青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
今日は洛南5回目です。

↓京22か1948 C-3283 1978(昭和53)年式RE121P 

京22か1948

場所はよく分かりません。後ろで何を建てようとしているのでしょう?
幕は回送ですが、位置がずれています。故障でしょうか。まさか手動だから逆に中途半端なところで求められるのでしょうか。

↓京22か1950 C-3284 1978(昭和53)年式RE121P
[京阪バス《洛南》現在完了進行形⑤]の続きを読む
スポンサーサイト
観光バスばかりが続くというのも何ですが、洛南4回目です。

↓京22か1313 C-3247 1976(昭和51)年式RE120 4枚も写真が残っていました。

京22か1313④

今まさに市内半日コースに出発したところでしょうか。

↓こちらはもしかすると、駐車場から出てきて乗場につけるところで、上の写真の前の段階でしょうか?
[京阪バス《洛南》現在完了進行形④]の続きを読む
洛南営業所3回目です。

↓京22か719 C-1907 1973(昭和48)年式B805K

京22か719

定番の市内早回りコースの表示です。

↓同じ車両が競艇場送迎輸送についています。そばを走っている車も懐かしいですね。
[京阪バス《洛南》現在完了進行形③]の続きを読む
洛南2回目です。

↓京2い1417  C-1187(旧社番2464) 1970(昭和45)年式MR470

京2い1417

東山三条の西南角から東方向を眺めています。尾花川と書かれているので、びわこ競艇場の無料送迎バスです。
1976(昭和51)年頃に車番が今の規則になって、変更されているのですが、その後になって撮影されたもののようです。

↓京2い1422 旧社番2469 1970(昭和45)年式MR470
[京阪バス《洛南》現在完了進行形②]の続きを読む
今回から洛南営業所に進みます。本社のおひざ元であり、今の京都京阪バスの源流の1つである京阪シティバスもこの営業所の一般路線の部門を受け継いだものでした。

1985(昭和60)年から1996(平成8)年まで、定期観光バス、高速バス、貸切バスのみを担当していたので、一般路線のイメージがあまりありませんが、T.F.様が撮影されていたのは1985年以前のことなので、一般路線用車両の写真もあります。

↓京2い1365 旧社番2343 1965(昭和40)年式MAR470

京2い1365

重厚な、バスらしいバスです。近江鉄道バスに似た車両があったのが記憶がありますが、怖いような、怒っているようなエンジン音だったと思います。

↓京2い1366 旧社番2344 1965(昭和40)年式MAR470
[京阪バス《洛南》現在完了進行形①]の続きを読む
長らくのお付き合いありがとうございました。いよいよ山科営業所最終回です。

↓京都22か4501 A-1683 1988(昭和63)年式P-MP218M

京都22か4501

小栗栖団地で折り返し待ちのようです。

↓京都22か4509 A-1688 1988(昭和63)年式P-MP218M
[京阪バス《山科》現在完了進行形⑯]の続きを読む
山科15回目、そろそろスケルトンボディの車両ばかりになってきます。

↓京22か3608 A-1601 P-MP118M

京22か3608

三条京阪での撮影です。
この辺りが山科営業所最後のモノコック車両です。

↓京22か3609 A-1013 P-MP218M 2012(平成㉔)年5月11日付拙稿京都-奈良間 奈良電鉄バス開通60年でも取り上げた写真です。
[京阪バス《山科》現在完了進行形⑮]の続きを読む
山科営業所14回目です。山科営業所としては初めて、中型車も登場します。

↓京22か3304 B-1587 1983(昭和58)年式MP518M

京22か3304

三条京阪での撮影です。前回のB-1588より更にシートがよく見えます。懐かしいです。

↓競艇場行きの無料送迎バスの表示を出して停車中です。後ろにエアロスターKがいるのが見えますが、この当時はモノコックボディとスケルトンボディの端境期で、新旧の落差が大きく感じられます。スケルトンボディが物凄く斬新で格好よく見え、ブルドッグが来るとがっかりしたものでした。
[京阪バス《山科》現在完了進行形⑭]の続きを読む
山科営業所の車両写真も13回目、今日を含めてあと3回残すのみとなりました。

↓京22か3248 C-1584 1983(昭和58)年式K-MP518N

京22か3248②

「市内嵐山一日コース」と書かれていて、祇園、八坂神社をバックに西に向かっています。正直、京都の東の端で「嵐山」と書かれていると「渋滞に巻き込まれないかな?」「僕なら洛東から洛西に横断するようなプランは組まないな」と思ってしまいますが、現在も「京都一日~嵐山・金閣寺・清水寺・三十三間堂~」というこれに相当するらしいコースがあります。
この当時はこのまま四条通を突っ切っていたのかもしれませんが、今はさすがに無理でしょうね。紅葉の時期なんて、ちゃんと時間通りに行けるかやきもきドキドキでしょうけれど、長年のノウハウでできるだけ渋滞に巻き込まれないルート、時間帯を考え、乗客を退屈させたり、イライラ落ち着かない気分にさせたりしないよう考えられているのでしょう。

↓同じバスが京都駅前を西に向かっています。
[京阪バス《山科》現在完了進行形⑬]の続きを読む
山科営業所の車両写真12回目です。

↓京22か2825 A-1529 1981(昭和56)年式MP118M 山科駅で25号経路として客扱い中です。

京22か2825②
↓同じ車両の三条京阪での写真もありました。13号経路の小栗栖団地行き、12号経路と類似した系統で、やはり三条通経由ですが、山科駅には入りませんでした。
[京阪バス《山科》現在完了進行形⑫]の続きを読む