青いバス停

There have been buses for more than 90 years in Otsu City. 「専攻?」である大津営業所管内の京阪バスの歴史を主体とした交通関係の記事をはじめ、雑記を記しております。
バスまつりが中止という前代未聞の事態ですね。私がこの記事を書いている17日朝の大津市内は、文字通り「嵐の前の静けさ」で、不気味なくらい静まり返っていますが、きっと午後になると帰る足もなくなってしまうでしょうし、残念ですが仕方ありません。

今年は京阪バスは廃品の出品はないという予定でしたから、それが分かった時点でちょっとテンションが下がったんですけれどもね。

ということで、本来ならバスまつりに行っていたはずの時間帯で写真を整理。

大津の写真もまだ少し残っているのですが、未整理のものが多く、手を付けかけたところで混乱しだしたので、諦めて先に山科に進みます。

※T.F.様が撮影された1975(昭和50)年前後は、現在の山科営業所を「京都営業所」と呼んでいましたが、特に必要がない限りここでは「山科(営業所)」という表記で統一します。

なるべく年式の古い方から順番に取り上げますが、編集の都合で順序通りにならないことがあります。ご了承下さい。

↓京2い1396 旧社番1129 1965(昭和40)年式BXD30

京2い1396

山科営業所内と思われます。
年式の割に登録番号(ナンバープレート)の数字が大きいのは、どこかからもらわれてきた車だからでしょうか。そこまでは私もよく分かりません。正面は回送ですが、側面は判読不能ながら、起終点と経由地が書かれているのだと思います。もちろん、電動ではなかったのでしょう。

↓京2い1313 旧社番2391 A-1126 1967(昭和42)年式MR470 
[京阪バス《山科》現在完了進行形①]の続きを読む
スポンサーサイト
引き続き、大津管内の古写真です。

↓T.F.様の写真の中では数少ないカラー写真。1975(昭和50)年3月2日撮影  社番1152 滋2い886 昭和40年式BXD30 

滋2か886 50-3-2浜大津

後ろで工事中なのは、現在のNTT西日本滋賀支店、当時の電電公社滋賀支店です。「幸福相互銀行」も見えます。名前は聞いたことがある気がするのですが、今どうなっているのか調べたら、2001(平成13)年に関西さわやか銀行に事業が譲渡され、その後関西銀行を経て現在は関西アーバン銀行につながるようです。ただ、浜大津に跡を継ぐ店舗はありません。

家具の「イマホリ」は確か唐橋前の国分方面のバス停の辺りにあった気がするのですが、今はその流れを汲んでいるのか全く別のものか分かりませんが、やはり家具屋さんがあります。

↓同じ車両の反対の側の面。
[京阪バス《大津》現在完了進行形②]の続きを読む
ついこないだ、8月20日に京阪電車の「プレミアムカー」が運行を開始したばかりですが、まんたろう様が25年前の今日、1992(平成4)年9月5日に中書島-淀間の京阪本線で撮影された京阪電車の写真がありましたので、この機会にUPさせて頂きます。

なお、もう25年も前のことで、現在も同じ場所で同じアングルで安全に撮影できるのかは分かりませんのでご注意下さい。

私は正直なところ、50分という距離で500円という指定席料金はどうなのだろう?と思いますし、中之島線みたいに裏目に出ないといいなと思っているのですが、四条以南からの大阪方面は新快速以上に座れないので富裕層にはいいのかもしれないですね。
プレミアムカーがその後順調なのかどうか寡聞にして知りませんが、25年前には考えられもしなかったことでしょう。

↓現在はそのプレミアムカーが連結されている8004編成

Scan1531.jpg

1990(平成2)年に登場したので、当時はまだまだ新車です。
何の違和感もありませんが、思えば、今は特急もカラーリングが変わっているんですよね。

↓上の写真と同じ車両。出町柳まで行って、大阪に戻るところでしょうか。
[今や懐かしい緑色]の続きを読む
もともと「京阪バス 現在完了形」なる、恐れを知らぬタイトルで始めたこのブログも7年目となりました。

ネットで検索できるようなことだけでは満足できなくなって、休みの度に漁った新聞記事や各種資料などを軸に、今という一点でなく、過去から今に至るつながりを書きたいという狙いが達成できているかは分かりませんが、これも皆様のお蔭と思っております。

今回から当分、主として、貴重な写真や資料をいつも提供して下さっているT.F.様撮影の貴重な写真を京阪バスについては営業所ごとに、その他のものは種別・会社ごとに取り上げていきたいと思います。

気の利いたタイトルが付けられないか考えましたが、いいことばが思いつかないので、以前のタイトルを踏まえ、「現在完了形」ではなく「現在完了進行形」としました。写真は過去のものですが、これも歴史の途中経過で、全て今に至る系譜に連綿と続いていると思うからです。

1回に月10枚程度取り上げたいと思います。情報をお持ちの方、思い出がおありの方はコメントやメールを頂けると幸甚です。
車両そのものを専門にしていませんから、型式やエンジンなど機械的なこと、車体そのものに関わる専門的なことは書けません。ご了承ください。

既に他の記事で取り上げた写真も交ざりますがご了承願います。全て1974(昭和49)-1975(昭和50)年頃に撮影されています。

↓滋22か109 社番2511 後にB-1204となる昭和46年式三菱MR470。三条京阪にて

滋22か109②

↓同じく滋22か109 浜大津にて 
[京阪バス《大津》現在完了進行形①]の続きを読む
夏休みが終わってしまいましたね。
大学はまだ休みというところもありそうですし、最近は北海道・東北など冬休みが長くて夏休みが短いという地域以外でも、必ずしも8月いっぱいまで休みではないというところが結構ありますが、やっぱり8月が終わると、まだ多少暑い日が続いても、夏が終わったんだという気がします。

こないだの続きで、まんたろう様撮影、25年前の北海道からです。

↓まずは、北海道を代表する普通電車用の車両から。

Scan1437.jpg

1968(昭和43)年に小樽-滝川間が北海道で初めて電化された際に量産された711系電車。惜しまれながら2015(平成27)年に全廃されました。
クロスシートが中心で2ドアのため急行としても使用されました。

↓こちらは現在、乗降客がほとんどいなくて廃止の可能性も取りざたされている根室本線 尺別駅で撮影されたキハ183系の特急「おおぞら」
[25年前の北海道②]の続きを読む
いつも貴重な資料や写真を提供して下さっているまんたろう様が25年前に撮影した近鉄電車の写真をご紹介したところですが、行動力のある方で、同じ25年前の8月に北海道に行かれていて、その時の写真も多数頂きましたので、取り上げさせて頂きたいと思います。

私も北海道が好きで何度も旅行に行っていますが、最近のことなので、列車の顔ぶれも変わっています。私の方でここ数年の写真はまた別な時にUPしようと思いますので、その折には雰囲気の違いも感じて頂ければと思います。

全て札幌駅での撮影です。

↓10年前(2007年)に廃車になった781系

Scan1466.jpg

国鉄時代に開発された唯一の交流専用特急電車です。九州や北陸と違い、直流区間は遠く離れているので、直通はまずあり得ないという判断だったのでしょう。

↓国鉄色とライラックカラーの並びです。国鉄色の方がすずらんで、左は分かりにくいですが、快速エアポートのようです。
[25年前の北海道①]の続きを読む
今回は25年前の今日、1992(平成4)年8月21日に近鉄大阪線 長谷寺-榛原間でまんたろう様が撮影された写真をUPさせて頂きます。何のタイミングで出させて頂こうかと思っていたのですが、ちょうどいい節目ですので、25年前の夏休みを是非皆様もお楽しみ下さい。

近鉄電車に関する知識はほとんどないので、宜しければコメントやメールでフォローして頂ければと思います。

なお、もう25年も前のことで、現在も同じ場所で同じアングルで安全に撮影できるのかは分かりませんのでご注意下さい。

まず普通電車用の車両から…。

↓2400系 2429 

Scan1496.jpg

昭和40年代に製作されたようですが、今も現役の車両のようで、原則として青山町以東の大阪線で走っているようです。電車の寿命は長いです。

[25年前の夏休み]の続きを読む

Ⅶ 次の(a)から(f)について各和文の意味を表すように、1から7を並びかえて英文を作るとき、3番目と5番目にくる語の番号を解答欄に記入しなさい。

(略)

(d)虹は、大気中の水滴内を光が屈折することで生じる気象学現象である。
A rainbow (1.phenomenon 2.a 3.is 4.caused 5.meteorological 6.by 7.light) refracting inside water droplets in the atmosphere.

(略)

第97回工業英語能力検定3級(2013(平成25)年11月)より



今日はいきなり何の話だ、と思われるかと思いますが、交通関係の話題はないので、興味のない方はまた別の記事をお待ち下さい。

IMG_8243.jpg

因みに正解は、以下の通りです。
[虹の根元には金の皿がある]の続きを読む
先日、大津市歴史博物館の「田上(たなかみ)手ぬぐい」展に行ってきました。

IMG_2594.jpg

仏像、古文書など、別に嫌いとは言いませんがかなりコアな歴史ファンでないと厳しいかなという展示や、大津百町など中心部に関する企画展が多く、田上のような郊外の、それも近現代の民俗的資料にスポットが当たるというのは珍しいのではないかと思います。

大津百町もいいのですが、ずっと市南部で暮らす私にとって、やっぱり(大津百町付近の狭義の)大津は本当の地元という意識はないので、こういう郊外地域の歴史も取り上げられると面白いです。

細かく調べたらもちろんいろいろあるのでしょうけれど、人口が少ないということはそれだけ書き残されたものも少ないし、近代以降は写された写真もどうしても少ないし、研究されたり展示されたりする資料があまりないのかもしれませんが。


古文書など、禁じられている部分以外は撮影自由だったので、一部撮影しました↓

[田上手ぬぐい]の続きを読む
長らくお待たせ致しました。本日から更新を再開したいと思います。以前と同じような間隔にきっちりできるか分かりませんが、旅行記等、今まで相対的に少なかったタイプの記事も多くできればと考えています。よかったら宜しくお願いします。

さて、今回はちょうど60年前の今日、1957(昭和32)年8月10日付の京都新聞市民版に載った記事から。

↓京都市民も大津市民も、知っているようで知らない陀羅谷についてまとめられている珍しいものです。

S32.8.10KC 陀羅谷b

(クリックすると大きくなります。現在は一般的と言えない表現が含まれていますが、時代背景を考えそのままにしております。個人名は消しています)

陀羅谷(だらだに)…南郷辺りに住んでいると、「千寿の郷の奥にもひとが住んでいるらしい」「少し行くともう京都市」などと何かの折に聞くことはある地名ですが、正式には京都市伏見区醍醐一ノ切、醍醐二ノ切、醍醐三ノ切の3つに分かれています。

[陀羅谷]の続きを読む