青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
今からちょうど60年前、1956(昭和31)年3月17日付滋賀日日新聞↓

S31.3.17S 高い通学費で対立 大石b

2012(平成24)年8月16日付拙稿昭和27年 大津市立南郷中学校通学問題Ⅰなどのシリーズでも取り上げた、久々の南中の通学問題ネタです。

騒動から4年、保護者も諦めて南郷中学校に子どもを通わせていたようですが、ここにきて、バス通学定期代の高さが問題となったようです。
[旧国鉄バス近城線延長と南郷中学校 通学定期券問題]の続きを読む
スポンサーサイト
55年前の今日、1957(昭和32)年3月25日付読売新聞滋賀版↓

S32.3.25Y 水口で国鉄バス創始者の石碑除幕式b

国鉄バス創始者・故 菅健次郎氏(1897-1946)の顕彰碑が水口の城山に建立され、55年前の今日、除幕式が行われる、という記事です。(記事中「健次郎」が「建次郎」と書かれていますが、石碑には「健次郎」と書かれており、実際それが正しい表記です)

水口(甲賀市水口町)なんて全然行ったことがなかったのですが、湖東方面に用事がある時に立ち寄ってみました。



ネットで検索したところ、いくつかのサイトさんがヒットしましたので、その記事を参考にして行ったのですが、細かい位置は分からず、とにかく「古城ヶ丘公園」に行けばあるらしい、という情報だけで無謀にも飛び出してしまいました。

地図で、駐車場があるらしいことは分かっていたのに、なかなか見つけられずにウロウロ。

城山中学校の裏手の山に続く道に、「駐車場→」と書かれた札があるのに気付いて、エラいところに駐車場があるんだな、と思って登ったら、何かの施設のところで道が塞がれている…(下の地図の目印の辺り)



[1957(昭和32)年3月25日 国鉄バス創始者「菅健次郎」顕彰碑除幕式]の続きを読む
京阪バス大津営業所の路線の歴史を調べる上では、並行するライバル他社の歴史も必然的に絡んでくるわけですが、本数は少ないながらも異彩を放っていた、石山駅-信楽駅間の国鉄バス(JRバス)は印象的です。2002(平成14)年9月30日に廃止され、現在は「信楽高原バス」が京阪石山寺まで乗り入れています。

京阪バスのバス停はほぼ1つ飛ばしにしか停まらず、運賃こそ京阪バスとの並行区間では京阪バスに合わせているものの、京阪宇治交通(京阪宇治バス)と違って、京阪バスの回数券が使えず、現金でしか支払えなかったため、私も長い間住んでいるのに、2,3回しか乗った記憶がありません。

11月12日付の拙稿「京阪宇治交通石山線 生誕48周年」でご紹介した、宇治交通の車両写真をご提供頂いた、まんたろう様が、ありし日のJRバスの写真を撮影されていました。1989(平成元)年10月22日撮影ですから、西日本JRバス発足約1年半後ですね(西日本JRバスの発足は、JR西日本発足より11カ月後です)。
改めまして、まんたろう様、ご協力ありがとうございます。

京22か2198

今の京阪石山駅の少し広場寄り、駅舎の向かって左手、京阪電車の線路との間に、国鉄バスだけの回転場がありました。ここでもバスに乗れますが、他社のバス同様、広場の方でも客扱いしていました。

この路線は正式には近城線(きんじょうせん)といい、メインはあくまでも奈良駅-加茂駅-信楽駅-貴生川駅間だったようです。つまり、「江」と「山」を結ぶ路線ということです。これは私も最近知りました。奈良ナンバーの車両が使われていることがあって、驚いたことがありましたが、そう考えれば納得ですね。

55年前の昨日、1955(昭和30)年12月18日付の読売新聞滋賀版で、12月21日付での、国鉄バス新路線の開通が報じられます↓
[ありし日のJR(国鉄)バス近城線 信楽‐鹿跳橋開通55周年]の続きを読む