青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
熊本地震、恐ろしいですね。被災された方にお見舞い申し上げます。
熊本は、数年前に旅行に行ったばかりなんです。「あそBOY」や「SL人吉号」「いさぶろう・しんぺい」といった名物列車を総なめにするいい旅で、拙ブログでも取り上げたいと思っていました。食べ物もおいしかったのに、今は飲み水にも困っていらっしゃるとのこと、心配です。一日も早い終息と復旧を祈念しております。

DSC_0335.jpg

2010(平成22)年11月にNHKで放送された『こだわり人物伝』によると、芥川賞作家・平野啓一郎がショパンの生涯を描いた『葬送』執筆時、ショパンの生きた時代をしらみつぶしに調べて、年表というよりスケジュールと言ってよいようなものを作って、この日は雪だった、誰と会った、どんな出来事があった、と全部整理してから書いていたそうです。

私のやっていることのレベルとは比べ物になりませんが、でもひとでもものでも、何かの歴史を紡ぎ出して「伝えたい」と思った時、そういう手法を取りたいという気持ちは分かります。
目立った出来事がない日であっても、その1日1日の積み重ねが歴史を作って、今を作っていき、人も、社会も変化していくものだからです。

でも、時々、過去の中に沈潜し過ぎてしまって、今日この日も未来から見たら歴史なんだ、ということを忘れてしまっていることがあり、ふと気づけば新車が入っていたりして驚くことがあります。もともと車両写真を撮ることを重視している人間ではないのですが、それにしても全く撮影しなくなってしまったので、この春は、もうちょっと写真もやってみようかな、と思ったりします。

てなことを言いながらまた古い話で恐縮ですが、今から60年前の今日、1956(昭和31)年4月18日の読売新聞滋賀版↓

S31.4.18Y 授業の邪魔をするバス 長等b

長等小学校付近に観光バスが1日300台も乗り入れて、その騒音で授業も満足にできない、と報じられています。当時の小学校1年生は今年67歳、6年生で72歳、こんなことがあったことを覚えていらっしゃるでしょうか?

京阪バスの三井寺停留所、というのはもちろん今の三井寺バス停ではなく、拙ブログでは「旧大津市内線」としている、石山方面に向かう旧市街の循環線の三井寺バス停です。



左の写真は、京阪バスの路線バスのように見えるのですが、よく分かりません。右は完全によその会社ですね。一瞬霊柩車かと思いました。凄いデザインです。

今は観音堂側ではなく、金堂側の土産物店・食堂などが並んでいるところに立派な駐車場があるので、こんな駐車の仕方自体する必要がなくなっています。それにしても狭いところでどうやって観光バスが出入りしていたのでしょう。

一方、こちらはその2日後、1956(昭和31)年4月20日付京都新聞滋賀版の記事↓
[授業の邪魔をするバス]の続きを読む
スポンサーサイト
あけましておめでとうございます。読者の方々やご協力下さる皆様のおかげで無事に新年を迎えることができました。本年も宜しくお願い致します。

さて、早速ですが、今日は60年前の正月の新聞記事から。

↓1954(昭和29)年1月1日付朝日新聞滋賀版

S29.1.1A 三が日バス大増発b1

[60年前の正月]の続きを読む
20年前の今日、1993(平成5)年6月20日、京阪バス大津営業所が、本宮町の大津市民病院前から現在地に移転オープンします。

↓車庫正門の情景

IMG_4156_20130604122223.jpg

↓地図には律儀なことに、上の写真にも写っている、大津車庫止まりのバス専用の降り場バス停ポールもちゃんと記載されています。




※大津に関しては、「支所」という方が正式だとして「大津支所」と書いている方がいらっしゃいますが、京阪バス株式会社自体が、車内掲示やバス停はおろか、当の大津車庫の門柱の表示にもわざわざ「大津営業所」と表記していて、会社が表向きに使っていることばを使って何の問題があるとも思えませんので、私は特別な必要がない限り全て「大津営業所」で統一します。

移転には騒音を巡って地元の反対があったり(1989(平成元)年5月30日付毎日新聞滋賀版)、紆余曲折がありましたが、この場所に落ち着きました。

「伽藍山風致地区」「石山寺歴史的風土特別保存地区」の指定を受けている石山寺の裏山の縁ですが、この一角だけはとってつけたように都市計画法上の「用途地域」の中で「工業地域」とされています。
何もそこまで緩くしなくても、「準工業地域」などでも車庫は作れるはずなので、どういう意図があるのか不思議です。

京阪バスの営業所・支所11か所のうち、滋賀県に所在するのが大津営業所だけであることは改めて言うまでもありません。

所属台数は50台弱で京阪バス全体の1割もありません。滋賀ナンバーの京阪バスは希少種です。1つの会社でナンバープレートが3種類以上あるのは、パッと思いつく限りあとは阪急(京都、大阪、神戸)、東京都営(品川、練馬、足立、八王子)、東急(品川、川崎、横浜)くらいです。まだいくつかあるでしょうか。

台数は微減傾向ですが、2010(平成22)年9月3日付拙稿懐かしの8号経路 上千町行き ①運転開始時期の謎で引用した、1961(昭和36)年4月14日付読売新聞滋賀版でも、所属台数は52台と書かれていて、50年ほどあまり大きく変わってはいないものと思われます。

この当時は石山団地もまだなくて、特に石山駅以南は路線の系統数に対して本数が少なかったのではないかと思います。

↓数年前の、敷地外から見た情景

IMG_1664_20130604122221.jpg

今回は、移転20周年を記念してというわけでもないのですが、せっかくのタイミングなので、だいぶ前に作った「系統番号対照表」をUPしたいと思います。
[大津営業所移転20周年]の続きを読む
私みたいなモテて困る男には、「なつかしいバレンタイン」もかもくそもないのですが(?????)、ギロック(1917-1993)に「なつかしいバレンタイン」といういい感じの曲があったので、ご紹介まで。練習初期段階の時の録音ですが、新しいのを撮っている暇がないので恥を忍んでUPします。



音が多い曲はもちろん難しいんですが、少ない曲は少ない曲なりに難しいです。ピアニスト顔負けにピアノの腕前が素晴らしかったと言われる、日本を代表するバリトン歌手・中山悌一(1920-2009)は、ピアノ科の学生が、音の少ない曲が下手クソで話にならないと怒っています(『ショパン』1984年6月号P28-29)が、そういう曲はタッチの能力が如実に出て、変なことばですが、スピードでごまかせないからだと思います。

「なつかしいバレンタイン」でもないのですが、ちょうど2年前の今日は雪がひどくて、夜、ダイヤが乱れていて、なぜかB車が次々と一般運用に現れました。

↓20:40発の南郷二丁目東行き。B-1904。チョコレートの入った大きな紙袋を2つも3つも提げながら撮影するのは大変だった……なんて述懐してみたい…。

ssIMG_3475 (2)

もうこの車もないんですね。

↓B-3969
[なつかしいバレンタイン]の続きを読む
京阪バスは、1922(大正11)年10月1日桃山自動車株式会社としてスタートし、昨年は90周年ということで、定期観光バスを中心にキャンペーンが行われました。
直系の母体は、桃山自動車株式会社であるわけですが、実際には同社が中心となって、京都滋賀大阪の数々の会社を統合した会社です。



大津営業所の最も古いルーツは、およそ90年前に誕生した大石自動車商会(代表・藤永弥次郎)まで遡ることができます。
『京阪バス五十年史』(1972 京阪バス株式会社)の年表上は90年前の今日、1月25日に南郷‐石山蛍谷間の免許が付与されたという記述がありますが、一方で本文には次のような記述もあります↓

[石山-南郷間 路線バス開通90周年]の続きを読む
14日の豪雨による被害は、恐らく大津市南部では、4月27日付拙稿中千町 【南中系統開通25周年記念特集3】で取り上げた、1953(昭和28)年9月25日のテス(Tess)と呼ばれる台風でもたらされた大水害や、上田上(かみたなかみ)の堂橋付近が決壊した1982(昭和57)年8月の台風10号以来の規模の災害だろうと思われます。

京阪バス大津営業所の幹線・4号経路(石山駅‐平津‐南郷‐大石小学校)などは14日から15日の午後にかけて異例の、南郷洗堰(あらいぜき)折り返し、それ以降は立木観音付近が片側通行で開通してからもずっと新浜止まりで運行を続けています(18日現在)。
もちろん、大石・外畑・内畑地区のフィーダー路線も全てストップしたままです(18日現在)。

15日撮影↓

IMG_0263.jpg

瀬田川洗堰を渡った、南郷水産センターの駐車場が折り返し場所になっていました。

IMG_0265.jpg

↓路線バスが洗堰を渡る光景は、通常まず見られません。
[日常と非常の間(あわい)]の続きを読む
ずっと京都今津線の記事が続いておりましたので、久しぶりに別の、最新の話題。

といっても固唾を呑んで見守ったオリンピック、サッカー準決勝でも、女子マラソンの不振でも、福原愛の銀メダルでもなく、大津営業所の新車の導入とB車がゾロゾロ現れた滋賀大臨時便について。

最近、B車の新車が導入された大津営業所ですが、これに続いて、いすゞ製の一般路線用の新車が導入されました。私が確認できた限り2台で、社番(登録番号)はN-6220(滋賀200か921)、6221(滋賀200か922)です。

もともと腕がないのに、通勤途中で急いでいるは、滋賀大直通臨時便でB車が次々現れるはで、忙しくて?大した写真はありません(汗。 

IMG_0201.jpg

市民病院行きへの充当は、高齢者の利用を考えると順当ですね↓

IMG_0204.jpg

日野のブルーリボンⅡと見た感じほとんど変わりません。今は目新しいですが、大阪の「趣味仲間」に言わせると「同じような車ばかりでイマイチ面白くない」「飽きた」とのこと、私も今に飽きるのでしょうか(苦笑)。

↓こちらは教員免許状更新講習用の臨時の滋賀大学行き 

[いすゞの時代]の続きを読む
IMG_0017.jpg

(撮影劇場のmore6446様より提供 旧大津営業所)

京阪バス大津営業所が本宮町から現在の国分に移転して、今日で19年経ちました。早いものです。

これを機に、大津比叡平線の管轄が山科に移されたり、旧53号経路(石山駅-南郷中学校-大石小学校-内畑)が廃止されたり、国分回りの30・31号経路ができたり、大きな変化がもたらされました。

その中でも、私にとっては8号経路(市民病院前/国道市民病院-石山駅-赤川-上千町)の廃止はインパクトがあるものでした。

最近、拙ブログメールフォームに、何と80年代の上千町行きの車内アナウンスの録音を持っているというケンジ様という方からのご連絡を頂戴しました。
現在、ケンジ様は引っ越しされて大津市内にお住まいではありませんが、テープを大切に保管されていて、それを録音し直したものを提供して下さいました。

今日、移転記念の節目に、このアナウンスを拙ブログ及びYou Tubeにて公開させて頂きます。

上千町行きは2本ありますが、2本とも石山駅発上千町行きで、惜しいことに下千町で録音が終わっております。



You Tubeの説明でも書きましたが、どちらも、背後のエンジン音がどう考えても三菱ではないので、1984年から86年の初めに掛けての短期間在籍していた日野RC 滋22か1096(A-3463)ではなかろうかと思われます。ホイールベースが短い短尺車で、狭隘な上千町行きによく使われていたと聞いております。
[80年代の上千町行き、大石小学校前行きのアナウンス]の続きを読む
掲示板やブログで、ファンが会社に関するマイナスなことを書くのはどうなのか?という意見もありますが、ネコかわいがりするような「好き」は、本当の「好き」ではありません。そもそも私は自分をファンではなく、沿線の住民、一利用者だと思っており、声を上げなければいけないこと、言わなければいけないこともあると考えています。

それにしても、もう50年以上前ですが、1959(昭和34)年はいやに「言わなければいけないこと」が多かったのか、新聞に京阪バス関係の読者投稿が相次いでいます。

↓53年前の今日、5月8日付朝日新聞滋賀版

S34.5.8A あいまいなバス料金b

投稿内容の前に、下阪本から近江神宮回り大津駅行き、なんていうのがあったことが興味深いです。柳ヶ崎で右折して二本松を経由して近江神宮前で左折…というルートでしょうか?近江神宮より南に走っても、当時は市役所なんて影も形もなく、まだ米軍キャンプだったのではないかと思うのですが…。

[相次ぐ新聞読者投稿記事]の続きを読む
世の中に たえて桜の なかりせば 春の心は のどけからまし[在原業平]

00001372.jpg


私は特に桜が好きというわけでもないのですが、やっぱり桜が咲いていると、心が寒さの緊張から解きほぐされ、浮き立つような気がしてきます。

60年前の今日、1952(昭和27)年4月6日付滋賀新聞↓

[花見バス合戦~~世の中にたえて桜のなかりせば…]の続きを読む