡ってお届けした、昭和27年の大津市立南郷中学校通学問題に関する記事も、一応今回が最終回です。
60年前の今日、1952(昭和27)年8月29日付滋賀日日新聞↓

S27.8.29S 南中通学バス交渉まとまるb

新学期3日前にして漸く、
「交涉まとまる」
との見出し。

「大石の一部に、新校舎通學反対、分校存置の聲(=声)があるとのウワサに」大津市会議長と教育委員が現地に赴いたとのことですが、ウワサ程度でこんな重鎮が動くなら何でも動かないといけなくなっていくら時間があっても足りません。いや、「ウワサ」などという安物週刊誌みたいなことばをこんな形で新聞で使う記者がおかしいのか…。いずれにしろ今なら考えられないですね。

「曾束、富川、小田原の父兄四五十名が、遠隔地へ子供を通學させるのは時間的に困難、通學費の負担は困難だから市で援助してほしいと分校(大石校の一部を利用)の存續を希望」

合併によって通う学校が変わるということは大きな問題なのだから、前にも書きましたが、周到に説明会を開いて準備すべきなのに、何ということでしょう。
この記事の文章自体も実に不思議です。時間的、経済的に困難だから、市で援助してほしいというのが保護者の要望なのか、分校の存続が要望なのか分かりません。
市で援助するということは、市が交通費を負担するということで、分校の存続ということではないと読むのが普通でしょう。

因みに、引用しながら改めて気づきましたが、やはり中学校の分校は小学校と同居していたんですね。

最終回のまとめとして、私なりに、この頃からの中学校の通学区の変遷を、今度は地図にしてみました。どうやって作ればいいか分からず、本当に「手作り」なので、恥ずかしいですが…。
[昭和27年 大津市立南郷中学校通学問題Ⅳ]の続きを読む
スポンサーサイト
1952(昭和27)年8月28日付京都新聞滋賀版↓

S27.8.28KS 南中通学バス暗礁にb

おいおい、もう新学期目前なのに、「暗礁」って…。この年の8月28日は木曜日、従って31日が日曜日ですから、当時は土曜が半ドンなのが普通だと考えても実質2日半しかありません。

大石町の奥地から通学するとなれば、三里近くの道を通わなければならぬことになるので大津市では通学用バスを出して欲しいと京阪バスに交渉していたが二十五日一カ月四百五十円ならば運転しようとの回答を得た。



9月新校舎竣工で、大津市の段取りが悪すぎますね。60年前のことに腹立てても仕方ないし、もちろん、新聞がどこまでどの程度正しいのかわかりませんが、何を考えていたのかと思わざるを得ません。新路線や増発の申請と認可もろもろを考えたら半年前この話をしているのでも遅いかもしれません。

因みに、1里が約4キロなので、3里は約12キロということになります。現在の大津市大石富川四丁目、甲賀市信楽町との境界付近の集落だと確かにこのくらいの距離があります↓
[昭和27年 大津市立南郷中学校通学問題Ⅲ ]の続きを読む
桜谷 さくらだに
所在地:宇治市槇島町字六石山
開設年月日:1977(昭和52)年3月21日
廃止年月日:?
付近:桜谷公園


宵待橋から1キロほどで桜谷到着です。ここも、今月13日の晩からの水害で、大きな被害を受けているのでしょうか。通行止めが続いて、まだそれを確かめることさえできません。



ここの住所は槇島(まきしま)町です。槇島、というと宇治近辺の方や、京阪宇治バスに詳しい方だと、JR宇治駅の北、ユニチカや任天堂の裏手から北、京滋バイパスを越えて向島との境界、文教大の辺りまで広がっている「槇島町」をイメージされると思いますが、ここはその飛地で、もともとは槇島村が所有する山だった名残のようです。

上の地図で示した桜谷バス停の南方、くつわ池のすぐ西側、宇治市、宇治田原町、城陽市に囲まれた一角は、久御山町の「三郷山(みさとやま)財産区」という飛地で、その本体からの見事な離れっぷりと面積の広さは全国的にも珍しく、有名です。宇治、八幡近辺は、干拓や社寺の所有地などの都合で飛地が多く、中には飛地の中に更に飛地があったりして、地理や歴史が好きな人間を惹きつけてやみません。

余談が挟まりましたが、桜谷はバスポケットが残っており、比較的跡地が分かりやすいです。宇治方面のバス停跡を、石山方面を望む形で撮影しています↓

IMG_3469.jpg
[桜谷 【宇治川ライン線生誕35年企画6】]の続きを読む
前回日常と非常の間(あわい)をUPさせて頂いた19日にちょうど、石山駅-大石小学校間の新浜以南、大石小学校-桜谷・小田原間の運転が再開されました。石山駅-大石小学校間は、大津営業所の屋台骨で、1つの路線としては滋賀県内で最も運行本数が多い幹線ですので、やはりこれが動き出さないと何とも落ち着きません。

ssIMG_0345.jpg

外畑、内畑、曽束は引き続き運休中です。1日も早い道路の復旧と運転の再開が望まれるところです。

それにしてもびっくりしたのがこれ↓ 石山駅前案内所の扉に貼られていました。

ssIMG_0344.jpg

…………………。

             §                 §

私が調べた限り、16日付拙稿昭和27年 大津市立南郷中学校通学問題Ⅰで取り上げた南中通学問題の2回目の続報は、60年前の今日、1952(昭和27)年8月22日の滋賀日日新聞に掲載されています↓

S27.8.22S 南中新築スクールバス折衝進むb

[昭和27年 大津市立南郷中学校通学問題Ⅱ ]の続きを読む
14日の豪雨による被害は、恐らく大津市南部では、4月27日付拙稿中千町 【南中系統開通25周年記念特集3】で取り上げた、1953(昭和28)年9月25日のテス(Tess)と呼ばれる台風でもたらされた大水害や、上田上(かみたなかみ)の堂橋付近が決壊した1982(昭和57)年8月の台風10号以来の規模の災害だろうと思われます。

京阪バス大津営業所の幹線・4号経路(石山駅‐平津‐南郷‐大石小学校)などは14日から15日の午後にかけて異例の、南郷洗堰(あらいぜき)折り返し、それ以降は立木観音付近が片側通行で開通してからもずっと新浜止まりで運行を続けています(18日現在)。
もちろん、大石・外畑・内畑地区のフィーダー路線も全てストップしたままです(18日現在)。

15日撮影↓

IMG_0263.jpg

瀬田川洗堰を渡った、南郷水産センターの駐車場が折り返し場所になっていました。

IMG_0265.jpg

↓路線バスが洗堰を渡る光景は、通常まず見られません。
[日常と非常の間(あわい)]の続きを読む
14日の宇治を中心とする水害において、被災された方にお見舞い申し上げます。
宇治にはつい先日車で宇治川ラインを走って行ったところで、大変ショックを受けました。

ちょうど、京阪電車のエリアに沿うように、宇治、寝屋川など被害のひどい地域が広がっており、気になって、そちらの方の親戚や友人、知人に連絡を取っていたのですが、仕事でネットやテレビも見られず、把握できていなかった大津市南部の被害を逆に教えてもらい、「ひとのところの心配している場合やないで」なんて言われて、夕刊や晩のニュースを見て改めて驚いた次第です。

外畑や内畑が一時孤立状態で、外畑では土砂崩れに起因する火災まで起きていたこと、南郷でも浸水被害が出ていたこと、土砂崩れでバスが南郷洗堰折り返しだったこと(15日夕方頃から新浜まで延長)などなど…私の家は直接被害はありませんでしたが、同じ学区でも、もう少し違う場所に住んでいたら、どんなことになっていたかしれません。本当に、日常と非常が隣り合わせの、境界線に自分はいたのだな、と考えさせられ、無事でいられることを感謝しました。

この件については、機会がありましたら、別途書かせて頂きたいと思います。
改めまして、ここに1日も早い復旧を祈念します。

                 §             §

路線バスの歴史を調べる上では、道路、駅、病院、役所など、あらゆる施設の歴史が関わってくるのですが、その中で特に石山駅以南の鉄道がない地域で、「学校」というのは非常に重要なキーワードです。ちょっとそこまで歩けば学校、というような市街地と違い、大阪なら1つの市、いや、それをはるかにしのぐ広大な学区、歩くのには危険な道路といった地理的条件から、通学はバスに大きく依存しているのです。

今からちょうど60年前、1952(昭和27)年は、GHQが廃止され日本が独立した年ですが、その年のちょうど盆明けから8月末にかけての今頃の時期、大津市では、南郷中学校の通学バスが問題となっていました。

この前年の1951(昭和26)年4月1日、大津市と、坂本、下阪本、大石、下田上(しもたなかみ)の5つの村が合併しました。今回関係するのは、後者の2つの村です。私は、独立した1つの自治体だから、もともと1つの村立中学校があったのだろうと思っていました。そして、それが合併後に大津市には継承されず、通学距離が延びる、といった問題かな、と思っていました。ところが、数回にわたって掲載された新聞記事を読むと、単にそれだけの問題ではない様子なので、『大津市史』などでもう少し詳しく調べると、現在の6・3・3・4制がスタートした1947(昭和22)年時点から現在の大津市立粟津(あわづ)中学校や瀬田中学校、田上(たなかみ)中学校も関係する、実に複雑な離合集散を繰り返していたのです。

急いだので、決して見やすくはないと思いますが、大津市立粟津・瀬田・田上各中学校のHPや『大津市史』を参考に年表と図を作りました↓

[昭和27年 大津市立南郷中学校通学問題Ⅰ]の続きを読む
高島町(高島町駅前) たかしまちょう(たかしまちょうえきまえ)
所在地:高島市勝野
開設年月日:1962(昭和37)年5月19日?
廃止年月日:1974(昭和49)年7月20日?
付近:JR近江高島駅(旧江若鉄道高島町駅) 公立高島総合病院
キロ程:高島本町から0.4キロ (近江今津から13.9キロ 浜大津から38.9キロ)


JR近江高島駅の位置には、江若鉄道の高島町駅がありました。1927(昭和2)年の開業当初は旧村名から「大溝駅」という名前で、1943(昭和18)年、高島町が成立した頃に改称されたようです。「高島」や「近江高島」でもよさそうなのに、敢えて「町」を付けたのは、町制施行のPRでしょうか?だいたい、後ろに「市」「町」を付ける駅名は、他に同じ名前の駅があって区別しにくいとか、市町名が旧国名で漠然とし過ぎているなどのケースですね。



高島の地名は古く、古代の文献にも既にその名が記されているそうです。百貨店の「髙島屋」の高島は、この高島に由来しています(創業者・飯田新七が婿養子に入った先の飯田家が高島の出で、義父・儀兵衛が営む髙島屋という米屋の隣で古着屋「たかしまや」を開いたのが始まり)。

また、東京都板橋区の高島平団地も間接的ですが、この高島に関係します。(先祖が高島出身である高島秋帆(しゅうはん)が今の高島平に当たる土地で、1841年、日本で初めて洋式砲術と洋式銃陣の公開演習を行なったため、「高島平」と名付けられた)

↓現在の近江高島駅。私は、岡山県に「高島駅」があるから、こちらが「近江」を冠したのかと思ったら、岡山県の高島駅は1985(昭和60)年開業と意外なほど新しく、北海道の国鉄池北(ちほく)線にかつて高島駅が存在したために「近江」を冠したらしいことが分かりました。

IMG_4509.jpg

↓高島、と言えば何と言っても「ガリバー青少年旅行村」です。公式HPを見ても、いつ頃からあるのか、なぜ高島で「ガリバー」なのかはよく分かりませんでしたが、なんしか降りるとすぐ目に入る巨大なガリバーです。

[高島町(高島町駅前) 【京都今津線21】]の続きを読む
ずっと京都今津線の記事が続いておりましたので、久しぶりに別の、最新の話題。

といっても固唾を呑んで見守ったオリンピック、サッカー準決勝でも、女子マラソンの不振でも、福原愛の銀メダルでもなく、大津営業所の新車の導入とB車がゾロゾロ現れた滋賀大臨時便について。

最近、B車の新車が導入された大津営業所ですが、これに続いて、いすゞ製の一般路線用の新車が導入されました。私が確認できた限り2台で、社番(登録番号)はN-6220(滋賀200か921)、6221(滋賀200か922)です。

もともと腕がないのに、通勤途中で急いでいるは、滋賀大直通臨時便でB車が次々現れるはで、忙しくて?大した写真はありません(汗。 

IMG_0201.jpg

市民病院行きへの充当は、高齢者の利用を考えると順当ですね↓

IMG_0204.jpg

日野のブルーリボンⅡと見た感じほとんど変わりません。今は目新しいですが、大阪の「趣味仲間」に言わせると「同じような車ばかりでイマイチ面白くない」「飽きた」とのこと、私も今に飽きるのでしょうか(苦笑)。

↓こちらは教員免許状更新講習用の臨時の滋賀大学行き 

[いすゞの時代]の続きを読む
高島本町 たかしまほんまち
所在地:高島市勝野
開設年月日:1962(昭和37)年5月19日?
廃止年月日:1974(昭和49)年7月20日?
付近:高島老人福祉センター 高島市シルバー人材センター 高島郵便局 高島市商工会高島支所
キロ程:新町から0.4キロ (近江今津から13.5キロ 浜大津から39.3キロ)




旧高島町の中心です。古くからの商店や町家が軒を連ねています。
山車(だし)が見えます↓

IMG_4466.jpg

↓今思えば真正面から撮影すればよかったなあ。もうだいぶ前に撮影したので状況をよく覚えていませんが、そこまで思いが至らなかったのか、ひとがいたから遠慮したのか…。

IMG_4467.jpg

↓北を望んで撮っています。「新町」の項で取り上げた、屈曲しているスプリンクラーは、写真奥のカーブ、化粧品店の辺りから北にあります。

[高島本町 【京都今津線20】]の続きを読む
IMG_4459.jpg

新町 しんまち
所在地:高島市勝野
開設年月日:1962(昭和37)年5月19日?
廃止年月日:1974(昭和49)年7月19日?
付近:
キロ程:青冷寺から0.4キロ (近江今津から13.1キロ 浜大津から39.7キロ)


本格的に旧高島町の中心に入ってきました。



↓南を望んでいます。反対側のバス停がどこなんだろう?と思うところも多いですが、ここは上下のバス停が近いので撮影しやすいです。

IMG_4460.jpg

「新町」なんてどこにでもありそうな地名で、マンガみたいなバス停名です。この南の「本町」に対して、新しく開けたということでしょうか?『角川大地名辞典』にも載っていません。

↓逆に北を望んでいます。

[新町 【京都今津線19】]の続きを読む