青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。

“ありがとう”って伝えたくて あなたを見つめるけど
繫がれた右手は 誰よりも優しく ほら この声を受けとめている

水野良樹 作詞・作曲 いきものがかり「ありがとう」(NHK連続テレビドラマ小説「ゲゲゲの女房」より)




東日本大震災をはじめ、紀伊半島豪雨、海外ではタイの大水害など、恐ろしい災害の多い1年でしたが、締めくくりは、こうした災害などで辛い思いをされた方々によい年が訪れることを祈りながら、温かい話を書きたいと思います。

宜しければBGMとして、最近、資料整理やブログ記事を書く時によく聴く、「いきものがかり」『ありがとう』の合唱版を、宜しければ一緒にお聴き下さい。



↓55年前の今日、1956(昭和31)年12月31日付京都新聞市民版より

S31.12.31KC 山科の京阪バス運転手感謝の表彰b

今でいう山科営業所の京阪バスのこの運転手さんの親切に、京都府交通安全協会から、「優良運転手」のバッジが授与され、地元醍醐市政協力委員会でも、表彰を検討している、という記事です。

受け持ち路線が固定されていたのか、記事にそう書かれているだけなのか、いわゆる「三六線」に従事していたようです。今は地下鉄東西線のルートで、大動脈となっているところが、当時は1日47往復、およそ30分ごとの運行という信じられない少なさです。

↓97年の地下鉄東西線開通まではこの路線の直系の末裔ともいえる路線がありました。A-1817号車。T.F.様撮影です。
[年末のありがとう]の続きを読む
スポンサーサイト
五十川 いかがわ
所在地:高島市新旭町饗庭字五十川
開設年月日:1962(昭和37)年5月19日?
廃止年月日:1974(昭和49)年7月19日?
付近:大國主神社(五十川神社)




記事をUPするに当たって、一応「五十川」でキーワード検索して初めて、「いかがわ」と読むのだと知りました。歩いている時から今までずっと「いそかわ」だとばかり思っていました。地名は難しい!

IMG_3993.jpg

地元の方には当たり前の景色なんでしょうけど、撮影から時間が経ってしまって、もうどっち向きに撮ったんだか忘れてしまいました(爆)。ごめんなさいm(__)m

[五十川【京都今津線7】]の続きを読む

"Dark and dull night, fly hence away,
And give the honour to this Day,
That sees December turn'd to May."

暗く淀んだ夜よ、ここから飛びされ!12月が5月に変わるこの日に栄誉を与えよ!

〝What Sweeter Music″
Robert Herrick詞  (1591-1674)



クリスマス、いかがお過ごしでしょうか?
私は「ジングルベル」とか「サンタクロースがやってくる」などのクリスマスソングとは一味違った静かなクリスマスキャロルを聴きながら、一人寂しく……いや、読者の皆さんと共に過ごしております(何を言うとるねんw)

honourという綴りでも分かるように(アメリカ英語では〝honor"が普通)、今日は前から気に入っているイギリスの有名なキャロルを聴きながら、これを書いています↓ ついこないだまで僕もこんなボーイソプラノだった(???)。



さて、10月24日付拙稿京阪電鉄 350型導入 45年が思いがけず大変な反響で、多数のコメントを頂きましたが、これに関係して、いつもお世話になっているT.F.様より、47年前の今日、1964(昭和39)年12月25日他に撮影された京阪電車の写真を多数ご提供頂きましたので、「47年前からのクリスマスプレゼント」として、皆様にご覧頂こうと思います。

京阪電車そのものにはあまり詳しくありませんで、車両や運行そのものの解説はあまり書けませんので、今回も、京阪電車に詳しい方、沿線の住民の方、ご出身の方などからコメントでフォローして頂けると幸甚です。

以下の4枚が、47年前の今日撮影された写真です。昔のクリスマスの大津はどんなだったのでしょう?

↓単行運転があったんですね。上3枚は京津線のようです。「幸福相互銀行」や、「商工中金」は現在の大津商中日生ビルなどの位置に当たります。「観光案内所」には「初参り」の文字が見えますが、これが今の京阪大津ビルの前身ではなかろうかと思います。従って、現在のコジマの辺りから、南東を向いて撮影している格好でしょう。

39-12-25_25.jpg

↓2枚目と4枚目には、京阪バスのボンネットバスの姿も見えます。

[47年前のクリスマスからのクリスマスプレゼント]の続きを読む
11月19日、もはや常連になりつつある、大阪・福島の「ザ・シンフォニーホール」に、楽しみにしていたスタニスラフ・ブーニン(Станислав Станиславович Бунин, Stanislav Stanislavovich Bunin 1966-)のピアノリサイタルを聴きに行きました。

※キリル・アルファベット(ロシア語やブルガリア語などスラブ系のことばで使うアルファベット)をどうしたら半角にできるのか分からなかった(汗

ブーニン

今回、当初の予定と曲目が変わって、却って私の好きな選曲になったので、曲目が変わってからチケットを購入しました。

ネットで調べると、結構、毀誉褒貶(きよほうへん)がありますね。
「誉」「褒」の方が圧倒的に多いものの、時々、同じような曲ばかりで選曲が下手とか、あり得ないミスがあったとか、急に1曲キャンセルしたとかいう批判も書かれていました。まあプロはいろいろありますね。ロシア人だから、感覚や考え方が日本人とはもちろん、西欧人ともちょっと違うだろうし、その日の調子もあるでしょうし。

幸い、私が聴いた時は特にアクシデントだとかそういうのはありませんでしたし、ホールいっぱいに美しい音が響きました。

ssIMG_2669.jpg


でも、たまに靴の音がすることには驚きました。ペダルを踏む勢いでカツンとなる他に、リズムを取っているのか気持ちが高まっているのか、ペダルと関係ない左足を鳴らす時もあるし、正直どうかな…と思いましたが…。あの靴音は有名なようで、調べたらいろんなサイトさんで取り上げられていました。

まずいきなり超有名曲、『主よ、人の望みの喜びよ』BWV147(Jesu, Joy of Man's Desiring カンタータ第147番「心と口と生活をもって」より ヘス編曲)でノックアウトされました!正直、これを最初に持ってくるか?とも思いましたが。

↓若い頃のものと思われる動画がありました。2:00辺りで1カ所明らかに音が違っています。(「YELL」の伴奏もやっとこさのお前が言うなよ、ていう話かもしれんけどwww)




[ピアノの演奏と車の運転は似ている?]の続きを読む
岡 おか
所在地:高島市新旭町饗庭(字岡?)
開設年月日:1962(昭和37)年5月19日?
廃止年月日:1974(昭和49)年7月19日?
付近:


木津から湖西線のガードをくぐり、国道161号線高島バイパスを渡って間もなく、です。




IMG_3985.jpg

何で田舎に行くと、よく「探偵・調査」とかの広告が貼ってあるんだろう?サラ金もよくありますね(苦笑)。

IMG_3984.jpg


辺りは古くからの集落です。もともとは161号線だったはずのこの道も、高島バイパスにその役割を譲り、今も交通量は多いものの、ふっと長い時間、車が途切れることもあります。このバス停の少し北、高島バイパスとの交差点、セブンイレブンがある辺りには「この道は生活道路です。高島方面はバイパスを利用して下さい」と書かれた標識がありました。

IMG_3986.jpg

[岡 【京都今津線6】]の続きを読む
夏に北海道に行った、大きな目的の1つに、北海道新幹線の工事が進むと、見学できなくなると言われている、青函トンネル(1988年開通)の見学がありました。
その前に、青函トンネルの前史ともいえる、青函連絡船の歴史を知りたいと思って、函館駅のすぐ近くにある「青函連絡船記念館 摩周丸」を訪れました。

開館までにはさまざまな紆余曲折があったようですが、今は五稜郭とともに、函館観光の目玉の一つです。

DSC_0606.jpg

DSC_0592.jpg

DSC_0598.jpg

DSC_0599.jpg

↓廃止直前の1987(昭和62)年頃のポスターですが、ついここ5年、10年くらいのものかと思われるような美しい写真と、現代的なコピーです。

DSC_0582.jpg

[知らず知らずのうちに出会っていた『氷点』 氷点Ⅴ]の続きを読む
今でこそ、バスもAT(オートマチック)車がごく当たり前になってきましたが、もともとは大型車はMT(ミッション)が当たり前でした。私は車のことや技術的なことに興味がないので、よく分かりませんが、その方が大きな力を出すのには有利なようです。

京阪バスでは、比叡山を抱えている山科とともに、大津もAT車の割合が低く、下の、2年前に導入されたW-3001をはじめ、今年相次いで入った中型車4台を含めた5台以外、現在AT車はありません。比率は約1割ということになります。

s-IMG_0017.jpg

大阪の排ガス規制が急に厳しくなったため、AT車である下のN-3879や、N-3891、3892は相次いで男山や京田辺など、大阪府下に乗り入れる路線がある営業所に持って行かれてしまいました。

↓大変貴重な、「石山駅」だけを表示するN-3879。何年かこの「商売」をやっていると、こういうことにも出会う…



AT車なんて、このように、ここ最近登場したものなんだろうな、と思っていたら、実は今から50年以上前に既に作られていて、しかもそれが、京阪バス大津営業所に納車されていたことが分かりました。
55年前の今日、1956(昭和31)年12月14日付読売新聞↓
[国産初のATバス 京阪バス大津営業所に]の続きを読む
(今回、交通関係の話題ほぼ0ですので、ご興味のない方はまた別の記事をお待ち下さい。すみません)

今年の秋は、例年にも増して、よくクラシックのコンサートに行きました。10月だけで4回、11月は2回行き、今月も2回行く予定にしています。ポピュラーなものは聴かないのか、と読者の方に訊かれたことがありますが、聴かないわけではありません。ただ、わざわざコンサート、ライブまで行くことはありません。

今秋、最初に行ったのは、10月2日付拙稿"This train's destination is changed to Tsuchiyama." で触れた、アルゼンチン人ピアニスト、ブルーノ=レオナルド・ゲルバー(Bruno Leonardo Gelber)のピアノリサイタル。アルゼンチン人といえば、圧倒的大多数がスペイン系ですが、彼はオーストリア系なのだそうです。

ゲルバー

脚が悪く、多分、お弟子さんかマネージャーだと思いますが、付き添いがないと、舞台で歩くのも不自由です。まさか太り過ぎで体重が支えきれないのか?と最初失礼なことを思ったのですが、後で、幼い頃の小児麻痺が原因と知りました。その彼に、3歳からピアノを教えたという彼の母は、どんな気持ちで、何を願いながらレッスンしていたのでしょう?その成果たる大輪の花は70歳になっても開いています。

ベートーヴェンは、他の作曲家に比べ、ある程度力とスピードでぐいぐい押していく部分が必要だと思いますが、それを見せつけるような、しかし無駄な力みのない、流れるような音の粒に圧倒される約2時間でした。

IMG_2500.jpg

29日は、西宮の兵庫県立芸術文化センターまで、「ベルリン・バロック・ゾリステンwith樫本大進」を聴きに行きました。樫本大進(かしもとだいしん 1979-)は話題の超有名人とあって、会場は満員、チケットを手に入れるのも苦労しました。

[コンサートのアクシデント]の続きを読む
木津 こづ(こうづ?)
所在地:高島市新旭町饗庭(字木津?)
開設年月日:1962(昭和37)5月19日?
廃止年月日:1974(昭和49)年7月19日?
付近:建速神社 高島浄化センター 木津浜水泳場


今津中浜、今津南浜の情報を頂きましたので、雪や凍結の心配がない春以降に再調査行う予定です。それまで京都今津線の記事が全く進められないと、読まれている方も気になるかと思いますし、何しろ本線上だけでざっと70か所ものバス停があり、写真の数も膨大なものであり、少しでも進めないと私の方でも先々の進行上いろいろ問題があるため、とりあえず木津から順番に進めていきます。

☆ご利用上のご注意
京都八日市線など、他の廃止路線についてもバス停跡を訪ね歩いておりますが、基本的に古い路線図や住宅地図、あとは現在も存在する他社のバス停に依拠するもので、位置が100%正しいという保証はありません。万一、位置の間違いや、ここには京阪バスは止まっていなかった、などの情報がおありの方はお知らせ下さい。


IMG_3977.jpg

びわ湖沿いを南下して、「木津(こづ・こうづ)浜」と呼ばれる浜から、細い道に右折してすぐが、「木津」バス停です。ここからは旧新旭町です。

山城の「木津川」と同じ「きづ」と読むのだと思い込んでいましたが、調べると「こづ」ないし「こうづ」という読み仮名が振られていました。本当に地名は難しい。



ゼンリンの「高島郡北部」(1994年)の住宅地図を参考にして行ったのですが、北行きと南行きが大きく位置がずれています。地図では、どちらがどちら行きだったのかがよく分かりませんが、北側のポールの記号は、この辺りだと分かりました。南を望んでいます。↓

IMG_2325.jpg

↓左に見える立派な塀のお宅は、住宅地図発行当時はどうもたばこ店だったようですが、今は普通のお宅でした。

IMG_2327.jpg

↓南側のバス停の位置

[木津【京都今津線5】]の続きを読む
北海道に出張に行った友人が買ってきてくれて、「秘密のケンミンショー」でも大評判で、ホンマかいな、と思っていたのですが、ホンマにおいしかった「よいとまけ」♪
気に入ったので、自分でも北海道に行った時に買ってきました↓
 
IMG_1435.jpg

↓製紙工業が盛んな苫小牧で、パルプ原料に使う丸太を上げ下ろしする掛け声から来た名前で、形は丸太、周りのジャムは、勇払原野に自生する「ハスカップ」のジャムで、まさに苫小牧ならではの名物といえましょう。

IMG_1438.jpg

「名物にうまいものなし」と言いますが、これは冗談抜きおいしかった!

IMG_1439.jpg


IMG_1436_20110828214928.jpg

私が見た限り、どこにも日本語では同じこと書いていなくて、参りました。しゃーない、面倒臭いけどなけなしの英語力で、なになに……

三ツ星は1898年、北海道小樽に誕生しました。当時、外国人向けに北海道で最初にパンを生産した他、ケーキも作っていました。その後、「小林三ツ星堂」が苫小牧駅前に開店しました。その時から現在まで、わが社の従業員一同により、幾度も繰り返し研究が続けられ、北海道・苫小牧の味として愛されています。



………辞書も見ないでだいたいこんな感じだろうと思って適当につけた訳なので、あまりあてにしないで下さい。どこにも従業員(employeeまたはpersonnel)ということばはありませんでしたが、everybody in our companyとあったので、結局はしっくりくる日本語は従業員一同とか、社員全て、みたいな感じかな、と思って意訳しています。…英文科ご出身の方、添削お願いします(???)。

[名物にうまいものあり]の続きを読む