青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
浜大津 はまおおつ
所在地:大津市浜大津一丁目
開設年月日:不明
付近:京阪浜大津駅 京阪大津ビル 浜大津港 明日都浜大津 スカイプラザ浜大津 NTT西日本滋賀支店(旧日本電信電話公社大津電話局) 旧大津公会堂 浜大津郵便局
キロ程:三保ヶ崎から0.5キロ




「長らくのご乗車」お疲れ様でした。
途中、近江木戸からびわ湖バレイ口の間で大きな中断を挟んでしまいましたが、近江今津から52.8キロ、浜大津に着きました。
つい、浜大津まで来たし、やれやれ終点だ、と私自身も思いそうになりますし、実際区間運転もあったのだと思いますが、「京都今津線」なので、これからまだ京都に向かわなければなりません。

間もなく、京津国道線が1946(昭和21)年2月22日に終戦後の運行を再開してから70年目です。更に、今年7月は、同線の東半分、46号経路浜大津-山科駅系統が廃止されてからちょうど10年目という節目の年でもあります。

そこで京都今津線のシリーズはこのまま、節目の年を迎える京津国道線に継続させます。長い旅ですが、お付き合いのほど宜しくお願い致します。

↓江若鉄道廃止申請書類中の図面

IMG_3885.jpg

南の、京都方面が上になっているので分かりにくいですが、浜大津港から見ている格好です。現在、バスターミナルや「スカイプラザ浜大津」があるところは、江若鉄道の駅舎や敷地でした。
[浜大津 【京都今津線73】]の続きを読む
スポンサーサイト
三保ヶ崎だけで3本立てになるとは思いませんでした。土地勘がなくて、道路のつながり方も満足に分かっていなくて、「取材」し終わった!と思っても後で新たに分かることも多く、結局3回も「取材」し直さざるを得なくなり、苦労しました。

↓漸く浜大津方面のバス停にやってきました。

ssIMG_3683.jpg



2008(平成20)年版の住宅地図までは、青く示した、10数mばかり競艇場前寄りにポールがあったように描かれています↓
[三保ヶ崎【京都今津線72-3】]の続きを読む
前回に引き続き、三保ヶ崎です。

ssIMG_3675.jpg

現在、堅田・近江今津方面のバス停に停車する、京阪バスの定期路線バスは1本もありませんが、比較的最近(2011年3月18日)まで、大津比叡平線が停車していました。

↓山科営業所管轄だったため、地下鉄連絡券に関する説明が貼り付けられています。

ssIMG_3773.jpg

↓橋としては珍しくカーブしている尾花川橋を渡って行きます。
[三保ヶ崎【京都今津線72-2】]の続きを読む
三保ヶ崎 みほがさき
所在地:(堅田・近江今津方面)大津市浜大津四丁目
    (浜大津方面、大津市内総合線市役所前・滋賀里方面)大津市浜大津三丁目
開設年月日:不明
付近:京阪三井寺駅 大津観音寺郵便局
キロ程:競艇場前から0.5キロ、浜大津から0.4キロ
※京阪バスでは1964(昭和39)年時点でも、現在でも浜大津から0.5キロとして扱われている


三保が崎は、唐崎 【京都今津線64-1】の項でもふれたように「枕草子」の中で「崎は唐崎、三保が崎」と言われるような景勝地でした。その割に『角川日本地名大辞典 25滋賀県』の記述は貧しくて、「昭和32年~40年の大津市の町名。中保町地先の琵琶湖岸を埋め立てて成立した町」と書かれているだけです(P672)。
町名だと思っていたら、もう疾(とう)の昔に正式な行政地名ではなくなっているのですね。

尚、その三保ヶ崎は、浜大津と競艇場の中間、「観音寺」交差点から湖側です。



あまり意識しませんが、地図を見れば実はちゃんと岬状の地形になっているのがお分かり頂けるかと思います。

新三保ヶ崎橋からの眺めなので、狭義の、岬としての「三保ヶ崎」は左手に見えている半島ということになります↓

IMG_3800_20140809100052a22.jpg

左手に写っている古い建物は、大正元年築、何と京大が旧制三高だった時代からある艇庫です。

↓逆にこちらの写真は、競輪場側の尾花川橋からの眺めです。
[三保ヶ崎【京都今津線72-1】]の続きを読む
前回は、堅田方面が中心でした。今回は、浜大津方面と競艇場無料送迎バスバスターミナルを取り上げます。

↓競艇場の南端にある「競艇場前」交差点の南北に歩道橋がありますが、これは北の歩道橋から、浜大津方面を眺めています。

IMG_4815_2014092720595481c.jpg

浜大津方面のバスは、ここで右折しています。

↓南側の歩道橋は、無料送迎バスのターミナルに通じているのですが、そこから南を見ると、三保ヶ崎からやってきたバスを見ることもできます。
[競艇場前/尾花川【京都今津線71-2】]の続きを読む
競艇場前 きょうていじょうまえ
所在地:(北行き)大津市尾花川 (南行き)大津市観音寺
開設年月日:不明
廃止年月日:(京阪バスとして)2011(平成23)年3月19日
付近:びわこ競艇場 尾花川警察官舎 尾花川公園 好和会みつばち保育園
キロ程:紅葉館前から0.5キロ




浜大津まであと少しです。競艇場が左に見えてきます。競艇場北の歩道橋から南向きに撮影しています↓

IMG_5710.jpg

↓江若の競艇場送迎バスは北側の出入り口から発着するようで、この日はワンロマ車が停まっていました。
[競艇場前/尾花川【京都今津線71-1】]の続きを読む
ホテル紅葉館 ほてるこうようかん
所在地:(堅田・近江今津方面)大津市皇子が丘三丁目 (浜大津方面)大津市茶が崎
開設年月日:不明
廃止年月日:(京阪バスとして)1985-1986年頃?
付近:(現在ないもの)ホテル紅葉本館 木下美術館
キロ程:柳ケ崎から0.8キロ(紅葉パラダイス前からの京阪バスとしてのキロ程は不明)


現在のバス停名は「茶が崎」ですが、京阪バス「ホテル紅葉館」江若交通「ホテル紅葉前」を名乗っていましたので、ここでは京阪バス「ホテル紅葉館」として扱います。

なお、「茶が崎」は、もともと不動川が琵琶湖に注ぐ三角州地帯の突き出た地形を「茶が崎」と呼んだことによる地名だそうです(『角川日本地名大辞典 25 滋賀県』P468)が、それがなぜ「茶」なのかまではよく分かりません。



町名としての茶が崎は南北に随分長くて、そのかなりの部分が、紅葉パラダイス、ホテル紅葉関係の施設で占められていました。

1回目に行った2011(平成23)年5月27日時点では、まだホテル紅葉関係の建物が残っていて、浜大津方面のバス停の背景となっていました↓

IMG_5715.jpg
[ホテル紅葉館【京都今津線70】]の続きを読む
紅葉パラダイス前 こうようぱらだいすまえ
所在地:(堅田・近江今津方面)大津市松山町 (浜大津方面)大津市茶が崎
開設年月日:不明
廃止年月日:(京阪バスとして)1995(平成7)年8月27日
付近:イオンモール西大津 (現在ないもの)紅葉パラダイス
キロ程:不明




江若交通浜大津線では、「ジャスコシティ西大津」を名乗っていました(現在は後述の通り「イオン西大津前」に変更済み)↓

IMG_5718_20140807161407845.jpg

しかし、浜大津方面のバス停には何とこんな古い掲示が残っていました↓

[紅葉パラダイス前【京都今津線69】]の続きを読む
柳ケ崎 やながさき
所在地:(浜大津方面)大津市柳が崎 (堅田方面)大津市松山町
開設年月日:不明
廃止年月日:不明
付近:旧大津びわこ競輪場 (現在ないもの)汽船バス株式会社柳ケ崎車庫 汽船タクシー本社 
キロ程:際川から1.1キロ(江若交通においては競輪場前から0.1キロ)


安井川湖西病院前の間も0.1キロしかありませんでしたが、ここも競輪場前からたった0.1キロしかありません。

↓柳ケ崎交差点を北から南に渡る江若交通浜大津線

IMG_4801_20150101165324e2b.jpg



際川の回で書きましたが、ちょうど昨日の正午、ここから北の中央線変移システムが廃止されました。
[柳ケ崎【京都今津線68】]の続きを読む
競輪場前 けいりんじょうまえ
所在地:(堅田・近江今津方面)大津市二本松 (浜大津方面)大津市柳ケ崎
開設年月日:不明
廃止年月日:不明
付近:旧大津びわこ競輪場
キロ程:不明(江若交通としては際川から1.0キロ)




2011(平成23)年3月に閉場となってからも、「競輪場前」を名乗り続けています。

戦後の競輪ブームはすごいもので、あまりにひとが殺到しすぎて、昭和30年代には競輪にまつわる犯罪やトラブルのニュースがしばしば新聞紙面を賑わしていました。臨時バスもかつては四条大宮からの直通便や、大阪の応援もあったそうで、私は自分の記憶にはないのですが、大阪ナンバーの京阪バスも普通に走っていたそうです。競艇場とともに競輪場の無料送迎バスの幕は、観光用も含め、京阪バス全車両が共通して標準装備していました。そのくらいの力の入れようだったのです。

時に、無料送迎輸送が諸事情で中断したこともありましたし、大津市は市民の生活に必要な路線バスの運行を支えることより、ギャンブル輸送に力を入れている、といった批判もあり、その道のりは平坦なものではありませんでした。

ただ、競艇、競輪の無料送迎バスのこと自体は調査が不十分ですので、今回はあくまでも、バス停としての「競輪場前」を取り上げたいと思います。

↓際川を出ると、浜大津方面の江若バスだけが止まる「鏡が浜」バス停があります。
[競輪場前【京都今津線67】]の続きを読む