青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
1年前の今日、4月2日のダイヤ改正によって大津比叡平線が16号経路(石山駅-国道-大津京駅)と統合され、延伸しました。もともと入出庫の車両の運用が連続していたのを利用し、逆に比叡平から市民病院などに行きやすいようにするという狙いがあったようです(2016年3月16日付京都新聞)。

先日から書いていることではありますが、大津比叡平線の歴史は思えば短縮と延長の繰り返しの歴史でした。

以下に簡単に歴史をまとめました。

1970(昭和45)年12月2日 京都-比叡平 貸切送迎バス運行開始
1972(昭和47)年9月1日  大津-比叡平 貸切送迎バス運行開始
1982(昭和57)年11月7日 京都比叡平線・大津比叡平線 運行開始 (京都側は三条京阪、大津側は西大津駅発着) 貸切バスの一般定期路線化

(この間に国道市民病院発着便が設定される)

1993(平成5)年6月20日 大津営業所移転 大津比叡平線を山科営業所に移管 (国道市民病院発着便がなくなる?)
1998(平成10)年3月21日 「比叡平団地」を「比叡平」に改称。京都比叡山線の一部が比叡平に立ち寄る。その他ダイヤ改正
2009(平成21)年3月20日 比叡平口バス停設置
2011(平成23)年3月19日 大津京駅-浜大津間の運行を廃止(尾花川バス停廃止)
2012(平成24)年9月1日  大津比叡平線のほとんどの便を大津営業所に移管。 比叡平口を経由する66A号経路新設
2016(平成28)年4月2日  大津比叡平線の一部を石山駅まで延長



最近の短縮が、先日から書いております、ちょうど6年前の大津京駅-浜大津間の短縮です。

↓この皇子ヶ丘の運賃表表示の「整理券なし」は浜大津からの運賃です。
[大津比叡平線 延伸と短縮の歴史]の続きを読む
スポンサーサイト
前回に続き、尾花川です。

前回も書きましたように、バス停があった通りには、「ヴュルツブルグ通り」という愛称が付けられています。

IMG_6970_20150426114433a8c.jpg

IMG_6969.jpg

英語も覚束ないのに、ドイツ語なんてとんでもないですが、言われてみれば英語のstreetに当たるのは確かにシュトラーセ(Straße)だった気がします。ギリシャ語のβ(ベータ)みたいなßはドイツ語独特の文字で、sを2回重ねるのと同じことです。

[尾花川【大津比叡平線 延長と短縮の歴史4-2】]の続きを読む

大津の北端に尾花川といふ所がある。ここは野菜の産地で、畑から這ひ下りた大きな南瓜が、蔓をつけたまま湖の波の上に浮いてゐた。この剽軽(ひょうきん)な南瓜は、どういふものか夏になると、必ず私の頭に浮んで来る。(横光利一『琵琶湖』)



尾花川 おばながわ
所在地:大津市尾花川
開設年月日:不明
廃止年月日:2011(平成23)年3月19日
付近:大津市立皇子山中学校 皇子山総合運動公園・皇子山野球場 尾花川警察官舎 尾花川公園テニスコート 北別所自治会館
キロ程:


※時代によって、国道161号線沿いの「競艇場前」停留所を「尾花川」と記載している資料もありますが、ここでは市道幹2011号線(ヴュルツブルグ通り)沿いのバス停を取り上げます。



江戸期から続く地名で、大津百町の北端に当たります。といってももともと半農半漁の村だったと言います。さすがに百町の一部なので、明治31年の旧大津市制施行当初から、大津市の一部として扱われてきました。1966(昭和41)年に一部分が茶が崎となって以降、現在の範囲になっています(『角川日本地名大辞典 25 滋賀県』P205)。

「大津百町の北端」と聞くと、現在の大津京駅の湖西線開通前の仮称が「北大津駅」だったこともうなずけます。

私は、どこで聞いたのか忘れましたが、尾花川、というとニンジンのイメージがあります。ニンジンの産地だと聞いたのです。実際はニンジンに限らず、野菜の産地として知られたようです。

現在はまとまった畑はほとんど見られなくなってしまいましたが、それでも、野菜の集荷場が今もあり、往時を物語っています↓
[尾花川【大津比叡平線 延長と短縮の歴史4-1】]の続きを読む
競艇場前 きょうていじょうまえ
所在地:(北行き)大津市尾花川 (南行き)大津市観音寺
開設年月日:不明
廃止年月日:(京阪バスとして)2011(平成23)年3月19日
付近:びわこ競艇場 尾花川警察官舎 尾花川公園 好和会みつばち保育園
キロ程:三保ヶ崎から0.5キロ


競艇場前/尾花川【京都今津線71-1】を以て本記事に読み替えますので、ご参照願います。

次は、尾花川【大津比叡平線他】/ホテル紅葉館【京都今津線他】です。

※本シリーズとしては次回は尾花川に進みます。
三保ヶ崎 みほがさき
所在地:(堅田・近江今津方面)大津市浜大津四丁目
    (浜大津方面、大津市内総合線市役所前・滋賀里方面)大津市浜大津三丁目
開設年月日:不明
付近:京阪三井寺駅 大津観音寺郵便局
キロ程:浜大津から0.5キロ


三保ヶ崎【京都今津線72-1】を以て本記事に読み替えますので、ご参照願います。

次は、大門【大津市内総合線】/競艇場前【京都今津線・大津比叡平線・大津市内総合線他】です。
本シリーズとしては競艇場前に進みます。
6年前の昨日、2011(平成23)年3月19日大津比叡平線のうち、大津京駅-浜大津間が廃止されました(最終運行日18日)。早いものです。
ごく短い距離である上、三保ヶ崎や競艇場前は京都今津線の項で、既に大津比叡平線の廃線にも言及しているため、バス停として全く取り上げていないのは尾花川くらいなのですが、16号経路と統合する形で66、66A号経路が延伸して間もなく1年経ちますので、そちらとも併せて数回おつきあい下さい。

浜大津 はまおおつ
所在地:大津市浜大津一丁目
開設年月日:不明
付近:京阪浜大津駅 京阪大津ビル 浜大津港 明日都浜大津 スカイプラザ浜大津 NTT西日本滋賀支店(旧日本電信電話公社大津電話局) 旧大津公会堂 浜大津郵便局
キロ程:


↓大津比叡平線は、湖西方面の扱いで、2番乗場から発車していました。

ssIMG_3770.jpg

末期は1日1.5往復でした。
[浜大津【大津比叡平線 延長と短縮の歴史1】]の続きを読む
前回の続きです。

↓京都・大津方面のバス停は、蕎麦屋さんの前で、自治会の掲示板の方でも、名前が挙げられていましたが、閉まっています。

image3_201612192317373f3.jpg

以前に大津・京都比叡平線の「取材」をした時には既に閉まっていて、「本日は閉店させて頂きました」ではなく、昨日も一昨日も一昨昨日もずっとずっと閉店だったはずです。

[一丁目南 仮停留所【京都比叡平線・大津比叡平線 補遺2】]の続きを読む
12月6日付朝日新聞滋賀版に「道路陥没 なぜ復旧進まないの?」という記事が載っていたのをお読みになった方もいらっしゃると思います。近隣の住民の方がなぜ復旧が進まないのか?と困っているということです。9月18日の大雨で崩れ、その後に一度私も状況を見に行ったのですが、それから3か月近く経つのに何も変化がないようです。逆に、まだ復旧していなかったのか?と驚かされました。

↓こちらは私が10月に東向きに撮った写真

IMG_1141_20161219222440e97.jpg

本来ならこの陥没しているところの中央辺りがT字路で、左折したところが「一丁目南」のバス停です。

比叡平一丁目も休止中でした。
[一丁目南 仮停留所【京都比叡平線・大津比叡平線 補遺1】]の続きを読む
昨年の今頃は、比叡平自治会のぽんた3号様のご協力を頂きながら、大津比叡平線・京都比叡平線の30周年記念特集を進めておりました。

こないだ、久しぶりに比叡平に行くと、普段予備車扱いでめったに見ることのないB-1939が動いていました。

IMG_3018_201403022036566a9.jpg

もう廃車になったのかと思っていましたが、エンジン音を聞く限り、御年16歳(!)とは思えない元気さでした。

年始にぽんた3号様にご挨拶したところ、その後のバス利用状況についてお知らせ下さいましたので、後日談として掲載させて頂きます。

CCI20140113_00000.jpg

この表は、ぽんた3号様のご了解を頂いて掲載させて頂いております。ぽんた3号様のブログ「みっけ隊」隊員日記の1月4日付記事・新年月報1月号に詳細がUPされておりますので、ぜひご覧下さい。

なかなかおいそれとは見られない資料です。
皆さんはどうご覧になりますか?

[比叡平 後日談]の続きを読む
三条京阪 さんじょうけいはん
所在地;京都市東山区五軒町
開設年月日:1928(昭和3)年3月14日設置、同26日営業開始
改称年月日:1981(昭和56)年1月17日「京阪三条」→「三条京阪」 
付近:京阪三条駅 京都市営地下鉄東西線三条京阪駅 京阪バス三条案内所 三条大橋 京都三条大橋郵便局 檀王(だんのう)法林寺 だん王保育園 三条市営住宅 京都市教委体育健康教育室(旧京都市立有済(ゆうさい)小学校)
キロ程:東山三条から0.5キロ




京阪バスの「三条京阪」バス停としては、旧京津国道線や旧三条六地蔵線の停留所としての歴史の方がはるかに長いですが、今回は京都比叡平線のバス停として取り上げます。

「三条京阪」と私たちは何気なく言っていますが、関東では「京成金町」「京急田浦」のように会社名を先に言うところしか恐らくないだろうと思います。多分、関東のひとには「三条京阪」はじめ「七条京阪」「野田阪神」といった表現はものすごい違和感があるのではないでしょうか。
ウィキペディアによると、もともと三条駅付近一帯を「三条通京阪前」と呼んでいたことに由来するのだそうです。

現在の京都比叡平線は、京阪三条駅10番乗場を京都比叡山線と共用しています。

IMG_4398.jpg
[三条京阪【京都比叡平線開通30周年記念特集24】]の続きを読む