青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
運動会のシーズンです。
職場や地域の運動会もありますが、一般にイメージされやすいのは圧倒的に学校の運動会でしょう。最近、秋に行事が集中し過ぎる、熱中症を防止するといった事情で、春に運動会が行われるケースがしばしばあるようです。また、北海道など、秋が早くから寒くなってしまう地域や、稲刈りなどの農作業で親が忙しい地域は、もともと春に運動会が行われるのが普通なのだそうです。しかし、俳句においても「運動会」が秋の季語とされているように、今でも関東以西の多くの地域の日本人にとっては、やはり秋の行事という印象なのではないかと思います。

↓大阪環状線 福島駅から見えた運動会の準備が整ったグランド。あとで大阪市立上福島小学校だと分かりました。これも秋の光景です。

IMG_2465.jpg

「運動会」は日本や、日本が戦時中に占領していたことで影響を受けた韓国や台湾などに特有のもので、世界的にはあまりない行事のようです。地方に行けば行くほど、時代が古くなればなるほど、地域全体のイベントという色合いが濃くなり、気が付いたら大人の方が夢中、なんていうことも…。

しかし、臨時バスまで出すという話は聞いたことがありませんでした。

↓ちょうど65年前の今日、1952(昭和27)年10月14日付京都新聞山城版より
[中学校の運動会に臨時バス?~移転前の最後の運動会]の続きを読む
スポンサーサイト
京阪宇治バスと京阪シティバスが合併して京都京阪バスになって早1年半、まだこの社名になじめません。
本当に何を考えてつけられたのかさっぱり分からない…と苦言を呈しつつ、古い新聞記事に目を通していたら、今からちょうど60年前の今日の京都新聞山城版に面白い記事が載っていましたのでご紹介致します。

↓1955(昭和30)年9月9日付京都新聞山城版の読者投稿記事。タイトルはずばり「宇治バスに苦言を呈す」

S30.9.9KY 宇治バスに苦言(投稿)b

2014(平成26)年2月21日付拙稿布施屋町【旧大津市内線10】でも似たようなことをご紹介しましたが、なかなか難しいです。
投稿された方は、宇治バスは宇治市内に他に競争相手がないから大きな顔をしているのだ、と言っています。

[宇治バスはサービスが良い?悪い?]の続きを読む
今回は、京阪宇治交通(宇治バス)の廃止された路線の写真をいくつか取り上げたいと思います。

まず、T.F.様からご提供頂いた、貴重な写真、39系統京都駅発天ヶ瀬ダム行き↓

京22か895

京22か895 横に市バスが写っていることや、背景から京都駅だろうと思われます。

ひとが乗っている気配がありません。昭和50年前後の撮影だと思われますが、この当時から既に苦戦でしょうか?
1970(昭和45)年3月24日に開通しました。

↓こちらはまんたろう様が提供して下さった、茶屋村の写真。
[懐かしの廃止路線【さようなら京阪宇治バス・京阪シティバス6】]の続きを読む
前回に続き、京阪シティバスを取り上げます。

↓短命に終わった4社共用の標柱。

IMG_2808.jpg

↓大下津の「京阪シティバス」表記も短命でした。12月からの3,4か月のためにわざわざきちんと用意されていました。

IMG_3332_20140419182349b23.jpg

今年3月31日までの間は京阪淀を別にすると、ここだけが淀長岡京線と淀山崎線の両方が停車するバス停でした。4月1日以降は、洛西浄化センターにも両路線が停車していますが、このように3社の標記が見られたのは3月いっぱいまでの大下津だけだったことになります。

↓シティ唯一のB車だったB-1899。
[さようなら京阪シティバス②【さようなら京阪宇治バス・京阪シティバス5】]の続きを読む
京阪宇治バスの話が続きましたので、ここで京阪シティバスも取り上げます。

IMG_3386.jpg

「京阪シティバス」と言っても、ある程度詳しい方でないとご存じないかもしれません。もしかすると、宇治や久御山で毎日乗っていた方でも、車体の色から、「京阪バス」だと思い込んでいたようなひとさえいるかもしれません。

1998(平成10)年に京阪バス洛南営業所の一般路線を分離する形で発足し、翌年から運行を開始しました。京阪バスの全額出資子会社で、京阪バス寝屋川支所の運行管理などの委託も受けていました。

京阪宇治バスや京都バスのようなほかの京阪系の会社と違って、自社の公式HPも持っておらず、ほとんどの路線が京阪宇治バスと重なっていて、独自性が低く、一般路線用車両も11台しかなくて影の薄い会社でした。

こうしたことも、京阪宇治バスのエリア内で運行を続ける存在の意味を問われる大きな原因となったことでしょう。

↓これが会社合併直前の段階での京阪シティバス路線の全てです。
[さようなら京阪シティバス①【さようなら京阪宇治バス・京阪シティバス4】]の続きを読む
今回は「さようなら京阪宇治バス・京阪シティバス」企画の第3弾として、京阪宇治交通の、T.F.様が主に京阪宇治で撮影されたと思われる写真を皆様にお届けしたいと思います。
例によって車両のこと分かりませんので、詳しい解説は付けられません。ご了承願います。

↓前の前の代の懐かしい塗装です。私もうっすらしか記憶にありません。中扉付近に車掌窓があるのでツーマン運転が可能、または実際ツーマン用を改造したのかもしれません。

京22か1238

↓これもはっきり分かりませんが、京阪宇治駅前ではなかろうかと思われます。
[昭和の京阪宇治と宇治交通【さようなら京阪宇治バス・京阪シティバス3】]の続きを読む
お待たせ致しました。「さようなら宇治車庫」の第2弾です。前回に続いて、T.F.様の写真です。

↓まずは、「うらら」のご先祖様?京22か3444

京22か3444

京22か3444 リア

ネットで検索してもほとんど何の情報も出てきませんが、貸切車であることは間違いありません。

↓こちらはついこの間まで使われていた給油所?だろうと思われます。京2い2056

[さようなら宇治車庫②【さようなら京阪宇治バス・京阪シティバス2】]の続きを読む
本ブログをよくお読み頂いている方なら、恐らく皆様ご存知の通り、来る4月1日、京阪宇治バスと京阪シティバスが合併し、社名が「京都京阪バス」になります。

今回から、これらの2社に別れを惜しんで、断続的に数回特集を組みたいと思いますので、宜しければおつきあい下さい。

存続会社は京阪宇治バスなので、宇治バスについては会社がなくなるわけではありませんが、「宇治」の名前がなくなることが残念な限りです。
この点、「京阪宇治交通株式会社」の法人格がなくなっても、「京阪宇治交サービス」「京阪宇治バス」として社名に「宇治」の文字が残った10数年前の複雑な離合集散の時とは決定的に違います。

↓準備真っ最中らしい新社屋

IMG_3513_2014032313141259a.jpg

IMG_3501_20140323131411f0c.jpg

IMG_3502.jpg

ただでさえ消費税増税の準備があるのに、会社の合併まで重なって、決算、登記、陸運局関係の手続き、バス停、アナウンス、運賃表や路線図の準備と引っ越しと、事務系社員も上を下への大騒ぎなのではないでしょうか。

↓京阪淀駅で

IMG_3316.jpg

…このネーミング、何とかならなかったのでしょうか。
「『京阪京都交通』と紛らわしい」
「『京阪』の『京』は既に『京都』を表しているのに、そこにまた『京都』を重ねるのはくどい」
などの意見はなかったのでしょうか。田辺や城陽の住民が、「宇治じゃないのに宇治バス」と不満を言っていたというようなことも聞いたことがないので、「宇治バス」で良かったのではと思います。
[さようなら宇治車庫①【さようなら京阪宇治バス・京阪シティバス1】]の続きを読む
年明け早々、今話題沸騰中(???)の西山天王山駅に行ってきましたので、簡単に見聞録をまとめました。



出しなの石山駅で、何とポンチョの教習車!

IMG_2792.jpg

これは幸先の良いスタート???石山駅にポンチョなんてほとんど来ることがないのに、果たして練習になるのか…?何も新年早々教習なんかしなくても、という思いをよそに、どこかに走り去っていきました。

↓大津営業所管内でも、淀長岡京線の前掛けをつけている車両が見られます。

[西山天王山駅見物記]の続きを読む
宇治でバスといえば、京阪宇治バス…と若干の京阪シティバス、というのがもはや今の常識だと思いますし、私もそれを毫も疑いませんでしたが、60年前の今日、1953(昭和28)年6月7日付京都新聞山城版に、驚くべき記事を見つけました↓

S28.6.7KY 宇治市営バス営業許可申請b

宇治市営バス?

信じられません。

宇治の地理は詳しくないのですが、「一号線」は、今の宇治車庫の前を通って、木幡、黄檗辺りに向かって、今の東宇治図書館や宇治病院のある辺りまで行くということでしょうか。

二号線は、今もメインルートである、宇治淀線(淀宇治線)の辺りだと思われます。

三号線は、この春廃止になった310系統と近いような気もしますが、神明を通っていて、二号線との違いが分かったような分からないような感じです。小倉の次に何が書かれているのかもよく分かりません。

戦後の京都新聞の市内版、滋賀版、山城版、洛西版はほぼ全て目を通しましたが、私が見落としていない限り、宇治市営バスに関する記述はこの記事だけで、その後何も報じられておらず、もちろん、現在もそのようなバスはありませんから、何かの理由で頓挫したのでしょう。