青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
いつもお世話になっているT.F.様からまた新しい資料写真を頂戴しました。大阪は専門外ですが、貴重なものですので、ここにUPさせて頂きます↓

ssPICT0032.jpg

1978(昭和53)年5月14日、京阪守口市駅前で撮影されたそうです。5月21日、つまり33年前の今日から、守口市駅-上新庄駅間で京阪バスが運転を開始したということです。

現在の9A号経路(守口市駅-JR吹田)の祖先です。

↓今日が33歳の誕生日であることを知らずに???現在の守口市駅で佇む9A号経路 N-3195

IMG_5668.jpg

そういえば、現在「9A」と、「A」の枝符号がつくのに、「9」だけという経路番号は存在しません。
もともとは、吹田へ行く便はあくまで例外だったのが、やがて吹田行きばかりになり、ただの「9号経路」はなくなってしまった、ということなのでしょうか。

↓因みにこちらが、現在のダイヤとバス停。内容は貼りかえられてはいるものの、この時刻表そのものは、当時からあるものなのでしょうか。運転間隔は今の方が長いですが「49分発」に不思議な伝統があります。

IMG_5666.jpg

1981(昭和56)年の『京阪時刻表』では、既に路線は吹田まで伸びていて、上新庄駅前への乗り入れはなくなっています。また、開通当初のこの掲示では、バス停名が現在とかなり異なっていますが、1981年の段階では既に現在と同じになっています。

(余談ですが、同じ「だいどう」という読みでも、この辺りには「大道」と書く「だいどう」と、「大桐」と書く「だいどう」が隣接していて、現在のバス停は「大桐」の方が用いられています。更に余談ですが、もしかしたら、と思って地下鉄今里筋線の「だいどう豊里駅」について調べたら、やはりこの、2つの「だいどう」があるために、わざと平仮名書きにしたようです)

主要ターミナルの時刻表も載るようになる、翌1982(昭和57)年の『京阪時刻表』によれば、ダイヤは既に現在と同じ40分間隔になっており、もちろん、経路番号も「9」は既になく「9A」だけです。
開通から1981年までの僅か3年の間に、上新庄駅への乗り入れがなくなり、本数も減らされたのでしょう。

IMG_5663.jpg

[1978(昭和53)年5月21日 守口上新庄線 開通]の続きを読む
スポンサーサイト
1980(昭和55)年に高槻営業所管内で、京阪バス最初のバスロケーションシステムが導入されて今日で31周年です。
大阪方面は専門ではありませんが、いつもお世話になっている読者のT.F.様より、当時の貴重なパンフレットのコピーをご提供頂きましたので、公開させて頂きます↓

ss高槻ロケーションシステム導入

写っている車両は昭和54年式 A-1467。枚方市駅前と思われます。大型幕導入最初期、当時最新鋭の車両だったのでしょう。

高槻営業所はPiTaPaの導入も早かったですし、京阪バスの中で新しい取り組みを行う時のモデルケースとされることが多いようですね。

パンフレットはまだありますので、続きに掲出させて頂きます。
[1980(昭和55)年3月28日 枚方高槻線バス接近表示システム導入]の続きを読む
前回に続いて、樟葉中書島線…と言いますか、T.F.様から写真を頂戴したので、中書島のターンテーブルを取り上げます。一応前回の続きであることから、便宜上、今のところはカテゴリは「大阪」としております。ご了承願います。

まずは大変貴重な、樟葉中書島線、開通から間もない、1984(昭和59)年5月5日の撮影。ナンバーは大阪22あ4137、社番はA‐3401、もちろん枚方営業所所属です。


中書島 大阪22あ4137

奥にぶら下がっているひもがスイッチだと思われます。
因みに、この10年前、1974(昭和49)年10月27日に、同じ場所でT.F.様が撮影されたのが、以下の3枚です。
中書島1
中書島2
中書島3

私は、「東土川」行きの市バスはリアルには知らない世代なのですが、もっと年上の方だと非常に懐かしいのでしょうね。

因みに、この時は、まだターンテーブルに電動のスイッチはなく、撮影者様の説明によると、3枚目の写真の後輪のところに写っている円形のものに後輪を当てて、エンジンをかけてそれを回すとターンテーブルが回る仕組みになっているそうです。アクセルを踏んで後輪を回したら、前輪も回るだろうと思うのですが、その辺りがよく分かりません。

2004(平成16)年10月発行の「バスマガジン」Vol.7の「現役ターンテーブル大図鑑」では、電動スイッチが一番多く、1965(昭和40)年頃から普及し始めた、と書かれています。

結構知られていると思いますが、現在はこの通り、駐輪場になってしまっていて、もはや当時の痕跡はありません。駅本屋(えきほんおく)の西側です。

中書島現状

N-3899様がコメントして下さった、長岡京駅は、先述の雑誌では残念ながら取り上げられていませんでしたし、私も一度だけ行った時、その存在に気が付きませんでした。また確かめたいと思います。
生まれて初めて乗った、大阪の京阪バスは、今は亡き樟葉中書島線です。廃止2週間前の2005(平成17)年7月16日、中書島から、樟葉まで乗りました。自分でも驚くほど、意外に最近なのです。
大阪の京阪バスは、私にとっては、遠い憧れ???のような存在で、子どもの頃はインターネットなんて影も形もないですから、実物や、写真で見る時、大津と同じ車種でも、違う車種(今思えば日野)でも、親しみと違和感と綯い交ぜになった不思議な感覚を味わったものでした。

枚方高槻線とか、もっと典型的なところでなく、何ともマニアックなところですが、京滋エリアの京阪バスと、大阪の京阪バスとが接している、貴重な場所であり、この、糸のような細道を通って、大阪に向かおうとしたのでした。ここで、整理券番号が変わる時のチャイムの存在に驚いたことは既にお話ししたかと思います。

この路線についても、以前、藤尾・小金塚の資料をご提供下さったT.F.様から、貴重な資料をご提供頂きました。路線開通当時の一般向けの案内のようです。本ブログでの公開を認めて下さいましたので、以下に掲示させて頂きます。

運行開始は1983(昭和58)年6月3日です。

樟葉中書島線開業1  樟葉中書島線ダイヤ・運賃  樟葉中書島線運行経路図1  樟葉中書島線運行経路図2

運行経路図のベースになっている地図は古いもののようで、「八幡市」が「八幡町」になっています。1977(昭和52)年11月に市制を施行しているので、それ以前ですね。

樟葉中書島線開通1  樟葉中書島線開通2

運賃は、中書島-西大手筋のわずかバス停1つ分だけは、恐らく京都市交通局の均一、久御山町域を中心とする路線の大半は京阪宇治交通との調整と思われる対キロ区間制、樟葉周辺の均一と、3つの体系にまたがるため複雑です。恐らくまたがる際は、基本的には対キロ区間制で計算しているのだろうと思います。
ダイヤは8往復、少ないといえば少ないし、沿線の環境を考えればこの程度かとも思えますし、微妙ですね。

運行経路図は、「中書島」で末端のように書かれていますが、1997年以降は循環になっていました。「中書島」で末端ということは、この当時は、有名な「ターンテーブル」が使われていて、そこでターンしていたのだろうと思われます。今の改札横の自転車置き場の辺りだったそうです。

T.F.様からは、ターンテーブルの写真もご提供頂きましたので、別途出させて頂きます。
今年のバスまつりは神戸で盛況のうちに終わりましたが、2007(平成19)年のバスまつりは大津で開かれました。その時に京阪バスのブースで見つけたのが、枚方営業所の幕式運賃表で、すぐに購入しました。このようなものがまだ残っていたことに驚きました。8月30日の拙稿への、N-3899様のコメントにより、枚方営業所管内の合成音声化は、大津より1年早い94年だということが分かりましたので、購入時点ですでに13年以上経過したものだったということになります。

枚方の細かい事情が分からない私が1人で見ていても仕方ありませんので、本ブログで1コマずつ撮影した画像を公開させて頂こうと思います。全82コマです。ただ、ほとんど解説らしい解説ができないので、写真を載せるだけになります。

因みに、私がなじみのある大津営業所の幕式運賃表も、体裁は全く同じです。大津をはじめ、他の営業所の幕式運賃表をお持ちの方、「譲って下さい」とは申しません。1コマずつ写真に撮らせて頂けるだけで十分です。是非お知らせ下さい。

枚方幕式運賃表

写真は不要な部分をトリミングしてはりつけたような格好なので、決して美しいとは言えませんが、内容はちゃんと読んで頂けると思います。左から右に3枚、次はその下の段で左から右、という具合に続きます。