青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
茶が崎 ちゃがさき
所在地:(比叡平方面)大津市皇子が丘三丁目 (浜大津方面)大津市茶が崎
開設年月日:2017(平成29)年10月1日
        ※同位置に京都今津線・京津国道線旧44号経路などの「紅葉パラダイス前」として存在し、1985-1986年頃の廃止時点では大津市内総合線旧35号経路の停留所。
付近:(現在ないもの)ホテル紅葉本館 木下美術館
キロ程:競艇場前から0.5キロ




茶が崎も10月1日のダイヤ改正の新設バス停として扱われていますが、曽ては京都今津線や大津市内総合線旧35号経路(県庁前-浜大津-国道161号線-叡山駅→旧31号経路滋賀里方面に循環)などのホテル紅葉館バス停であり、実質的には復活です。1997(平成9)年の大津比叡山線廃止のタイミングか、大津市内総合線の北部路線がなくなるタイミング以来、約20年ぶりに京阪バスの定期路線が停車するのではなかろうかと思われます。

↓路線開通前に見に行きました。

IMG_2615_20171021151826be7.jpg
[茶が崎【大津比叡平線 延長と短縮の歴史7】]の続きを読む
スポンサーサイト
競艇場前 きょうていじょうまえ
所在地:(北行き)大津市尾花川 (南行き)大津市観音寺
開設年月日:不明
廃止年月日:(京阪バスとして)2011(平成23)年3月19日
付近:びわこ競艇場 尾花川警察官舎 尾花川公園 好和会みつばち保育園
キロ程:三保ヶ崎から0.5キロ




競艇場前は三保ヶ崎と違って、完全になくなっていたバス停の復活(法的には新設)です。なお、京都今津線としての当バス停については、競艇場前/尾花川【京都今津線71-1】をご覧下さい。

IMG_2624.jpg

↓北行きのバス停
[競艇場前【大津比叡平線 延長と短縮の歴史6】]の続きを読む
三保ヶ崎 みほがさき
所在地:(堅田・近江今津方面)大津市浜大津四丁目
    (浜大津方面、大津市内総合線市役所前・滋賀里方面)大津市浜大津三丁目
開設年月日:不明
付近:京阪三井寺駅 大津観音寺郵便局 滋賀県心の教育相談センター
キロ程:浜大津から0.5キロ


また三保ヶ崎の記事を書くことになるとは思いませんでした。京都今津線などの取材で苦労したところです。

去年(2017年)4月2日に国道回りで大津比叡平線が延長になった時、誰がその翌年、湖岸道路回りで大津比叡平線が延長されるなどと考えたでしょう。そして、競艇場前、茶が崎の各バス停が新設(法的には新設だと思いますが、事実上の復活)され、三保ヶ崎については乗場が「増設」(これも事実上の復活)されました。



社内では従来からの66、66A号経路を、石山駅延長後も「大津比叡平線」と呼称し、25号経路、25A号経路は逆に比叡平延伸後も「大津市内総合線」と扱われているようですが、ここでは便宜上大津比叡平線の停留所と扱います。
京都今津線及び大津市内総合線としての当バス停については、2016(平成28)年2月8日付拙稿三保ヶ崎【京都今津線72-1】などをご覧下さい。

↓北行きのバス停
[三保ヶ崎【大津比叡平線 延長と短縮の歴史5】]の続きを読む
昨年、「京阪バスとしての旧島の関バス停についても別途取り上げます」と書いたまま、いろいろあって結局1年以上経過してしまいました。申し訳ありません。
今年もまたぐるりんバスが走る時期になり、また、西大津バイパス線が一段落しましたので、その隙間で取り上げさせて頂きます。
因みに、今年のぐるりんバスに「島ノ関」のバス停はないようです。

今回は、浜通り側の乗場を取り上げたいと思います。島の関の交差点北側から眺めた県庁前方面↓

IMG_7189_2015081519471247d.jpg

真っ直ぐ県庁に向かう道は、今もバスが走っていておかしくない雰囲気があります。実際、浜通は、比較的最近まで、区間によっては競艇場、競輪場の送迎バスの回送をしていたと思います。

↓浜通り側の乗場は、キロ程から考えると、島の関から県庁に向かう通りと浜通りとの交差点付近にあったようです。
[島ノ関【その他の大津市内廃止路線1-2】]の続きを読む
山科駅 やましなえき
所在地:山科区安朱桟敷町 (旧バスターミナルは安朱中小路町)
開設年月日:
付近:JR山科駅 京阪山科駅 京都市営地下鉄東西線山科駅 京阪バス山科駅前案内所 ラクト山科・大丸山科店 山科警察署山科駅前交番 京都府立洛東高等学校 安朱保育園 其枝幼稚園 安朱学区自治会館 日本基督教団京都復興教会
キロ程:四ノ宮から0.9キロ




山科駅に着きました。西大津バイパス線は、3番乗場から出発しますが、降車は他のバスと同様、降り場で行います。

IMG_2674.jpg

↓図らずもエアロスターMがあった時代の写真が残っていました。
[山科駅【西大津バイパス線10】]の続きを読む
四ノ宮 しのみや
所在地:山科区四ノ宮神田町
開設年月日:1928(昭和3)年3月14日設置、同26日営業開始(但し旧道上)
付近:京都市四ノ宮児童館・四ノ宮の家 四ノ宮さくら広場 山科警察署四ノ宮交番(旧山科検問派出所) 滋賀銀行四ノ宮支店 京阪四宮駅 京阪電鉄四宮車庫 志賀直哉旧居跡 (現在ないもの)京阪バス四ノ宮回転場
キロ程:緑ヶ丘から0.7キロ 音羽から0.6キロ


四ノ宮 【京津国道線9-1】を以て本記事に読み替えますのでご参照願います。

次は、山科駅 終点です。
緑ヶ丘 みどりがおか
所在地:(三条京阪方面)大津市横木一丁目
    (浜大津方面)(1982年5月16日~現在)京都市山科区四ノ宮奈良野町 (1974年?~1978年?)大津市横木二丁目 (1979年頃?)大津市横木一丁目
開設年月日:1928(昭和3)年3月14日設置 同26日より「グラウンド前」として営業開始 改称年月日不明
        ※但し藤尾・小金塚系統の藤尾・小金塚方面用としては1982(昭和57)年5月16日
付近:西大津バイパス藤尾南ランプ 名神高速道路京都東インターチェンジ 上横木町自治会館 スーパーフレスコ四ノ宮店 藤尾市民センター(大津市役所藤尾支所・大津市立藤尾公民館) 藤尾市民運動広場 下横木児童遊園 上横木児童遊園 (現在ないもの)旧大津市役所藤尾支所 旧大津市立藤尾小学校・藤尾幼稚園 緑ヶ丘運動場 京阪緑ヶ丘運動場前駅 山科警察署検問派出所 大津市消防団藤尾支団


緑ヶ丘 【京津国道線8-1】を以て本記事に読み替えますので、ご参照願います。

次は、四ノ宮です。
藤尾小学校 ふじおしょうがっこう
所在地:大津市茶戸町
開設年月日:1980(昭和55)年5月11日
付近:大津市立藤尾小学校 藤尾市民センター(大津市役所藤尾支所・大津市立藤尾公民館) 藤尾市民運動広場
キロ程:稲葉台から0.2キロ


藤尾小学校【西大津バイパス線5】を以て本記事に読み替えますので、ご参照願います。

次は、緑ヶ丘です。
藤尾・小金塚 ふじおこがねづか
所在地:大津市藤尾奥町
開設年月日:不明
付近:西大津バイパス藤尾奥町ランプ 藤尾奥町自治会館
キロ程:皇子が丘公園から3.3キロ


藤尾・小金塚に着きました。



小金塚団地は大津市と京都市にまたがった新興住宅地です。バス停から、一番上のブロックまでは直線距離でも約800m、標高差は何と50mほどもあります。バス停から近いところはいいですが、上の方に住んでいたら大変です。

このため、バス路線の延伸が要望されたというようなことを時折耳にしますが、道が狭いためか実現には至っていません。

バス停から南に向かうと大津市で、大津市の範囲(横木辺り)を越えて更に南に行くとやがて京都市に入ってしまう、ということは何となく分かるのですが、北に向かって行っても、京都市に入ってしまいます。藤尾は半島のように京都府側に突き出しているためです。

↓バス停
[藤尾・小金塚【西大津バイパス線6】]の続きを読む
藤尾小学校 ふじおしょうがっこう
所在地:大津市茶戸町
開設年月日:1980(昭和55)年5月11日
付近:大津市立藤尾小学校 藤尾市民センター(大津市役所藤尾支所・大津市立藤尾公民館) 藤尾市民運動広場
キロ程:稲葉台から0.2キロ


「稲葉台」バス停が、「藤尾小学校前」を名乗っていた時代がありますが、本項では現在の藤尾小学校バス停について書きます。

長等山の西側に位置しながら、れっきとした大津市である藤尾は、平家の残党、片岡六郎が開いた土地だと言います。



もともと横木にあった藤尾小学校ですが、1971(昭和46)年に現在地に移転します。この辺りは行政上の地名は「茶戸町」という大津市内でもあまり知っているひとのいなさそうな町名ですが、通称は「象ケ鼻」で、『藤尾の歴史』(西口英雄他編 1995)にしばしば現れます。同書によると、1966(昭和41)年頃には、手狭になっていた藤尾小学校・藤尾幼稚園の新築に関する請願陳情が市議会で採択されたということです(P56)が、いずれにしろバイパス工事で移転せざるを得なかったことでしょう。

↓大津市立藤尾小学校
[藤尾小学校【西大津バイパス線5】]の続きを読む