青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
その寒さと不便さからしばしば「関西のシベリア」「関西のチベット」と言われてきた信楽ですが、1962(昭和37)年5月1日は、以下の記事にもある通り、文字通り信楽の交通の夜明けでした。

↓1962(昭和37)年5月2日朝日新聞滋賀版

S37.5.2A 湖南交通信楽‐京都線開通 信楽線ディーゼルカー入線b

↓こちらは1962(昭和37)年5月2日付滋賀日日新聞
[「信楽案内所」発着便廃止②]の続きを読む
スポンサーサイト
石山駅前で、この掲示をご覧になった方も結構いらっしゃるのではないでしょうか。

IMG_0190.jpg

あまり帝産の動きを知らなかったんですが、いつの間にか晩には少しあった信楽行きの直通便がなくなっていたようです。そして今回8月1日のダイヤ改定で、信楽案内所発着の便が一切なくなり、信楽駅発着に改められました。信楽と石山を直通する便も完全になくなりました。

以前から、通常「信楽行き」とアナウンスされ、行き先表示も単に「信楽」でしたが、その「信楽」がどこなのか自体あまり意識したことがなく、少なくとも「信楽駅」ではないらしいということだけは何となく知っていたという状況で、今回の廃止は、歴史的な一大事だろうと思い、恐らく20年以上ぶりに信楽に出向きました。

大津市内から信楽に行くためには、新名神高速道路を別にすれば、帝産バスが通る県道16号線大津信楽線か、曽て国鉄(JR)バスが通り、今は信楽高原バスが通る国道422号線の2つが一般的なルートでしょう。

今回は国道422号線を経由しました。
[「信楽案内所」発着便廃止①]の続きを読む
今からちょうど60年前、1956(昭和31)年3月17日付滋賀日日新聞↓

S31.3.17S 高い通学費で対立 大石b

2012(平成24)年8月16日付拙稿昭和27年 大津市立南郷中学校通学問題Ⅰなどのシリーズでも取り上げた、久々の南中の通学問題ネタです。

騒動から4年、保護者も諦めて南郷中学校に子どもを通わせていたようですが、ここにきて、バス通学定期代の高さが問題となったようです。
[旧国鉄バス近城線延長と南郷中学校 通学定期券問題]の続きを読む
↓補助席があるB車の車内。比叡平で撮影。山科B-190×だったと思います。

Scan0268.jpg

B車でも最近は、不必要と判断されると補助席を撤去しているケースがままありますが、貸切運用等を考えてか、山科管内の比叡山線、山科急行用のB車各車や、大津のB車はそのままになっていて、場合によっては勝手に使えないように補助席を覆うカバーが取り付けられていることもあるようです。

いつか、秋の比叡山に行った時、僅かな本数のバスに乗客が殺到し、何人かの客が補助席を勝手に使い始めたものだから、乗務員やバス停にいた係員が、「補助席に座らないで下さい」と宣(のたま)うなんていう場面がありました。ちゃんと臨時を出す手はずを整えておかないと、商機を逸してしまうばかりでなく、あんな急坂で立ち客満載で、万一ブレーキが利かないだの、車内で転倒しただの、事故が起きたらどうするつもりなのか、と思いながら見ておりました。

しかし補助席に関するトラブルは、今に始まったことではありません。

↓今から52年前の今日、1961(昭和36)年2月16日付朝日新聞滋賀版の読者投稿記事

[座れない補助席]の続きを読む
1952(昭和27)年5月11日、ちょうど60年前の今日、後に近鉄、奈良交通、京阪バス3社がしのぎを削ることになる京都奈良線のバスの中で、最も歴史が古い「奈良電鉄バス」(のちの奈良交通バス京都営業所)の京都奈良線が開通しました。

S27.5.5KY 京都‐奈良間に奈良電鉄バスb

停留所名もある、詳しい記事です。1日20往復!1時間2本程度でしょうか。

これより以前から話題にはなっていたようで、1949(昭和24)年8月20日付京都新聞山城版には、以下のような記事がありました↓
[京都-奈良間 奈良電鉄バス開通60年]の続きを読む
50年前の今日、1962(昭和37)年5月1日、湖南交通(翌年から帝産湖南交通)の信楽(しがらき)線が、石山駅を越えて京都方面に乗り入れを果たします。

著作権法の関係で、新聞記事は来年以降でないとそのままをUPできませんが、ポイントを簡単に引用するとともに、読者の方から頂いた写真や資料をUPさせて頂きます。

↓こちらは恐らく土日祝日のみ運転となるダイヤ改正の前の最後のダイヤ改正の時刻表ではなかろうかと思われます。

ssScan1638.jpg

そういえば、ある時から「河原町御池行き」でなく、「三条大橋東詰」行きになりましたね。今、京都バスの大原行きが着いているバス停に発着していたことが、上の図で分かります。
[帝産バス 信楽線 京都乗り入れ50年]の続きを読む
55年前の今日、1957(昭和32)年3月25日付読売新聞滋賀版↓

S32.3.25Y 水口で国鉄バス創始者の石碑除幕式b

国鉄バス創始者・故 菅健次郎氏(1897-1946)の顕彰碑が水口の城山に建立され、55年前の今日、除幕式が行われる、という記事です。(記事中「健次郎」が「建次郎」と書かれていますが、石碑には「健次郎」と書かれており、実際それが正しい表記です)

水口(甲賀市水口町)なんて全然行ったことがなかったのですが、湖東方面に用事がある時に立ち寄ってみました。



ネットで検索したところ、いくつかのサイトさんがヒットしましたので、その記事を参考にして行ったのですが、細かい位置は分からず、とにかく「古城ヶ丘公園」に行けばあるらしい、という情報だけで無謀にも飛び出してしまいました。

地図で、駐車場があるらしいことは分かっていたのに、なかなか見つけられずにウロウロ。

城山中学校の裏手の山に続く道に、「駐車場→」と書かれた札があるのに気付いて、エラいところに駐車場があるんだな、と思って登ったら、何かの施設のところで道が塞がれている…(下の地図の目印の辺り)



[1957(昭和32)年3月25日 国鉄バス創始者「菅健次郎」顕彰碑除幕式]の続きを読む
60年前の今日、1952(昭和27)年3月17日、近江鉄道バスが、それまでに石山駅まで伸びていた路線を、更に浜大津まで延長します。前日付の滋賀日日新聞記事↓

S27.3.16S 近江バス浜大津乗り入れb

この当時は湖岸道路など影も形もありません(この後15年ほどして全線開通)から、当時は国道2号線と呼ばれていた、開通したばかりの国道1号線を経由しています(開通当日付の滋賀日日新聞広告)↓

S27.3.17S 近江バス浜大津線開通広告b

広告では「石山行」「石山発」となっていますが、石山駅始発、終着ではなく、上の記事からも分かる通り、長いものでは守山から来ていたことが分かります。

[近江鉄道バス 石山駅-浜大津延長60周年]の続きを読む
2月14日付拙稿キジ白の名女優に、木津川様が下さった、彦根-大垣間の路線バスのコメントを受け、いつも貴重な画像を提供して下さっているT.F.様から彦根-大垣間の近江鉄道バス、名阪近鉄バスなどの貴重な画像を頂きましたのでUPさせて頂きます。

いずれも1977(昭和52)年1月1日大垣駅前で撮影、当時は大変な雪だったそうです。このあと岐阜市内に行かれると、小雪がちらつく程度で全然雪がなかったそうです。

↓雪で行き先が見えない近江鉄道バス

52-1-1大垣1

↓見たことがないタイプのバスでメーカーもよく分かりません。
[大垣-彦根間に路線バスがあった頃]の続きを読む
昨年11月28日付拙稿1951(昭和26)年11月28日 宇治-桃山間開通で残念なポンチョの写真をUPしておりますが、この時(平成21年9月)の主たる目的は、
「月に1回だけの、奈良交通大川原行きに乗りに行く!」
でした。



(「詳しい地図を見る」をクリックしないと正しく表示されないことがあります。四ツ谷池-上島南間はルートの記憶に自信がありません)

月に1回!恐らく、一般路線バスとして全国最少の本数ではなかろうか?と思われます。
(もっと少ないところをご存知の方、お知らせ下さい)

京阪宇治から11:30発の向島行きに乗ると、毎月第2日曜日ならちょうどうまく12:10発の、奈良交通、向島駅発大川原行きに乗れるのです―――。もういくら何でもなくなってしまったか、と思っていたら、ダイヤは記事UP日現在でも変わっておりませんし、宇治交通も変更ありません。

月に1回のために、ちゃんと用意されているポール。というか、以前は週1回だったんだと思います。

IMG_6005.jpg

↓時刻表 「※ 毎月第2日曜日のみ運行」と書かれています。
[月に1回の路線バス]の続きを読む