青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
皇子が丘公園を出ると、左手にちらっと琵琶湖が見え、これがなかなかきれいです。

IMG_2668_201710022143386f7.jpg

その後トンネルを2つくぐると、藤尾奥町です。

藤尾奥町 ふじおおくまち
所在地:大津市藤尾奥町
開設年月日:不明
付近:西大津バイパス藤尾奥町ランプ 藤尾奥町自治会館
キロ程:皇子が丘公園から3.3キロ


このバス停については、2010(平成22)年8月22日付拙稿藤尾奥町 ちょっと大変なバス停にも書きましたので、宜しければご覧下さい。

83年版までの住宅地図には記載がなく、84年から現れます。逆に言うと、83年から84年にかけて開通したのだということなのでしょう。



○○上町とか、○○西町とかなら全国各地にあると思いますが、「奥町」というのはあまりないと思います。少なくとも上中下、東西南北ほどの頻度はないのではないでしょうか。

また意外ですが、藤尾奥町以外に大津市内で「藤尾」が入った行政上の地名は存在しません。

IMG_2687.jpg
[藤尾奥町【西大津バイパス線3】]の続きを読む
スポンサーサイト
皇子ヶ丘公園 おうじがおかこうえん
所在地:大津市皇子が丘一丁目
開設年月日:1984(昭和59)~1985(昭和60)年?
付近:西大津バイパス皇子が丘ランプ 皇子ヶ丘公園 大津市立皇子が丘保育園 関西電力皇子山変電所 大津市営大津第一住宅 皇子が丘集会所 早尾神社 大津陸軍墓地 (以下現存せず)大津市交通公園 滋賀勤労者いこいの村びわこ 大津ユースホステルセンター
キロ程:大津京駅から0.8キロ




西大津バイパス線自体は1982(昭和57)年の段階では開通していたことが確かですが、1982,83,84年版のゼンリン編「ゼンリンの住宅地図 大津市」には記載がなく、1985年版から現れることから、あとで設置されたバス停なのだろうと思われます。

もともとは旧日本陸軍の射撃場で、その後は旧アメリカ駐留軍駐屯地でした(大津市教育委員会博物館建設室『大津の名勝』P68 1989)。

曽て付近にあったユースホステルセンターはマンションに生まれ変わり、大津市交通公園も閉鎖され、変化が激しい場所です。ただ、バス停は設置当時からこの位置で変わっていないようです。

大津フリークルット↓は、なぜかこのバス停までが使用可能範囲とされていました。

ssDSCN0852.jpg

今の目で見れば大津京駅からの1バス停間だけですが、当時はびわこホテル発着も多く、こうしたユースホステルや皇子が丘公園の需要もあると考えられたのでしょう。また、大津市内特殊区間制区間がここまでで、大津北地区とされていたということもあるでしょう。

2011(平成23)年3月1日から大津北地区は四ノ宮まで延長されています。ついこないだだと思っていたのに延長からもう6年も経っているというのが私にとっては信じがたい話です。

↓大津京駅からJRのガードと県道浜大津伊香立線をくぐると一気に急勾配を登ります。
[皇子ヶ丘公園【西大津バイパス線2】]の続きを読む
注目度が高かった藤尾・小金塚系統は、開通前の2年間だけでも各紙で約10回取り上げられていますが、西大津バイパス線の記事は全くなく、社史でも結局いつ開通したのかという基本的なことが分かりません。(2010(平成22)年8月24日付拙稿すったもんだの藤尾・小金塚 京阪バス路線開通①もご覧下さい)

(京阪バス社内で同系統は、京津国道線が存在していた平成初期までは京津国道線の一部として扱われていましたが、ここでは分かりやすいように敢えて西大津バイパス線としています)

1982(昭和57)年4月7日のサンケイ新聞「滋賀ニュース」によると、大阪地方陸上交通審議会滋賀県部会が、
「大津市藤尾地区から皇子山地区までの中学生のバス輸送の利便性を確保するため、西大津バイパスを経由するバス路線の新設」
を検討しているとのことですから、この時点ではまだ西大津バイパス線はなかったということになります。住宅地図を見ても、バイパス途中のバス停が現れた年度から考えて、1984(昭和59)年前後と見るのが妥当なようです。
また、この記事から、同路線が藤尾学区から皇子山中学校に進学する中学生の輸送が主な目的ということも分かります。

この10月1日のダイヤ改正で、西大津バイパス線が1年に1回、10月1日だけの運転となりました。

IMG_2635.jpg

IMG_2637_20171002231322834.jpg

奈良交通の大川原-向島駅間は相変わらず月1回の運転が続いているようですが、そんなのかわいらしいものです。
京都バスは有名な大原-鞍馬間などいくつか『春分の日』のみ運行のバスがあり、物好きで大混雑します。最近はこれに平行する毎日運航の路線ができたものの、それでもまだ高野車庫→大原などの春分の日のみ運行のバスがあります。

ただ、平日が休みにくい人間にとっては西大津バイパス線の方が日付が固定されている分難易度が高いです。
[大津京駅 【西大津バイパス線1】]の続きを読む
昨日の続きで、藤尾について書きます。
1980(昭和55)年2月1日の京都新聞市民版によると、

複雑に入り組む市境界線越しに通学路、交通問題でトラブルが多く、京都市側に反発していた藤尾地区が「地元のメリットが少ない」としてバス運行に難色を示し、足踏み状態が続いていた。

何と具体化してから2年経っているのに、まだバスは走っていなかったんですね。こういう境界線が複雑な地域は、どうしても、ごみ収集や通学路、水道、ガスの配管のことなど、いろいろ問題が起きてしまうようで、バスもそれらの問題の一つとなってしまったようです。
恐らく中学生の通学や、市役所への利便の都合だと思いますが、大津市である藤尾地区としては、浜大津経由の西大津駅行き新設が、山科方面への路線が走る条件だったようです。西大津バイパスの開通は1981(昭和56)年ですから、大津方面へは、大谷を通るのが普通だったのでしょう。

これらの問題を乗り越え、1980(昭和55)年5月11日、すったもんだの末、藤尾・小金塚線が開通しました。開通式の様子を伝える翌日の朝日新聞滋賀版の見出しは「待望のバス7年ぶり発車」とありますから、私が発見した1975年の新聞記事より更に前から、要望はあったのだということになります。生まれた子どもが小学校に入るくらいの年数がかかってしまったんですね。いやぁ、バスを走らせるというのも、大変な事です!

以前掲示板でお世話になったT.F.様から、その当時の車内、またはバス停に掲示されていたものと思われる資料コピーをご提供頂きました。大変貴重なものです。T.F.様より、ネット上での公開の許可を頂きましたので、以下に掲示させて頂きます。もともとはB4サイズでした。

藤尾開通1   藤尾開通2

路線の走り方は、だいたい昨日引用した1978年の新聞記事通りです。大津方面も、藤尾地区住民の要望通り、40号経路として運行されています。
この40号経路は、1982年版の「京阪時刻表」の浜大津のページに記載されていて、いったい何者だろう?とずっと思っていたのですが、この資料で、謎が解けました。問合せ先として、大津営業所の電話番号も記載されていることから、この40号経路は、大津管轄だったのでしょう。
1984年の「京阪時刻表」には、もう40号経路の記載がないため、82-84年の間に廃止され、代わりに西大津バイパス線ができたのだと思われます。しかし、あらゆる問題を乗り越え、最後にめでたく賑々しく開通した藤尾・小金塚系統と違い、西大津バイパス線は、開通時期など詳細はほとんど全く不明です。
藤尾・小金塚といえば、京阪バスに詳しい方なら大阪方面の方でも、恐らくだいたい通じる有名な終点で、最近は、京都橘大学とともに、「ノンステップバス走行禁止区間」としても知られています。
しかし、現在のバス路線が全て山科営業所管轄で、地形的にも山科と一体になっているため、ここが大津市だということを意識されている方は少ないかもしれません。

私たち普通の大津市民も、在住歴が短いほど、藤尾からの距離が遠い地域であるほど、京都東インターチェンジの北に広がる街並みを、大津市だとは思わないことでしょう。

しかしその一方で、更にその北の斜面に見える団地のかなりの部分は京都市です。

藤尾・小金塚の町並み
藤尾・小金塚バス停と小金塚団地

このように、境界線が複雑なため、バスの乗り入れには意外に困難があったようです。

新聞で初めてこの問題が取り上げられるのは、1975(昭和50)年10月18日の京都新聞です。

[すったもんだの藤尾・小金塚 京阪バス路線開通①]の続きを読む
最近、京都では、森下仁丹の町名表示琺瑯(ほうろう)看板がちょっとした話題になっています。一昨日、8月20日付の朝日新聞「青鉛筆」で、新たに京都に25枚の琺瑯看板を設置する動きがあると書かれています。書き手も募るのだとか。全国にあるそうなのですが、戦災や開発の影響が比較的少なかった京都には特によく残っているようです。

藤尾奥町に行ったら、大津市なんですが、思いがけずそこにも設置されていました。藤尾川を中心に開けた古い街並みによく溶け込んでいました。

s-IMG_1461 2   s-IMG_1473.jpg

西大津バイパス線の京阪バスに乗っていると必ず通るところで、高速道路のように、一旦本線から分かれて入るバス停が印象的です。しかし、その立地条件は、バスの車窓から見ていても、随分厳しく見えます。一度バスの外から様子を見たいと思っていたのですが、案の定、集落から上がるのは結構大変でした。大津京駅方面は、上の二枚目の写真の方向に歩いていくのですが、高いところを走るバイパスの方まで上がっていかないといけません。

s-IMG_1462.jpg

坂を登ると、やっとバス停が見えてきます。工事中なので、余計にすごいところにあるように見えます。

s-IMG_1465.jpg

着きました。
s-IMG_1467 2


しかし、山科駅方面はもっと大変で、先ほどと逆に一旦集落の下の方、小金塚寄りに下りて、このバイパスのガードをくぐり、左に大きく曲がっている坂道を登らなければなりません。


岩間寺の坂を思い出す急カーブ。暑い…。秋になってから来ればよかった…。

s-IMG_1477.jpg

標識の向こうにやっとバス停が見えてきました。



疲れた(*_*)

s-IMG_1481.jpg

草ぼうぼうに見え、マムシでも出やしないかとハラハラしますが、バス停が立っている位置はそうでもありませんでした。

s-IMG_1482.jpg

「秘境バス停」とまでは言えないかもしれませんが、ほとんど高速バスのバス停のような感じで、毎日乗ろうと思うと、結構大変ですね。現行の京阪バス一般路線に、こういう形の停留所は珍しいでしょうね。